ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

初めての歌舞伎に「シネマ歌舞伎」をおすすめしたい理由3つ

先日観に行った「刺青奇偶」、
余韻を一週間引きずりました わこです。 

仕事中に思い出してはぼんやりしてしまった。

東劇では7/20まで上映延長するみたいですよ!
もう一回行こうかなぁ…


さて、そのシネマ歌舞伎、
「入り口がこれだったら
もうちょっと早く歌舞伎にはまっていたかもしれないのに!」
というくらい 初心者でもとっても行きやすかったので、紹介させてください〜



1.そもそも「シネマ歌舞伎」って?
 

シネマ歌舞伎は、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという、松竹が開発した、映画とは全く異なる新しい映像作品です。」 (松竹のサイトより)
⇒詳細はこちら

…要は!名作歌舞伎を映像化して、映画館で気軽に観られるようにしてくれたものです! 


2.シネマ歌舞伎のいいところ◎
*1*お手頃価格で歌舞伎が観られる!
 

作品にもよるようですが、基本的には「一般2,100円(学生・小人1,500円)」。

歌舞伎座のいい席をとった日には
軽々と諭吉が飛んでゆくのに比べて
なんと庶民にやさしいことでしょうか。

それで映画館の、あの大画面で心ゆくまで熱演を観られるなんて、
なんと贅沢なことでしょうか。

*2*演目に迷わない!
 

「歌舞伎に興味はあるものの、どの演目を観たらいいかわからない…」
という方、多いのではないでしょうか?

現に私がそうだったのです。そもそも題名が読めない。
青砥稿花紅彩画』で「あおとぞうし はなのにしきえ」なんて学校で習わなかった

「シネマ歌舞伎」なら、既に劇場で好評を博している演目を
月に1つか2つ厳選して上映
してくれます。
えいやっ!と飛び込んでも絶対にハズレはないはず!!


*3*いつもの服装で観に行ける!
 

「歌舞伎って何を着て観に行けばいいの?」

歌舞伎に行く服装、初めてのときは迷いました。

ちょっといい服?どのくらいのレベルでいい服?
そもそもいい服って何?

「シネマ歌舞伎」は歌舞伎とはいえ映画館で観るものなので、
いつも出かけるときの服装で全然OK
最初の一歩で悩まないというのは結構ハードルを下げてくれますよ!

※ちなみに、劇場に歌舞伎を観に行くのも
そんなに気張った服装じゃなくて大丈夫なんだな、と
最近やっと分かってきました。


【まとめ】「シネマ歌舞伎」は初めての歌舞伎にうってつけ
 

興味はあるけど何だかんだ行けていない、
そんな「歌舞伎に行けない理由」を解決してくれるのが
「シネマ歌舞伎」だと思っています。

やっぱり一歩踏み出すには歌舞伎って高いし、
思い切ってチケットを取る、というところまでいかないんです。

私の「初めての歌舞伎」も映画館だったら、
もうちょっとスムーズに「和もの好き」になっていただろうなぁと
ちょっぴり悔しさもあったりしつつ。

思い立ったが吉日、ぜひ気軽に行ってみてください 

ひいおばあちゃんの着物。

どん!
DSC_0279
 
先日母の実家に行った際、祖母から譲ってもらいました。

ひいおばあちゃんと、おばあちゃんと、
大伯母のお義母さんのお着物。
シミがあったり 地味だったりするけれど、 
どれもとてもいいものです。 

DSC_0284
DSC_0283

 つやつや

早速手持ちの帯で即席ファッションショー!

IMG_20180703_214905

この時間が一番楽しい。
ただやるまで腰が重い…(それなりに散らかるので)

ちなみに真ん中は何も合わせていないですが、
こちらは総絞りの羽織。
とってもかわいいのですが、残念ながらシミが多いので、
今度日舞のお稽古場に呉服屋さんが来たら相談してみようと思います。

先日のこの浴衣も、多分ひいおばあちゃんのもの。

ずっとタンスの中で日の目を見ずに眠っていたんだと思うと、
なんだか胸に迫るものがあります。

***

曽祖母・キクちゃんはオシャレ好きだったようです。

おうちに来た呉服屋さんに
「あーら、似合うわぁ」とおだてられては、
「そーお?」とまんざらでもない様子で、
鏡の前で反物を当てて、ちょっと内股にしてみたりして。

そうやってたくさんこしらえて、楽しく気持ちよく着た着物たちなんでしょうね。

みんなに愛されたキクちゃんの着物を着れるのが、とっても嬉しい。

祖母は「誰も着ないのに持っててもしょうがないから」と、
どんどん出してきてくれました。

物心つく前にしか会えなかったキクちゃんとつながれること、
こんなに素敵な着物たちをムダにしないで済んだこと。
 着物を着られるようになってよかったな、と。

まだまだ「これいつどこで着ればいいの?!」というような
私の身の丈に合わないめちゃめちゃ良さそうな着物もありますが、

何せひいおばあちゃんの頃からあった着物だもの、
私の成長を待ってくれないはずがない!

いつか、全部気持ちよく着こなせるように。

さて、

どこにしまおう…(´・ω・`)

しおりと本をコーディネートする。

じゃん!
DSC_0294


しおり。お気に入りばかりです。

左は、沖縄で作った「ミンサー織」のしおり。
真ん中は、「武相荘」のお土産売り場で見つけたもの。
そして一番右が、信州小布施の「北斎館」で出会ったかっこよすぎる一枚。

あとは、かわいかったお菓子のタグとか、
デザインのよい美術館や動物園の半券なんかをしおりに使っています。

本の雰囲気に合わせて、しおりやブックカバーを選んでいくのが楽しい。
読書の楽しみは、こんなところにもあると思います。

今日はお気に入りの「和」っぽいしおりを。

DSC_0295


着物のハギレで作った一点物。
裏の色が違うのもまた粋ですね〜!
DSC_0296


ちょっとだけ指が写り込んでしまった泣きたい

 幸田文さんの『流れる』(新潮文庫) に合わせてみました。
DSC_0298


登場人物の動きの面白さはもちろん、
着物でのふるまいの描写に説得力があって美しく、
「着物を着たい!」と思わせてくれる小説です。

縞の表紙としおりが合う…!
 
他にも、江戸が舞台の小説や、はたまた女性の美意識が詰まった小説やエッセイ、
文学色の強い本に合わせて楽しんでいるしおりです。

***

一方、 お気に入りなのになかなか使いこなせないのがこちら。

IMG_20180711_215327


葛飾北斎「巌上の大鷲」のしおり。

この誇らしげな表情をみてほしい。
旅行先で「北斎館」に立ち寄り、北斎の本物を目にして
その勢いに完全にやられました。

それで買ってしまったのですが、
いかんせんしおりにしては大きい。

ちょっと松井今朝子さんの『仲蔵狂乱』(講談社文庫) に合わせてみたのですが、
IMG_20180711_215510


 いや、合うよ?合うと思うんだけど、
鷲が顔出すまでが長いよ!!

しおりのサイズ感のせいでうまくカバンに収まらないため、
眺めて楽しむにとどまっているしおりです。。

本当は朝井まかてさんの『眩』(新潮社) に合わせて
北斎・お栄父娘の夢の共演を楽しみたいところ。

IMG_20180711_225329


表紙のお栄さんの絵、江戸時代とは思えないほど現代的な美しさがありますよね…天才父娘や。

*** 

載せたどの本もとても思い入れがあって、一冊ずつ丁寧にご紹介したい勢いなんですが、
ちょっと今は自重いたします。 

読書の秋はまだ先ですが、クーラーの効いた明るい部屋での読書もまたよいものですよね。 
そんなときには本としおりの相性を探ってみるのも、おすすめです。 
プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

読者登録
LINE読者登録QRコード