ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法①音の楽しみ

先日、とある舞踊公演に行ったのですが、
あまりにも観客が少なくて哀しくなりました。。

…と嘆き節で始めてみたものの、かくいう私も
初めて日本舞踊の大きな舞台を観に行ったときには

「…うん!楽しかった!」と言いつつ
イマイチよく分からなかった、というのが正直なところ。

舞踊公演にもなかなか足が向きませんでした。

それはもちろん演目を知らなかった、ということもあるけれど、
楽しみ方を知らなかったのも大きいのではないかと。

恥ずかしながら、今でも知らない演目の方が多いのですが、
最近になって だんだん舞踊公演も
楽しく観られるようになってきました。

そこで!

今回は踊りをやっていなくても踊りの会を楽しめるであろう
初心者的・日本舞踊公演の楽しみ方を考えてみました!

第一回は、舞台から聞こえる音の面白さに
注目してみたいと思います!

【関連記事】
■第二弾⇒初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法②知らなくても楽しめる演目は?
■第三弾⇒初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法③舞踊公演はどんな雰囲気?




1.華やかな生演奏!


多くの日本舞踊の公演は、舞台の上に
長唄・清元・常磐津などの演奏家の方々が並び、
生演奏で行われます。豪華!

つまり、踊りだけでなく演奏風景も見られる!
そして生音が聴ける!!!

三味線や声の厚み・迫力に加え、
打楽器の音はやっぱりテンションが上がります
(※打楽器好き)

かん、と張りのある鼓の音や
小気味好い太鼓の音、
わくわくするようなちゃんちきや笛の音、、

無条件に楽しい気持ちになってしまうのは
一体何の遺伝子なのでしょうか。


また、西洋音楽ばかりに親しんでいた自分にとって

「ハーモニーも何もなく全員同じ音を出しているのに
どうしてこんなに違和感なく聞けちゃうんだろう?」


「鼓や太鼓はいったい
どうやってタイミングを感じているんだろう」


と、純粋に音楽面での興味も尽きません。

普段なかなか耳にすることがない、邦楽の生演奏。
日舞の舞台では、ぜひ音楽も楽しんでみてください!

邦楽やってみたいなぁ…


2.踊りの小道具の楽しい音


ちょっとこれは私が音フェチなのもあるのですが。笑

音が楽しめる小道具、たくさんあるんですよ! 

私がこれまで出会った
小道具いい音ランキングはこんな感じです。 
 

★第3位★鈴

三番叟で使われる、よく巫女さんが持っているような
棒の先に三段くらいの鈴がついているもの。 

音楽がどんどん速くなり、それに合わせて
この鈴を鳴らしながら軽快に踊るのです。

鈴の華やかな音がもたらす昂揚たるや!

観ている方もついうきうきしてきてしまうのですが、
「小道具」感が少なくもはや楽器レベルだったため
あえなく3位にとどまりました。。 
 

★第2位★綾竹(あやだけ)

紅白の布を巻き付けた長い棒で、
両端に赤い房や鈴をつけてあるもの。

ぶんぶん回したり、
床を打って調子をとったりしながら踊るのですが、

鈴のしゃんしゃん音がかわいい!!

私が観たのは「子守」という演目。
 
子守を任された幼い女の子が、
赤ん坊を寝かせている間に一人踊るのですが、

この音が、子供(役)の可愛らしさを
一層引き立てていると思います。 


★第1位★鈴太鼓(振り鼓)

平たい小さな太鼓で(紅茶の缶によく似てる)、
中に鈴が入っているもの。

これを両手に持って、鈴太鼓同士を打ち合わせたり、
床を打ったりしながら踊ります。

(「春興鏡獅子」や「京鹿子娘道成寺」に登場します。)

鈴太鼓の魅力は、打ち方で音が変わること。

鈴太鼓同士で打てば、中が空洞なので軽い音がする。

床を叩くと、木のこつこつとした音がなんとなく奥ゆかしい。

鈴太鼓単体で振ると、鈴よりも軽い
からからと楽しい音が鳴ります。

音の心地よさバリエーションの豊かさ
僅差ではありますが第1位としました。 

***

気づけば鈴ばっかりになってしまった…

3位以内には入れませんでしたが、
四つ竹も好きですよ!

竹を縦半分に割った道具で、
手のひらサイズくらいのもの。
 
両手に一対ずつ持ち、割った竹の背同士を
チャンチャカチャンと打ち合わせて踊ります。

小さい会場で踊っているところしか観ていないのですが、
高くて軽い音は粋な感じがして良いです!


3.踏む音は意外と大きい?!


初めて日舞を観たという友人が
一番驚いていたのがこれ。

「あんなに大きな音出していいんだね!」
びっくり顔でした。

そうなんです、
意外と大きな音で踏むんです。

特に大きな舞台での公演は、
舞台の床の上にもう一枚板を敷いていて(=「所作舞台」といいます)
これがよく響くのです。

ただ下駄でカラコロと出てくるだけでも
心躍るような音がします。

踊りの中には「踏む」というのがよく出てきます。

始めたばかりの頃は「踏むとは…?」という感じで
おっかなびっくり踏んでいたのですが、
初めて舞台を観にいったときに
かなりの音量で踏んでいるのに衝撃を受けました。

その音が、迫力や調子の良さを出したりもするのです。

私が観た中で、この「踏む」良さが一番楽しめたのは
「供奴(ともやっこ)」という演目。

この踊りの後半には、「足拍子」といって
リズミカルに左右の足を踏み鳴らす見せ場があります。

ただ全部をドカドカ踏むのではなくて、
強弱をつけてトトンコトントンと調子よく踏みます。

観ながら思わず一緒にリズムをとってしまうくらい楽しいですよ!
(やっている方は散々踊った後に足拍子なので相当きついと思いますが…)


4.まとめ〜日本舞踊は耳も楽しい!


本来ならば演目の魅力を語るべきところですが、
それはまた追い追いお届けするとして。笑

まずは初めての日本舞踊公演で
一曲目から楽しめるように
と、
自分も大好きな日本舞踊の「音」に着目してみました。

日舞は堅苦しく、眠くなるものと思われがちですが、
全然そんなことないのです。

記念すべき日舞との出会いを、ぜひ耳でも楽しんでみてくださいね!

【関連記事】
■第二弾⇒初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法②知らなくても楽しめる演目は?
■第三弾⇒初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法③舞踊公演はどんな雰囲気?


記事執筆にあたり、
『日本舞踊ハンドブック改訂版』(藤田洋、三省堂、2001年)
参考にさせていただきました。

日本舞踊ハンドブック改訂版 [ 藤田洋 ]

価格:1,782円
(2018/10/5 00:16時点)

日本舞踊*新しい曲のお稽古が始まりました

小さな本番が終わり、
新曲のお稽古が始まっています。

気持ちも新たに、
本番を経験してちょっとだけ成長した自分を楽しみに……

していると、とんでもないですね。

ちょっとずつ積み上げた自信が
粉々に打ち砕かれております。

*** 

新しい曲に入るのが、私はとても好きなのです。

今まで踊れなかったものを踊れることは、純粋に嬉しい。
 
振り返ってみて

「こんなのが踊れるなんて、想像つかなかったなぁ」

と、自分の成長が感じられるのも喜びです。

新しい曲には今まで知らなかった世界が必ずあるし、
何より踊れる曲がまた一つ増えるのは楽しい! 


その一方で、

新しい曲を踊り始めることには
まだまだ底知れぬ不安があります。

今まで教えていただいてきたことを
全て忘れてしまったんじゃないか。
 
とんでもなく分不相応な踊りを
教えていただいてしまっているのではないか。。

特に新曲のお稽古が始まったばかりのときは、
毎回必ずと言っていいほど

「自分は何も踊れないのではないか」

という恐ろしさがあります。


よく考えれば、これはとても失礼なことなんですよね。

先生は、私にとって何が必要かを考えて、
その時点で最もふさわしい曲を教えてくださっているのだから。

所詮、自分の力ではどうにもできないこと。
安心して先生にお任せすれば良いのです。

初心者に、自信は不要。
謙虚に楽しむのみ!!

***
 
今新たに教えていただいているのも、
現時点で見える一番高いところにあるような曲。

憧れていたけれど、
自分が踊るのは到底先のことだと思っていた。

それを踊らせていただけるのだから、
こんなに喜ばしいことはありません。

早くもへこみがちだし焦り気味だし
一向に覚えられる気配もなければ
体も全くついていけていないのですが(笑)

高い壁を、何とかかんとか這い上がる所存です。


あー、早くも次のお稽古が楽しみ!

 

歌舞伎座は初めてでも行きやすい?自分にできることを考える

今度、歌舞伎を初めて観るという友人と
歌舞伎座の幕見に行く約束をしています。

巷では「初めてでも行きやすい」とされている幕見席

しかしそれでも、友人にとって
やっぱり歌舞伎座のハードルは高いようです。

最初の一歩を踏み出しにくい原因はどこにあるのか、
そしてその背中をどうしたら押せるのか。

一緒に歌舞伎に行く仲間を増やしたい一心で、
今日は歌舞伎座に行きにくい原因と
自分に何ができるのかを考えてみました。





*歌舞伎座の壁①出演者の名前がわからない


・チラシに下のお名前しか書いてない


これは、初めて歌舞伎座に行ったとき
正直私も不安でした。

下のお名前だけで書かないでおくれ、と。

同名の方がいる場合のみ
小さく苗字が書いてありますが、
そのほかはお名前のみ。

確かに歌舞伎役者の苗字の種類は相当限られているので、
全て書いていたらポスターの狭いスペースが
かなりうるさくなるかとも思うのですが、

心配性の私は「これって私も知ってるあの人?」というのが
とても不安でした。

下の名前だけである程度分かるようになるのは、
何度か歌舞伎を観てみてから
だと思います。

新聞のラテ欄やテレビ番組などで
目や耳に馴染んでいるのは、だいたいフルネームではないでしょうか。

フルネームならば分かるのに、
お名前だけを視覚情報として出されるだけでは
フルネームと結びつかず、

せっかく「ああ、あの人!」と親近感を持てるチャンスを
逃してしまうのではないかと思います。


・襲名してお名前が変わっている


もともとは知っているお名前だったにも関わらず、

知らぬ間にお名前が変わっている

もともと歌舞伎方面にアンテナを張っている方なら
どなたがどのお名前になったのか
変化に敏感でいられると思うのですが、

「歌舞伎は初めて」という方はそこまで
情報を追っていない
と思うのです。

そのため

「あれ?この人この前まで違う名前じゃなかった?」

とか、
さらに言えば 襲名後のお名前が載っていても
その役者さんだと気付けない可能性があるわけです。

なんともったいないことでしょう。。


*歌舞伎座の壁②あらすじがなかなか出ない


友人と約束をしたのは先月のこと。

しかし、その時点で歌舞伎座の
公式サイトに載っている情報は、
演目と配役、チケット詳細のみでした。

ちなみに国立劇場のサイトを見てみますと、

現時点ですでに12月の通し狂言のあらすじが
確認できるようになっています。

せっかく興味を持っても、あらすじがわからないと
なかなか一歩を踏み出しにくい


「行っても理解できないのではないか?」
「わからないと眠くなってしまいそう…」

という不安が生まれる要因にもなるのではないかと。。

新規の歌舞伎好きを増やすためにも、
もう少し早めにあらすじがわかるように
ならないものでしょうか…


*「幕見席」は初心者にやさしい?


ここまで歌舞伎座に行きにくい理由を見てきました。
次に、「初心者でも行きやすい」とされる幕見席について考えます。

幕見席の特徴は

「早い、安い、うまい」

だと思っています。

①早い

まず、幕見でなく普通に通しのチケットを買った場合、
公演時間が長い

今月の歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」は、
午前・午後それぞれ4時間ほどあります。

いきなり全部観るのは、ちょっとしんどいような気も。。

ちょっと歌舞伎の雰囲気を感じるくらいなら、
それぞれ1時間前後で観終わる幕見が
ちょうどいいのではないでしょうか。

②安い

一幕あたり1000円〜2000円前後という
気軽な値段で観ることができるのがありがたい。

カラオケに行ったり、カフェに行ったりするのと
あまり変わらない値段
で楽しむことができます。

自分は慎重派なので、初めてのものには
あまり思い切ってお金を使いたくないのですが、
2000円くらいまでなら許容範囲です。笑

ちなみに、今月の最安値は
夜の部一幕目「宮島のだんまり」の500円ですね。
衝撃のワンコイン観劇。

③うまい

長時間拘束されずにパッと気軽に観られる、
いつもお財布に入っていそうな金額で観られる、
かつうまい

なんたってこの価格、この時間内で
芸に懸けている方たちの舞台を生で拝見できる
わけです。

人間国宝の方だって、かなりの頻度でご出演。
テレビでよく見かける役者さんも
たくさんいらっしゃいます。

「歌舞伎を観てみたい」という気持ちが
十分に満たされるのはもちろんのこと、
ちょっとしたミーハー心だって満たされるに違いありません。

***

そんなわけで なんとなく行きやすそうに見える幕見席ですが、
まだ最初にあげた不安要素は
何も解決できていないのが現状。

どうすれば行きやすくなるのでしょうか。
先ほどの「行きにくい理由」と、
自分自身の後込みとを振り返りつつ、
今の自分に何ができるのかを考えてみました。


*歌舞伎座デビューの背中を押すためにできること


知っている演目が少なく、
大変失礼ながら役者さんにも詳しくない私。

歌舞伎の感想を語るのが難しい、という話は
先日このブログ内でしたばかりです。

それならばいっそのこと、

この無知っぷりをさらけ出してみてはどうだろう?

というところに思い至りました。

こんなによくわかっていなくても
歌舞伎座に行って楽しんでいいんだよ!
というのを伝えたい。

人は、自分よりも劣った人間を見ると安心するものです。

まだ企画段階ではありますが、このブログ内で
「物知らずが行く歌舞伎座」シリーズでも始めてみようかな、と。

その記事内で、
知っている限りのあらすじ役者さんのこと
自分で調べたことなどをご紹介できれば、と思っています。

*追記*
「物知らず」シリーズ、始めました。随時更新しております!
最新記事はこちらから。



*まとめ


なんだかちりぢりな記事になってしまいましたが;;

要は、何とかして仲間を増やしたいだけなんです。

「歌舞伎、興味あるけど…」
というセリフを何度聞いたことか。

この「けど…」をなくしたい。
興味があるなら一緒に行こう!と言いたい。

大丈夫、こんなにわかっていなくても
毎回存分に楽しめているから、と。

幕見席の存在だけでは、
なかなか「初心者でも行きやすい」とは言いにくい歌舞伎座。

それでも幕見席は、「歌舞伎座の壁」を越えるための
かなり上りやすい一段目
だと思うのです。

ほんとは歌舞伎座の壁なんてないんですけどね。
行ってみてしまえば何てことない楽しい場所なのですが、
あまりにもみんな「敷居が高い」と口を揃えるから…


その「幕見席」に踏み出すための
ちょっとした足台みたいな存在になれれば、と思っています。

さぁ、企画倒れにならないように
公言しちゃいましたよ!

気合いを入れて更新がんばります!
 
プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール