ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

しおりと本をコーディネートする。

じゃん!
DSC_0294


しおり。お気に入りばかりです。

左は、沖縄で作った「ミンサー織」のしおり。
真ん中は、「武相荘」のお土産売り場で見つけたもの。
そして一番右が、信州小布施の「北斎館」で出会ったかっこよすぎる一枚。

あとは、かわいかったお菓子のタグとか、
デザインのよい美術館や動物園の半券なんかをしおりに使っています。

本の雰囲気に合わせて、しおりやブックカバーを選んでいくのが楽しい。
読書の楽しみは、こんなところにもあると思います。

今日はお気に入りの「和」っぽいしおりを。

DSC_0295


着物のハギレで作った一点物。
裏の色が違うのもまた粋ですね〜!
DSC_0296


ちょっとだけ指が写り込んでしまった泣きたい

 幸田文さんの『流れる』(新潮文庫) に合わせてみました。
DSC_0298


登場人物の動きの面白さはもちろん、
着物でのふるまいの描写に説得力があって美しく、
「着物を着たい!」と思わせてくれる小説です。

縞の表紙としおりが合う…!
 
他にも、江戸が舞台の小説や、はたまた女性の美意識が詰まった小説やエッセイ、
文学色の強い本に合わせて楽しんでいるしおりです。

***

一方、 お気に入りなのになかなか使いこなせないのがこちら。

IMG_20180711_215327


葛飾北斎「巌上の大鷲」のしおり。

この誇らしげな表情をみてほしい。
旅行先で「北斎館」に立ち寄り、北斎の本物を目にして
その勢いに完全にやられました。

それで買ってしまったのですが、
いかんせんしおりにしては大きい。

ちょっと松井今朝子さんの『仲蔵狂乱』(講談社文庫) に合わせてみたのですが、
IMG_20180711_215510


 いや、合うよ?合うと思うんだけど、
鷲が顔出すまでが長いよ!!

しおりのサイズ感のせいでうまくカバンに収まらないため、
眺めて楽しむにとどまっているしおりです。。

本当は朝井まかてさんの『眩』(新潮社) に合わせて
北斎・お栄父娘の夢の共演を楽しみたいところ。

IMG_20180711_225329


表紙のお栄さんの絵、江戸時代とは思えないほど現代的な美しさがありますよね…天才父娘や。

*** 

載せたどの本もとても思い入れがあって、一冊ずつ丁寧にご紹介したい勢いなんですが、
ちょっと今は自重いたします。 

読書の秋はまだ先ですが、クーラーの効いた明るい部屋での読書もまたよいものですよね。 
そんなときには本としおりの相性を探ってみるのも、おすすめです。 

着物と日舞とダイエット。※中身のない記事につきご注意ください※

どうも。わこです。

本日は表題通り、薄っぺらいつれづれなのですが。

この日 以来数日、太ももの内側が筋肉痛です。
和服を一日来た日のあとは、たいてい筋肉痛になります。
そして行き着く仮説が、

毎日着物を着ていれば痩せるのでは?!

というしょうもない仮説です。


というのも、着物はダイエットに理想的な姿勢を保てるのです。

*太ももが開かない 
着物は下半身に沿うようにぴったり着付けます。
だから、座ったときなどもふと気がつくと、ちゃんと両膝頭がくっついているのです。

よく「足を細くするために太もも(膝)にものを挟む」とかいいますよね。
(私も高校時代は教科書とか挟んでました。※寝落ち防止の意味もあった) 

それを、何も挟まずして強制的に太ももを閉じさせるのが、和服の凄さです。

え、これほんとに毎日着たら痩せるのかな←

*背筋が伸びる
浴衣にしろ着物にしろ、必ず帯を結びますよね。

特に着物のときのお太鼓結び(ランドセルみたいなやつ)をするとよく分かるのですが、
帯をしめていると背中を曲げにくいんです。 
必然的に、背筋の伸びた「いい姿勢」になります。
 
いい姿勢はダイエットの基本です。
というわけで、「毎日和服を着たら痩せるのでは説」にまた最もらしい理由がつくわけです。

***

さらにもって、私は日本舞踊をやっているのですが、
日本舞踊はとんでもなく汗をかくのです。

よく「日本舞踊ってゆっくりしてるんでしょ?」とか、
「多少疲れてても調子悪くても日本舞踊くらいなら大丈夫でしょ」
みたいな目で見られるのですが、そういう方はぜひ稽古場を見にきてほしい。

この季節特に、みんな湯上りみたいになって踊ってます。

更衣室なんかちょっとしたサウナです。 

それを続けているわけなので、痩せない方がおかしい気がするのです。

***

そんな私ですが、今のところエネルギーの供給(=お菓子の暴食)が消費に勝り、一向に痩せる気配がございません。
痩せる努力も怠っております。


いつの日か「着物と日舞ダイエット」の成果が出始めたら、そのときはまたご報告しますね。



シネマ歌舞伎「刺青奇偶」観てきました!あらすじと感想

情報の鮮度が高いうちに!!

シネマ歌舞伎を観に行ってきました。

***

シネマ歌舞伎とは?
https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/about/

お近くの映画館で、いつもの映画と変わらない料金設定で、名優の名演が気軽に観られてしまうという素敵な企画です!
歌舞伎が初めてでもハードルがとっても低い◎

***

さて、今月のシネマ歌舞伎はこちら↓

「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」
https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/08/
故・十八代目中村勘三郎さんと、坂東玉三郎さんの主演です。



【あらすじ】

不幸な目に遭い続けて、人生に見切りをつけようとしていたお仲(玉三郎さん)は、見返りを何も求めずにただ自分を助けてくれた、博打打ちの半太郎(勘三郎さん)に惹かれてゆく。やがて共になる二人。しかしお仲はすでに不治の病に蝕まれ、残された時間は少ないのだった。お仲は力をふりしぼり、半太郎の腕にサイコロの刺青を彫る。もう博打はやめるように、と。
半太郎はそれが痛いほど分かりながらも、お仲のために、これが最後と命懸けの博打に繰り出す――。


【感想】

出だしはやさぐれていたお仲の、半太郎と一緒になってからの幸せそうな表情。
死期を悟りながらも、「私、治るね」と繰り返す切なさ…
半太郎は博打の面だけ見れば本当にしょうもない男なんだけど、
大事な心構えをちゃんと持っている人。
二人のシーンの優しさと哀しさに、何度も涙が溢れました。

配役もめちゃくちゃ豪華。
最後の博打に登場する鮫の政五郎親分(片岡仁左衛門さん)の、
“親分”特有の懐の深さとか落ち着きとか、たまらなく格好いいです。

…というのが、江戸の知識とか何とか特になくても感じられるところも、またありがたいです。

***

「刺青奇偶」、2018年の上映期間は7/7~7/13です。短すぎるよ…
ご興味がある方は、ぜひお近くの映画館へ!


いまだ余韻に浸っております。。


プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール