「お稽古を見るのもお稽古」というのが
私の通っているお稽古場の考え方です。

他人の注意を自分に活かす。

いいところを取り入れる。

いろんな演目を知る。

そんな意味があるんだと思います。


私は比較的遅く日舞を始めたし、
自分が生涯習える演目にはどうしても限りがあるので、

見るだけでもいいからなるべく多くの演目を学んでおきたい

と考えています。

よしや自分がその演目を習えなくとも、
少しでも何か吸収して糧にしておきたい、という気持ちで、
日々お稽古場に居座っています。

***

日本舞踊を始めたばかりの頃から、
他人のお稽古を見るのが大好きでした。

「自分もこれ踊ってみたいな!」

とか、

「私だったらもっとこう踊りたいなぁ…」

とか。
(後者はもう何様のつもりじゃっていう話なんですけどね。もう。ほんとにもう。)


他人のお稽古を見るのは、夢が膨らむんです。

思えばお稽古事は何でもそうだと思います。

自分がやっていたものだけで見ても、
ピアノだってバレエだってそうです。

憧れや目標にいつも触れていられる

という意味において、
お稽古を見ることは、ものすごくモチベーションアップに繋がっていると思います。

***

最近、踊りを「見て覚える」訓練を一人密かに始めました。
(何だか恥ずかしいしおこがましいので誰にも言ってない)

そこで気付いたのですが、

全っ然向きが分からない。

私が最初に踊りを習っていた場所は
踊る人の横から稽古を見るという配置だったので、
全然意識したことがありませんでした。

今、踊る人の正面から見る(=「客席から舞台を見る」と同じ位置関係の)稽古場に来てみると、

踊ってる人のすべてを逆向きに考えなきゃいけないわけですよね。

「あれれ?」と思って横の先生を見ると、
先生は鏡の向きで踊ってるわけですよ。

もう何が正しい向きやら。。

毎回あえなく挫折します。

覚えた!と思っても、
いざ一緒に踊らせてもらうと足が逆だったり、
手が逆だったり、首が逆だったり。

方向音痴も災いするのか、
どっちを向くのか毎回迷子


「見るのも稽古」は決して「見て覚えろ」というだけの話ではないのですが、

お稽古場にいる名取や師範の先輩方は
一回見ただけでパッと踊ったりするので、
(あと無茶ぶりで踊らされたりするので、笑)

いつかは自分もそうなりたいな、と思うのです。

やっぱりこれも憧れだし、目標ですね。

「稽古を見る稽古」、奥が深いです。