ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

「お祭り」初心者はこう楽しんだ!〜秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎座) 昼の部感想


さぁ、始まりましたよ!今月の歌舞伎座は秀山祭!!

IMG_20190908_171037


 

今月一発目の観劇は、「お祭り。梅玉さんの鳶頭が観たくて観たくて。

鳶頭に若い者が絡み、芸者が絡み、途中に太鼓の演奏が入り、曲も明るく楽しく、ただただいい気分で観られる踊りです!

13:15〜13:33と20分弱の観やすさに加え、幕見席なら500円でチケットを入手できるという手軽さ!

「筋が難しそうで…」となかなか歌舞伎観劇への一歩が踏み出せない方でも、あまり考えずに雰囲気を楽しめる一幕なのではないかと思います。

IMG_20190908_171407
今月の絵看板。鳶頭(左下)と芸者(右上)の、すっきりした一枚です。




■初心者でも楽しめるのか?


うっかりここに書くべき内容を最初に書いてしまいましたね…

楽しめると思います!
それほど長くない踊りですし、曲も最初から華やかで明るく、いろんな場面があるので飽きにくいのではないでしょうか。

何より20分で、500円で観られるというのがポイントで、特段あらすじを気にする必要もないので、だいぶハードルは低いと思います


■私はこう見た!ここが好き!


やっぱり中村梅玉さん鳶頭がすっきりとしていてかっこよかったです!
 
この踊りの最初の好きなところが、鳶頭が出てきてじきにあるセリフ。

大向う(客席から舞台へ掛け声をかける方たちのこと、この記事参照)からかかる「待ってました!」の掛け声に、鳶頭が「待っていたとはありがてぇ」と答えるんですが、
このやりとりが何でもなくて、本当に言われたから答える、という感じの自然さで、さらっとしていて素敵でした!
「おぅ、待っていたとは…」とおっしゃっていたように聞こえて、この「おぅ」のところにその自然さがあったのかな、と思います。

「待っていたとはありがてぇ」というセリフではありますが、きっと待たれ慣れているんだろうなぁという余裕を感じました。笑

梅玉さんの鳶頭の粋な感じはちょっとしたところに表れます。

例えば、笠を置くところ。
普通に置いているわけなのですが、ちょっと手先にさばさばした感じがあって、絶妙だなぁと思いました。

それから着物を直すところ。
こういうのも、役によって仕草が変わると思うのです。
今回は鳶頭なので、江戸っ子らしく(江戸っ子がどんなだかいまいち分かっていませんが)ちょいっと軽く直していらっしゃいました

お扇子をざらっと開くところなんかも、軽くて小気味良くて素敵!

そんな鯔背(いなせ)な鳶頭に絡むのは、二人の芸者お駒中村魁春さん)とお萬中村梅枝さん)。

お駒とは馴染みが深そうな感じがありました。
実のご兄弟でいらっしゃいますもんね。笑
魁春さんの、ちょっと気の強そうな雰囲気のある女方が好きです。

一方梅枝さんの方は、なめらかで柔らかい雰囲気の芸者
守ってあげたくなってしまう系女子だなぁと思いました。

梅枝さん・梅玉さんのお二人で踊っているところの歌詞で、「庄屋ぽんぽん狐拳〜♪」というところ、リズムが楽しくて好きです。笑
手も狐の形にするんですよ!ちょっとした楽しいポイント。

その後には鳶頭が太鼓を叩くところがあったりして、清元も調子よく、明るい気分になれる展開です。

最後にはぞろぞろと出てきた若い者たちと鳶頭の絡みになるのですが、華やかですねぇ!
鳶頭を中心に、お祭りの道具を持った若い者たちが放射状に広がって決まる舞台の鮮やかさ

最後まで見せ場が詰まっていて、今月一発目はとても幸せな時間となりました


■まとめ


今月の物知らずシリーズ(こちら)に「観るたびに演出が違う気がする」という旨のことを書いたのですが、
筋書を観ると「この度は、ここへ婀娜な芸者が絡んでの踊りとなります」(p.13)とあるので、やはり演出に大きな決まりはないようです。
上演記録(p.66〜68)を見てみても、鳶頭だけだったり、芸者だけだったり、絡みに鳶の者が出たり手古舞が出たり、かなり多様

いろいろな演出を楽しめるのも、踊りのいいところだと思っています。

芸者二人や鳶頭が客席の上手、下手、真ん中にご挨拶してくれる拍手ポイントも何度かあって、一緒になって盛り上がって楽しめる演目だなぁと思います。
やっぱり踊りが好きだな、という気持ちを新たにした一幕でした!



物知らずが行く歌舞伎#13〜秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎座)今の知識と演目選び

この企画は、知識が足りないゆえに
歌舞伎への第一歩を踏み出せずにいる方
の背中を押すべく、
歌舞伎歴1年半の初心者が何を知っていて、何を目的に、
どのチケットを買うのか
をさらけ出す企画です。
初心者の無知っぷりと、この1年半でちょっと学んだことを、
背伸びせず、恥ずかしがらずにお伝えできればと思っています。


あぁもうだめだ、私はこのコーナー存続の意義を考えるべきときにあるのかもしれない。。
始まっちゃってますよ!秀山祭!!

もともとチケットを買う前に、歌舞伎に親しみがない方の背中を押すことができればと思って始めた企画だったのに。
始まっちゃってますよ!秀山祭!!(2回目)


気を取り直して。続けることに意味があると信じて。自己満足には目をつぶって。

9月です。秀山祭の季節です。
「秀山祭」とはなんぞや、というところについては、最後に改めて触れますね。

さて、今回は楽しみな演目、配役が揃いました!!

個人的にとても好きな吉右衛門さん、歌六さんに加え、歌昇さんのご子息・綜真くんの初お目見えがあり、梅玉さんと魁春さんに梅枝さんの加わる踊りがあり、仁左衛門さんの弁慶があり…

初めて歌舞伎を観る方でも、「歌舞伎を観たぞー!」という満足感が得られるに違いないボリューム
ではないかと思っています。 

全演目の見どころなどは、すでに公式サイトに掲載されていますのでそちらをご参照いただき、
「歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人」秀山祭九月大歌舞伎の情報はこちら)(当方三度にわたり完全なる出遅れ)
ここでは「歌舞伎初心者、こんな感じの予備知識で観に行きますよ!」というのを晒します!

IMG_20190818_224900





■歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎の演目は?


九月の歌舞伎座。
演目は以下の通りです。

【昼の部】
一.極付幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)
 「公平法問諍」
二.お祭り(おまつり)
三世中村歌六 百回忌追善狂言
伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)

三.沼津(ぬまづ)
【夜の部】
菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
一.寺子屋(てらこや)
二.歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
三世中村歌六 百回忌追善狂言
三.秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)



演目の名前としては、歌舞伎によくある「そんなの読めるわけなかろう」というのは今回はありませんね。

ただ「極付幡随長兵衛」「伊賀越道中双六」と漢字が並ぶと、それだけでちょっと難しく見えてしまうので悲しいところ…。

文字面がアレでも、観に行ってしまえば問題なく伝わるはずなので、どうかこの漢字の壁に跳ね返されないでほしい!
正直、題名はそんなに意識せずとも楽しめます


■各演目について、現時点での知識


*そもそも知っている演目はあったのか?


【昼の部】

「お祭り」は、これは私の知っているもので合っているのでしょうか…。
それだとしたら、この記事でも触れた踊りです。
ちょこちょこ舞踊会でかかりますが、観るたびに演出が違うような…?
 
「沼津」は、全く記憶がありませんが観ているはずなんですよね、国立劇場で『伊賀越道中双六』の通し、観ているはず…。

と思って調べたら、このときは「沼津」は割愛したようでした。笑 良かったーあっけなく忘れちゃったのかと思いました。


あとは演目としては知らないのです。。

【夜の部】

「寺子屋」は、歌舞伎でも文楽でも観ているはずです。
三大浄瑠璃の一つである『菅原伝授手習鑑』の中でも、一番有名な場面だと思います。

「勧進帳」もよく上演されますね…と言って実はまだ生では一度も観ていないのですが。笑
流れは何となく分かります。

あとは初めましての演目でした。


*現時点で知っていることは?


◇極付幡随長兵衛


すみません、演目としては全く知らないのですが、
幡随長兵衛ってあの「鈴ヶ森」(この記事)の…?

というだけです。
よくこれだけで「知っていること」にしたな、というレベルの薄さですが、本当にちょっとでも耳馴染みがあるだけで、初心者は安心感が全然違うんですよ!笑

◇お祭り

先述の通り、私の知っている演目か甚だ自信がないのですが…

今まで観ているのは、鳶の者を中心として、周りが絡んで華やかに、粋に踊るもの
(主役が芸者のものもあります。そうすると絡みも変わるので、何度か観ているはずですが正しい形が分からない…

楽しい踊りであることには違いないかと!
大向うとの掛け合いもある、はず。笑

◇寺子屋

「忠義のために我が子の命を犠牲にする」という、浄瑠璃に非常によく見られるお話の流れです。

ものすごくざっくり書きますと、

舞台は藤原時平(しへい)vs菅丞相(かんしょうじょう)という時代にあります。
時平側は菅丞相の息子・菅秀才(かんしゅうさい)の命を狙っており、これを避けるために菅秀才は田舎の寺子屋に匿われています。(※この辺りの設定は、特に芝居の中では触れられないはず。)

しかし実はこの居場所がすでにバレており、寺子屋を営む武部源蔵(たけべげんぞう)夫婦は、菅秀才の首を差し出すように命令されているのです。

何としても菅秀才の命は守らねばならない源蔵。

折しも今日、この寺子屋に新たに入門してきた男の子がいました。
ちょっとこの辺りでは見ないような、品のある顔立ちをしています。

そうです。
「菅秀才」と偽ってもおかしくないような雰囲気をたたえているわけです。
 
源蔵夫婦、苦渋の決断でこの子を身代わりにして、首を差し出すのです。

首実検にやってきたのは、時平に仕える松王丸。
差し出された首を見て(この「首実検」が見せ場!!)、子細ありげな様子を見せながらも「相違ない」と、この首が菅秀才の首であることを認めます。

しかし、歌舞伎において首が本物であることなんてほぼなく。笑

さてこの首の正体とは、松王丸の隠している真実とは、というところに大きなドラマがあります。

最後の「いろは送り」と呼ばれる部分が名文なので、ぜひ浄瑠璃にも耳を傾けてみてください。
文楽公演でここの床本(台本)を手に入れたときは、本当に嬉しかった。 

◇勧進帳

この記事に書いてあることくらいから知識は特に増えておりません。笑


■観てみたい演目は?


「沼津」と「寺子屋」は絶対に外したくない!と思っています。

吉右衛門さん歌六さん、そして菅秀才には5月に襲名したばかりの丑之助くん、「沼津」では綜真くんの初お目見え…他にも好きな役者さんが並ぶという嬉しさに加え、竹本(語り)は先日人間国宝になられた竹本葵太夫さん
目も耳もどっぷり味わえる一幕になるに違いありません。

それから「お祭り」、これは年始に観た「勢獅子」(この記事)で、梅玉さんの鳶頭の佇まいがとてもかっこよかったので、また観たいのです。

「勧進帳」は仁左衛門さんの弁慶が外せない。きっと思慮深くて抜群にかっこいい弁慶なのだろうなぁと想像しております。

最近いろんなお芝居で「いいなぁ」と思っている歌六さんが主演の「松浦の太鼓」も、ぜひ観ておきたいところです。


■どのチケットを買う?


今月、できることなら昼夜どちらも買いたかった!3階でいいので…

ですが、スケジュールと金銭面の都合で、今回も幕見席からの観劇になりそうです。

「勧進帳」「松浦の太鼓」あたりは会社帰りに行けるかしら?と踏んでおります。


■まとめ


さて、最初に触れなかった「秀山祭」についてですが、
「秀山」というのは、今の吉右衛門さんのおじいさまに当たる、初代吉右衛門さんの俳名です。

この初代吉右衛門さんの生誕120年を記念して、2006年9月に最初の「秀山祭」が催されたそうです。
以降、9月の興行にはこの名前がついている模様。

私も詳しくは知らなかったし、最初は特に意識しなくてもいいと思います。
言われたところで「はぁ」という感じではないかと。

でも、これから一年のうちに何度か歌舞伎を観に行くつもりであれば、知っていると楽しみが増えると思います。
去年初めて「秀山祭」という言葉を知った私ですが、早くも今年は「吉右衛門さんの月が来るぞー!」というわくわくでいっぱいでした!

***

思えば去年の秀山祭は、今よりももっと何も知らなかったんだなぁとしみじみ。
当時の苦悩がブログにしたためられています。笑

いや、今でも分からないことだらけで、悩みに悩むんですけどね!

振り返って嬉しいのは、好きな役者さんが増えたこと。
「この役者さんを観に行きたい!」という楽しみが増えたこと。

それを別名「沼」とも呼ぶのでしょうが。笑

何はともあれ、大好きな役者さんがたくさんご出演の9月、今からわくわくしております。


【関連記事】
 「お祭り」初心者はこう楽しんだ!〜秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎座) 昼の部感想
「沼津」初心者はこう楽しんだ!〜秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎座) 昼の部感想
・「寺子屋」初心者はこう楽しんだ!〜秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎座)夜の部感想


「伽羅先代萩」初心者はこう楽しんだ!〜八月納涼歌舞伎(歌舞伎座) 昼の部感想


先月行けなかったので、ちょっと久しぶりの歌舞伎座です。
行けると思うだけでわくわくできるレベル!笑

さて、8月の歌舞伎座、一日の始まりは「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)

幼い主君を守るため、我が子を犠牲にする悲痛と、ラストに待つ不気味な演出が印象的な一幕です。

中村七之助さん乳人 政岡はとてもリアルで、おかしな言い方かもしれませんが、現代に生きていそうな女性でした。

幼君・鶴千代と、それを守る役割を幼くして背負う政岡の息子・千松は、それぞれ中村長三郎くん勘太郎くんのご兄弟。
まんまと泣かされました。。

IMG_20190818_225010
テンションの高い今月の大看板。右から二人目が七之助さんの政岡です。




■初心者でも楽しめるのか?


だいぶ内容が重たいので、楽しむという演目ではないのですが、味わえると思います。

ざっと下準備しておくなら、こんな感じ。
 
・上手(かみて、客席から見て右)にいる子供が幼君・鶴千代(つるちよ)。お家横領を企む仁木弾正(にっきだんじょう)に命を狙われており、政岡(まさおか)とその子・千松(せんまつ)がこれを必死に守っている。
・途中で出てくる女性・八汐(やしお)は仁木弾正の妹。直接鶴千代を狙える立場なわけです。

■私はこう見た!ここが好き!


初っ端から子供たちにやられますね。。
勘太郎くん演じる千松の、形の美しさが立派です。
鶴千代長三郎くん)にするおじぎとか、ぴっしりきちんとしていて気持ちがいい。
多分、間なんかもご自身で感じながらやっているんだろうなぁと感じました。

鶴千代の毒見のために、一日一度、母の作ったご飯しか食べられない千松。
空腹のあまり体力がなくなり、それでも鶴千代のために元気でいなければならない。
幼い身に背負わされたその辛さが、胸を打ちます。

そんな我が子の苦しみを痛いほど分りながらも、叱らねばならない政岡七之助さん)の辛さ。

一方長三郎くんはというと、私が最後に見たのは去年11月の平成中村座なのですが、そこからの成長が著しく。
台詞の聞き取りやすさや視線など、びっくりでした(観劇日は途中でもぞもぞしてたけど…痺れちゃったのかしら)。

ご飯が満足に食べられないことについて、政岡と千松を思いやる台詞の、「わるい」の言い方が可愛らしかった。
可愛らしいがゆえに、現実のどうしようもなさに気付くと絶望的ですね。

その鶴千代に、心配を掛けまいと本心を隠す政岡も切ない。

***

政岡の見せ場は、「飯炊き(ままたき)という場面です。
先程も触れたように、鶴千代が毒を盛られないよう、政岡が手づから彼の食事を用意しています。
その炊事の場面で、茶道の作法に則りながら、文字通りご飯を炊いていく様子を見せるのです。

ここ、長いのですが私は結構好きで。
何と言いますか、幼き日のおままごとを思い出してわくわくしてしまう(不謹慎)

ご飯を炊く間、幼い二人は何やらボードゲームで遊んでいます。
淡々と時間が流れるなかで、このサイコロを振る音なんかがちょっといい感じ(音フェチ)

途中、政岡が小声で千松を呼び、毒見をさせます。一口食べて、大丈夫、と頷く千松。
本当にね、切ない場面なんですよ。
ただご飯を用意して食べる、それだけなのにこれだけの緊張感をもってしなければならないのが、この場面の現実なんですよね。 

空腹に耐えかねて炊事の様子を見に行っては怒られる二人、
武士として空腹に耐えているのを政岡に褒められたい二人。

こんな状況に立たされていますが、まだまだ子供なんだよなぁと。

特に年若の鶴千代が、千松が褒められた後に自己アピールしてくるのがかわいらしいのです。 

***

そうしてやっとご飯にありつけたにもかかわらず、ここからが悲劇です。

栄御前中村扇雀さん、鶴千代の敵側です)が鶴千代への土産に持ってきた菓子。
幼い鶴千代はやっぱり食べたがりますが、当然政岡が止めます。何が入ってるか分かったものではないからです。

しかし、それを咎められる。
管領家(栄御前は管領・山名宗全の妻です)からのお菓子をなぜ疑う、と。

窮地に立たされた政岡を救うのは、年端もゆかぬ千松なのです。

千松は、このお菓子がどういう危険を孕んでいるか、ちゃんと分かっています。
だから自ら、何も知らないような顔をしてこれを食べ、あとは鶴千代が手をつけられないように蹴散らすわけです。

案の定苦しみ出す千松。
そんな千松を、「頂き物を粗末に扱った」として八汐松本幸四郎さん)が刺す。

我が子が理不尽に殺されている状況でも、政岡は何も言わず、ただひたすら鶴千代を守らねばならないのです。
想像を絶する苦しさ。
そして、どこまで分かっているか分りませんが、何にせよあまりにもショッキングな場面に立ち会ってしまった幼い鶴千代。。 

ここの政岡、以前テレビで観た玉三郎さんのものは、反射のように何よりもまず「鶴千代を守る」というところに頭が行く強さを感じました。

一方、七之助さんの政岡は、ここに千松の母としての気持ちが滲んでいたように思います。
それが良いのか悪いのか分りません。しかし、その辺りが「リアルさ」を感じた理由なのかもしれません。 

そしてこの場面、もう一人注目したいのは沖の井中村児太郎さん、人間関係がごちゃついていますが沖の井は鶴千代側です)。

この沖の井が、「なぜ千松を切るのか」と八汐に迫るのですが、
私、児太郎さんのこういう芯のある女性が好きなのです。凛として肝の据わった感じ

***

政岡が本当に悲しみに浸ることができるのは、周りに誰もいなくなってから。

千松のことを抱き、褒めて、褒めて、嘆き悲しみます。

本当はこの誉め言葉、生きているうちにたくさん掛けてあげたかっただろうにね。
鶴千代が最優先だから、本当はしてあげたかったのにできなかったことが、政岡にはたくさんあるに違いありません。
千松もそこに一抹の寂しさを感じていたでしょうし、それを母である政岡が分かっていなかったはずはない。 

その悲しみすら、ずっと抑えなくてはならなかったんです。

この場面の七之助さん、勘太郎くんとの関係性もあるからか、とても熱くて刺さりました

***

さて、この直前に政岡は、その動じない立ち居振舞いから仁木側と勘違いされ、御家横領の連判状を渡されています。

この連判状を(お話の流れを少々すっ飛ばしますが)どさくさに紛れて奪っていく一匹の鼠。
荒獅子男之助坂東巳之助さん)が退治しようとしますが、どうやら只者ではなさそう。

さぁ、ここですっぽんにご注目ください。
煙と共に姿を現すのは、大敵・仁木弾正松本幸四郎さん)。

仁木は、すっぽんから出てきて花道を去っていくだけで、一言も台詞はありません。
しかしこの一連が、いわくありげに、不気味に、ラスボス感満載に進んで行くのです。 

不敵に立ち去る仁木の影が、揚幕に近づくにつれて大きく定式幕に映り、「ここで終わるのー?!」とどきどきでした。。


■まとめ


今月は金銭的にどうしても一公演しか観られず、選んだのが第一部でした。
ぶっちゃけてしまえば、どうやら一番売れ行きが悪かったのがこの第一部。笑
でも、私が一番観たかったのはこの公演なのです。

義太夫狂言で聞き取りにくいところがあるのも確か。
登場人物も入り組んでいて、正直ブログを書きながら、きちんと説明できない人間関係がたくさんありました。

でも、ちゃんと伝わりましたよ。泣きました。
現代にも通じる分かりやすさや楽しさだけが、歌舞伎を観る喜びの全てではないのです。 

…とは言え、やじきたも雪之丞変化も観たかったなぁ。
楽しいに違いありませんものね。。

余談ですが、今月の筋書が美しい!
IMG_20190818_225224
夏ですねぇ。

さて、来月は来月で、また骨太な公演になりそうです。楽しみですね。
物知らず、更新してない。。



プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

読者登録
LINE読者登録QRコード