ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

シネマ歌舞伎『野田版 鼠小僧』観てきました!あらすじと感想

新年の歌舞伎一発目は、まさかの「野田版 鼠小僧」

IMG_20190103_202355

去年のうちに観ておこうと思っていたのですが、年末の慌ただしさに負けて延び延びになってしまいました…
でも新年のシーンもあったので(メインはクリスマスですが)良かった!

【シネマ歌舞伎についてはこちらをご参照ください】
シネマ歌舞伎公式サイト
初めての歌舞伎に「シネマ歌舞伎」をおすすめしたい理由3つ 

★初心者でも下調べなしで、お近くの映画館で歌舞伎を楽しめます!
 
 

■あらすじ


以下、公式サイトより引用します。
シネマ歌舞伎「野田版 鼠小僧」公式サイト

正月、江戸の町では鼠小僧の芝居が大人気。見物客の中で、棺桶屋の三太(さんた)がずる賢く金稼ぎに励んでいます。金にしか興味のない三太は、実の兄が死んでも棺桶屋の出番と喜ぶ始末。その上遺産があると聞いて大はしゃぎ。ところが遺産は善人と評判の與吉(よきち)が相続することに。他人には渡すものかと一計を案じた三太は、兄の死体の替わりに棺桶の中へ忍び込みますが・・・江戸町奉行から幽霊まで、個性溢れる登場人物達を、豪華な顔触れが賑やかに楽しく演じます。

このあらすじは、芝居の序の口のところ。
三太中村勘三郎さん與吉中村芝翫さん(当時は橋之助さん)が演じていらっしゃいます。

この三太と與吉に、義賊である「鼠小僧」の存在が絡んできて、物語がうねり始めるのです。

「野田版 研辰の討たれ」でもそうでしたが、とにかくものすごいスピードと台詞量で展開していくので、最初は耳がついていくのが大変です。笑


■印象に残ったこと


全体の方向性としては、同じく作・演出を野田秀樹さんが担当された「野田版 研辰の討たれ」と近いような気がします。

集団が作り出す考え方の都合の良さ、それに巻き込まれた人間の腑に落ちなさ
現代的で、刺さるものがありました。

以下、印象に残ったことをぽつぽつと。

勘三郎さん三太、ものすごい汗で舞台上を生きます。
気が小さい、心が狭い、どけちな三太。
でもちょっとしたきっかけで子供に不憫さを覚えてしまい、柄にもなく優しくしてしまう。
最初は悪者として描かれるけれど、最後の最後に一番筋が通っているのは三太だと思います。

この三太の姪にあたるおしな中村七之助さん)、三太の血を引いたような性格でなかなかパンチが効いているのですが(笑)、序盤の動きのキレがとんでもなくて目を見張りました! 

あんまりネタバレはしたくないのですが、
名奉行と名高い大岡忠相坂東三津五郎さん)、貞淑で知られる若菜屋後家お高中村福助さん)、周囲から「いい人」と慕われている與吉中村芝翫さん)の「一見」善人トリオ
それぞれ美しいが故により一層憎いですよ~!笑

この三人と鼠小僧が一堂に会す場面、抱腹絶倒です。
乱入する大岡の妻・りよ片岡孝太郎さん)もまた濃い!!笑
 
大岡様、なかなかこういう描かれ方はされない人物だと思います。去年の国立劇場で観たのと同じ人物とは思えませんね。。
そして最後去り際の與吉の表情、本当に腹立たしくて忘れられません(ものすごく褒めてます)

そして特筆すべきは三太と同じ名前を持つ子供・さん太中村鶴松さん、当時8歳でしょうか。まだ本名でのご出演です)。
ある事情で三太と関わりを持つことになるのですが、
無邪気で健気でかわいくて、それゆえにラストの哀しさが刺さる…。
泣かされましたね。。


■野田秀樹さんの言葉〜勘三郎さんと三津五郎さん〜


『天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎』(長谷部浩、文春新書、2016年)という本の中に、
野田さんご自身がこのお芝居について語っていたところがありました。

天才と名人中村勘三郎と坂東三津五郎 (文春新書) [ 長谷部浩 ]

価格:896円
(2019/1/3 22:37時点)



実際の舞台を観ることが叶わなかった私としてはどうしようもない文章だったので、
ちょっと長くはありますが引用させていただきます。

「『野田版 鼠小僧』は、勘三郎の鼠小僧が主役に見えるけど、実はちっちゃな悪人です。もっとひどい悪人に大岡越前守がいて、この役を三津五郎がやった。人前ではよい顔をして、残酷に鼠小僧を裁く大団円なんですが、そのときの三津五郎なんていうのは、僕は大好きでしたね。ああいうものを今、じゃあ誰とやるかって言った時に、あのふたり、あの肉体を超える肉体を探すのは、非常に難しいような気がする。…」(p.142)

このお二人の役柄の構図も、「研辰の討たれ」と似ていたと思います(この「研辰」の方の役を三津五郎さんが「スキップじじい」と呼んでいたという話がすごく好き(笑))

裏では人気に執着しながらも、表では懐が深くて余裕のある「大岡様」を演じる大岡忠相と、
その前に屈するか否か迷いに迷う、悪いやつに見えて実はこの場面では一番正しい鼠小僧。

このお芝居で一番考えさせられる場面であり、一番思うところの多い場面です。


■まとめ


大いに笑って、ラストはほろりとさせられて、今回もいい時間でした。
正月休みで体がなまりになまり、正直動くのが大変に億劫ではあったのですが(笑)、観にいけて良かった。

シネマ歌舞伎「野田版 鼠小僧」は明日1/4(金)まで(東劇では1/11(金)までやっているようです)。 
もちろん何の予習もなしで楽しめます!

***

「野田版 鼠小僧」はDVD/Blu-rayも出ていますので、ご都合のつかない方はこちらもぜひ。

野田版 鼠小僧【Blu-ray】 [ 中村勘三郎[十八代目] ]

価格:4,722円
(2019/1/3 22:38時点)

 

おすすめ日舞公演!日本舞踊協会公演 もうじきです

「日本舞踊に興味があるけれど、機会がない…」
そんな方にぜひともおすすめしたい公演が、日本舞踊協会公演です!

以前この記事でも触れていますが、今日は来月に迫ったこの公演について、ほんの少し掘り下げます。
初心者の私も、ここ数年とても楽しみにしている公演。
初めて観にいく日本舞踊としてきっと間違いないと思いますので、ぜひ足を運んでみてください!




■2019年日本舞踊協会公演の詳細


*公式サイト

・(公社)日本舞踊協会のサイトはこちら
→プログラムのPDFがあり、出演者も分かりやすいかと思います。

・都民芸術フェスティバルのサイトはこちら
→昨年の様子の写真が載っており、雰囲気が分かるかと思います(※写真はPC版サイトのみ)。

*日時

2019年2月16日(土)〜17日(日)
両日とも昼の部12:00開演、夜の部16:30開演

※開場は開演の30分前です。
※上演時間は各部約3時間30分(途中休憩あり)とのことです。
※4公演全て演目が異なります!!豪華!!!

*場所

国立劇場 大劇場

*チケット料金

1等席8,500円【指定席】
2等席5,000円【指定席】
3等席2,000円【自由席・3階】

※各部入替制です。昼夜通しで観る場合、一度会場の外に出ることになります。

★参考★国立劇場3階前方からの見え方はこんな感じです↓
IMG_20181118_151543


■公演の魅力①豪華出演陣と演目


若手からベテランまで、日本を代表する舞踊家が流派を超えて一堂に会するこの公演。
演目も古典から新しいものまで、とりどりに楽しめます。 
どの部に行っても満足すること請け合いです!
 
NHKEテレで放送中の「にっぽんの芸能」で、よくこの公演の映像が使われていることからも、その質の高さが分かるかと思います。
踊り好きとしては全公演通いたい勢いです。。どうしても都合がつかなかった。。 

さらっと松本幸四郎さんのお名前があるのも注目ですよ!
(ちなみに歌舞伎役者の方は、歌舞伎のときと全く違うお名前で踊りをなさっていたりするので油断なりません。。)


■公演の魅力②都合がつけやすい


日本舞踊の公演は一日がかりのことが多く、いつ行けばいいのか、いつ抜ければいいのかが掴みにくいのですが、
こちらは公演が昼夜二部に分かれていて、時間の都合がつけやすいのもおすすめしたいポイントです。

公演時間も3時間半程度とあらかじめ情報が出ているので、予定が立てやすくてありがたいですね!

ちなみに自由席の場合、昼の部と夜の部を通しで観る際は、昼の部が終わり次第会場外に出て並び、夜の部開場次第改めて席を取り直します。
やや面倒ですが、2,000円という手頃なお値段でこれだけの踊りを観られるので、私は文句は言いません。 


■公演の魅力③プレレクチャーもあります!


公演を楽しむために、演目や日本舞踊の見方などを事前にレクチャーしていただく機会も用意されているようです↓

【2/12開催!】第62回日本舞踊協会公演プレレクチャーのご案内

【日時】2月12日(火)14時〜15時半
【場所】国立劇場伝統芸能情報館3階 レクチャー室
【定員】先着100名

平日の真っ昼間とあって私は行ったことがないのですが、
鑑賞の手引きとなる情報を、東京大学名誉教授かつ日本舞踊協会副会長の古井戸秀夫さんに解説していただけるとのこと!
そしてなんと無料ですっ!!!

初めての日舞鑑賞で不安、という方は、こちらに参加してみるのも良いのではないでしょうか。
私も行ってみたいなぁ…勉強になるに違いないのに…。  


■まとめ


初めて観にいく日本舞踊でも安心のポイントがたくさんある上に、超一級の踊りを堪能できる本公演。
日舞の公演を観にいく最初の一歩として、これ以上ないほどぴったりなのではないかと思っています。

先にも書きましたが、本当に全公演観にいけないのが惜しい。。

2月は国立劇場で、ぜひ日本舞踊を楽しんでみてください!


【ご参考までに…】
初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法①音の楽しみ
初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法③舞踊公演はどんな雰囲気?

 

物知らずが行く歌舞伎#6〜二月大歌舞伎(歌舞伎座)今の知識と演目選び

この企画は、知識が足りないゆえに
歌舞伎への第一歩を踏み出せずにいる方
の背中を押すべく、
歌舞伎歴1年の初心者が何を知っていて、何を目的に、
どのチケットを買うのか
をさらけ出す企画です。
こんなに物を知らなくても歌舞伎を楽しんでいますよ
というのをお伝えできればと思っています。

物知らずシリーズ第6弾は、2019年2月。
年の瀬に恥を晒して終わる無粋をお許しください…

IMG_20181231_193645

 


■歌舞伎座 二月大歌舞伎の演目は?


来年2月の歌舞伎座。
演目は以下の通りです。

【昼の部】
一.義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
 すし屋
二.暗闇の丑松(くらやみのうしまつ)
三.団子売(だんごうり)

【夜の部】
一.一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)
    熊谷陣屋(くまがいじんや)
二.當年祝春駒 (あたるとしいわうはるこま)
三.名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)


夜の部の「一谷嫩軍記」「當年祝春駒」あたりが読めないですね…
対して昼の部の読みやすさは安心します。笑 


■各演目について、現時点での知識


*そもそも知っている演目はあったのか?


【昼の部】

「すし屋」という言葉は何度も聞いたことがあるし、登場人物の「いがみの権太」という名前もとても耳馴染みがあるのです。
それだけ有名な演目ということなのですが、残念ながら「聞いたことがある」程度。
12/30(日)放送の『古典芸能への招待』(NHKEテレ)でやっていたようなので、録画したのを見たら情報更新します!

「団子売」はなんだかお馴染みになってきましたね!笑
文楽の方の「物知らず」や「感想」で何度か触れています。今月「文楽鑑賞教室」で上演されていたのです。
坂東三津五郎さんと中村勘三郎さんの踊った「団子売」の映像をよく観ています。大好きな舞踊です。

「暗闇の丑松」は聞いたことのない演目でした…。


【夜の部】

「熊谷陣屋」は一度、テレビで観たことがあるはず。
ただ当時はまだ歌舞伎をほとんど観たことがなかったので、いまいち覚えていないんですよね…。
でもものすごく有名、という印象です。 

あとは残念ながら初めましてでした…。


*現時点で知っていることは?


◇義経千本桜「すし屋」


先ほど触れたように、「いがみの権太」という登場人物は聞いたことがあるのです。
名前だけ見ると性格が悪そうですが、確か本当は良い人なのではなかったか…

多分、歌舞伎の入門書か何かでちらっと読んだのでしょうね。
曖昧な知識から入ってしまうので、実際に観てみないことにはすぐあやふやになってしまいます。


◇団子売


これは以前にも触れましたが、曲がとにかくいいのです…!太棹のドライブ感についつい乗ってしまう!

出だしは楽しい雰囲気の曲に合わせて、杵造・お臼の団子売夫婦が屋台を担いでやってきます。
その後、舞台の上で餅つきの様子を見せていくのですが、
この餅つきの前に臼と杵を準備するときの音楽もかっこいいので、ぜひ耳を傾けてみてください。

途中で一度伸びやかな曲調に変わり、踊りもゆったりと心地よくなります。
杵造の一人踊りから始まり、途中からお臼が加わります。

最後はおかめのお面を付けたお臼の一人踊りに、ひょっとこのお面の杵造が加わるのですが、
もうこのお面のところが本当に楽しい!
曲もテンポが上がり、どんちゃかどんちゃかしてわくわくします!!!

こちらの記事にて、文楽版の感想を語っております。


◇熊谷陣屋


首実検があったことと、最後に熊谷次郎直実が出家して一人花道を去っていくことしか覚えていない。
しかもこの前後に、別のテレビ番組で観ていた歌舞伎でも首実検があったので、ストーリーや登場人物がもはや脳内で混沌としております。 。

でもものすごく有名な演目だと認識しております(二回め)。


■観てみたい演目は?


『暗闇の丑松』尾上菊五郎さんなのですね…!
今年の印象的な舞台でことごとく格好良かった菊五郎さん、ぜひ観に行きたい。
『十六夜清心』(感想はこの記事と同じく、中村時蔵さんと組んでいらっしゃいます。素敵に違いない!

中村吉右衛門さんが熊谷をなさる『熊谷陣屋』も外せません。
「吉右衛門さんは絶対に観ておくべき」とは歌舞伎観劇大先輩からのお言葉なのですが(笑)、
ものすごく「歌舞伎」を感じるなぁ、というのが初心者の印象です。(そのくせ12月の国立は行けなかった不届き者です。笑)
名作を吉右衛門さんで観られる絶好の機会。絶対に観に行きたいところです。

『名月八幡祭』坂東玉三郎さんの芸者は素敵だろうなぁ…
片岡仁左衛門さんの船頭も粋でかっこいいに違いありません。 

あとは『団子売』ですよね!もう私これ好きすぎますよね!!笑
中村芝翫さん片岡孝太郎さん。大変失礼ながらお二方の踊りを拝見したことがないので、とても楽しみです。


■どのチケットを買う?


観たいものがあふれていますが、2月は気になるものを幕見になると思います。
というのも、

2月は国立劇場で文楽公演があるのです!

文楽があるときには、極力文楽を観に行きたい。
というのも、以前も書きましたが文楽は歌舞伎に比べて公演が少ないのです…。

というわけで、

スケジュールとお金の都合をつけつつ、観たい演目をちまちま観に行きます!


■まとめ


7月から始めたこのブログ。
つい最近のことですが、当時は「歌舞伎を観に行く」ことは日常ではなく、現に7月と8月は観劇回数ゼロだったのではないかと思います。
それがすっかり毎月の恒例となり、「観に行くのが当たり前」になってきつつあるここ数ヶ月。
はまる、というのはおそろしいものですね。笑

***

2018年、拙いブログにお付き合いくださり本当にありがとうございました。
経験も浅く、知識も足りず、意図せずイラっとさせてしまうことも多々あったのではないかと思います。
それでも読んでくださる方がいることに、日々心より感謝しております。

2019年も少しずつ知識を蓄え、自分なりの方法で「和もの好き」仲間を増やしていけたら嬉しく思います。
何卒宜しくお願いいたします! 

それでは、良いお年をお迎えくださいませ。
 
プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール