ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

「稽古を見る稽古」の楽しさと難しさ


「お稽古を見るのもお稽古」というのが
私の通っているお稽古場の考え方です。

他人の注意を自分に活かす。

いいところを取り入れる。

いろんな演目を知る。

そんな意味があるんだと思います。


私は比較的遅く日舞を始めたし、
自分が生涯習える演目にはどうしても限りがあるので、

見るだけでもいいからなるべく多くの演目を学んでおきたい

と考えています。

よしや自分がその演目を習えなくとも、
少しでも何か吸収して糧にしておきたい、という気持ちで、
日々お稽古場に居座っています。

***

日本舞踊を始めたばかりの頃から、
他人のお稽古を見るのが大好きでした。

「自分もこれ踊ってみたいな!」

とか、

「私だったらもっとこう踊りたいなぁ…」

とか。
(後者はもう何様のつもりじゃっていう話なんですけどね。もう。ほんとにもう。)


他人のお稽古を見るのは、夢が膨らむんです。

思えばお稽古事は何でもそうだと思います。

自分がやっていたものだけで見ても、
ピアノだってバレエだってそうです。

憧れや目標にいつも触れていられる

という意味において、
お稽古を見ることは、ものすごくモチベーションアップに繋がっていると思います。

***

最近、踊りを「見て覚える」訓練を一人密かに始めました。
(何だか恥ずかしいしおこがましいので誰にも言ってない)

そこで気付いたのですが、

全っ然向きが分からない。

私が最初に踊りを習っていた場所は
踊る人の横から稽古を見るという配置だったので、
全然意識したことがありませんでした。

今、踊る人の正面から見る(=「客席から舞台を見る」と同じ位置関係の)稽古場に来てみると、

踊ってる人のすべてを逆向きに考えなきゃいけないわけですよね。

「あれれ?」と思って横の先生を見ると、
先生は鏡の向きで踊ってるわけですよ。

もう何が正しい向きやら。。

毎回あえなく挫折します。

覚えた!と思っても、
いざ一緒に踊らせてもらうと足が逆だったり、
手が逆だったり、首が逆だったり。

方向音痴も災いするのか、
どっちを向くのか毎回迷子


「見るのも稽古」は決して「見て覚えろ」というだけの話ではないのですが、

お稽古場にいる名取や師範の先輩方は
一回見ただけでパッと踊ったりするので、
(あと無茶ぶりで踊らされたりするので、笑)

いつかは自分もそうなりたいな、と思うのです。

やっぱりこれも憧れだし、目標ですね。

「稽古を見る稽古」、奥が深いです。

Eテレ「にっぽんの芸能」がおもしろくて贅沢すぎる!+8/3放送分感想

知ってますかこの番組!!!

NHK Eテレ「にっぽんの芸能」
(公式サイト⇒http://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/)

■毎週金曜 夜11時〜11時55分
■再放送 毎週月曜 午後0時〜0時55分

日本舞踊や歌舞伎、文楽、
はたまた邦楽、着物などなど、

日本文化にまつわるいろんな公演や
もの、人に焦点をあてて、紹介していく番組
です。

内容は、たとえば

■歌舞伎・文楽・舞踊などの公演を解説つきで放送
■邦楽の生演奏をスタジオで披露
■名人の芸を解説付きで堪能
■京舞妓の舞台を紹介


…といったメインとなるテーマに加え、

最近催された舞台の模様を伝えたり、
芸能人と和もののつながりを追ったり、

といったミニコーナーもあります。


日本文化に興味があるなら、
絶対に観て損はない

私は愛聴しております。
(時々寝落ちしてます。金夜は眠い。)

この番組のいいところは、


★必ず解説があるところ

⇒副音声や、VTRに入る前のスタジオで、
その筋で活躍する方の丁寧な解説が入ります。

歌舞伎や文楽のあらすじはもちろん、
役者の紹介や見どころ、ときには裏話まで聞ける。

あまり詳しくない初心者でも安心して観ていられるし、
なんだか詳しくなった気分になれるのです。


★1時間足らずで終わるところ

⇒何を不精な、という話ですが。。

歌舞伎とか能とか文楽とか、長いじゃないですか!
初心者に長時間はハードル高いんですよ!!!笑

この番組は、指定時間内に収めるために
結構かいつまんで取り扱ってくれるので、
分かりやすいし、分かるまま最後まで観ていられるんです。


そんなわけで、毎週楽しみにしております。
これを観てから「2355」になだれこむのが金夜のお楽しみです。


ちなみに来週は、
文楽「平家女護島 鬼界が島の段」

いつか語りますが、

人形浄瑠璃、めちゃくちゃおもしろいです。

番組では、劇場と違って人形をアップで見られるので
迫力がありますよね。。楽しみ。

***

先日の金曜日(8/3)は、

■舞踊「双面(ふたおもて)」
■日本舞踊とインド伝統芸能の競演


という内容でした。

「双面」のはちゃめちゃストーリーの面白さはさることながら、

インドの宮廷舞踊と日本舞踊のコラボがとにかく凄かった!

踊りは言語なんですねぇ。。

何も説明せずに、2つの国の舞踊家同士で
ちゃんと踊りの世界ができあがって
いました

インドの舞踊家が何か食べ物や飲み物をよそう振りをすれば、
日本の舞踊家はお扇子でそれを享受する。

それがあまりにも自然に、その場で当然のごとく成り立っていて、
踊りってすごいな、と思いました。
(ここで日本舞踊家の藤間蘭黄さんが、
「何だか分からないものをいま僕は食べさせられています」って言ってたのに笑った)


インドの楽器と日本の楽器も、
さすがアジア同士、いい感じに混じり合う!

番組で取り上げなかったら絶対知らなかった舞台。
寝落ちしなくてよかったです。

 

日舞あるある②走れない

体育は苦手で、
運動音痴的な意味で 走るのは嫌いでしたが、

まさか日舞で走るのに苦労すると思わなかった…

結構「走る振り」ってあるんです。
何気ない瞬間、見ている方はおそらく意識もしない場面なのですが、

走って出入りすること、多いですよね。

あれに度々泣かされてます……
 

例えば、役による走り方の違い。

女の子が走るのか、大人の女性なのか、
はたまた丁稚奉公の男の子なのか。

丁稚走りはとにかく苦労したし、
今でも実はよく分かりません。

幼い役だから足を上げて、軽やかに走ってくるんですが、
地面から両足が離れる瞬間は一度もない

腰を落として、上下動しないように、
なおかつ軽やかに。

…その二つって共存するんだろうか。(泣)


それから履き物。

草履はまだ履いたことがなく、
裸足でも踊ったことがないのですが
(基本足袋でしか踊ってない)

下駄ととにかく仲良くなれなかった。

もともと足首が固く、
うまく腰を落とせないところを
無理に重心を下げていたので、

私の姿勢はバランスが非常に悪かったのです。

下駄がその汚点を拾う拾う。

下駄って全面が地面についているわけではないので、
ちょっとでも重心が狂うと
前後にカタンカタン傾いてしまう
んです。

でも、下駄のおかげで
以前より少し、重心の位置が定まった気がします。
なかば荒療治というかなんというか…

 

一見なんてことはなさそうな「走る振り」、
実は非常に奥深く、苦心するのでした。


プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール