ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

日本舞踊

日本舞踊・後見のお稽古


私が通っている日舞のお稽古場では、弟子同士がお互いのお稽古で後見をすることがあります。

後見といっても、お稽古で衣装を着るわけではもちろんないので、
適当なタイミングで踊っている方の後ろに行って、小道具を出したり受け取ったり片付けたりする、ほんのちょっとしたものです。

私はこの「お稽古での後見」が好きです。

小道具を渡す順番やタイミングをちゃんと分かっていないとできないので、知らなかった踊りを勉強できる貴重な時間にもなりますし、
上手く小道具を渡せたときには「ちょっぴり役に立てたかも!」というささやかな達成感も得られます。笑

*** 

そんな中、今度の内輪の発表会で一曲まるまる後見をさせていただけることに。
規模はとてもとても小さいものですが、とはいえ本番で、しかも一曲つきっきりで後見をするのは初めてです。

先日そのお稽古があったのですが、

後見、踊っているよりも緊張感がある…!笑

踊っている方を邪魔してはならない、
いないように、極力見えないように振る舞わなくてはならない、
その上でタイミングよく、踊りの流れを切らないように良い位置でものを渡す。

これがものすごく難しい!!

小道具を渡す順番を間違えないのは当たり前の話ですが、だから簡単というわけでは決してありません。
踊りの流れを分かっていたつもりだったのに、うっかり抜けてしまうところがいくつもありました。

それこそ「流星」のように、踊り手が何役も演じ分けてその度にツノだのお面だのを受け取っては渡さなければならない曲の後見は、一体どれほど緊張するのでしょう…考えるだに恐ろしい。
(「流星」についてはこの記事で軽めにご紹介しています) 

見ているのとやってみるのとでは全然違いますね。

でもやっぱり、後見はおもしろい。
 
今回学べるところを精一杯身に付けて、また別の機会にも任せていただけたら。
まずは本番、間違えないようにたくさんお稽古と脳内シミュレーションをして臨みたいと思います!!
 

おすすめ日舞公演!日本舞踊協会公演 もうじきです

「日本舞踊に興味があるけれど、機会がない…」
そんな方にぜひともおすすめしたい公演が、日本舞踊協会公演です!

以前この記事でも触れていますが、今日は来月に迫ったこの公演について、ほんの少し掘り下げます。
初心者の私も、ここ数年とても楽しみにしている公演。
初めて観にいく日本舞踊としてきっと間違いないと思いますので、ぜひ足を運んでみてください!




■2019年日本舞踊協会公演の詳細


*公式サイト

・(公社)日本舞踊協会のサイトはこちら
→プログラムのPDFがあり、出演者も分かりやすいかと思います。

・都民芸術フェスティバルのサイトはこちら
→昨年の様子の写真が載っており、雰囲気が分かるかと思います(※写真はPC版サイトのみ)。

*日時

2019年2月16日(土)〜17日(日)
両日とも昼の部12:00開演、夜の部16:30開演

※開場は開演の30分前です。
※上演時間は各部約3時間30分(途中休憩あり)とのことです。
※4公演全て演目が異なります!!豪華!!!

*場所

国立劇場 大劇場

*チケット料金

1等席8,500円【指定席】
2等席5,000円【指定席】
3等席2,000円【自由席・3階】

※各部入替制です。昼夜通しで観る場合、一度会場の外に出ることになります。

★参考★国立劇場3階前方からの見え方はこんな感じです↓
IMG_20181118_151543


■公演の魅力①豪華出演陣と演目


若手からベテランまで、日本を代表する舞踊家が流派を超えて一堂に会するこの公演。
演目も古典から新しいものまで、とりどりに楽しめます。 
どの部に行っても満足すること請け合いです!
 
NHKEテレで放送中の「にっぽんの芸能」で、よくこの公演の映像が使われていることからも、その質の高さが分かるかと思います。
踊り好きとしては全公演通いたい勢いです。。どうしても都合がつかなかった。。 

さらっと松本幸四郎さんのお名前があるのも注目ですよ!
(ちなみに歌舞伎役者の方は、歌舞伎のときと全く違うお名前で踊りをなさっていたりするので油断なりません。。)


■公演の魅力②都合がつけやすい


日本舞踊の公演は一日がかりのことが多く、いつ行けばいいのか、いつ抜ければいいのかが掴みにくいのですが、
こちらは公演が昼夜二部に分かれていて、時間の都合がつけやすいのもおすすめしたいポイントです。

公演時間も3時間半程度とあらかじめ情報が出ているので、予定が立てやすくてありがたいですね!

ちなみに自由席の場合、昼の部と夜の部を通しで観る際は、昼の部が終わり次第会場外に出て並び、夜の部開場次第改めて席を取り直します。
やや面倒ですが、2,000円という手頃なお値段でこれだけの踊りを観られるので、私は文句は言いません。 


■公演の魅力③プレレクチャーもあります!


公演を楽しむために、演目や日本舞踊の見方などを事前にレクチャーしていただく機会も用意されているようです↓

【2/12開催!】第62回日本舞踊協会公演プレレクチャーのご案内

【日時】2月12日(火)14時〜15時半
【場所】国立劇場伝統芸能情報館3階 レクチャー室
【定員】先着100名

平日の真っ昼間とあって私は行ったことがないのですが、
鑑賞の手引きとなる情報を、東京大学名誉教授かつ日本舞踊協会副会長の古井戸秀夫さんに解説していただけるとのこと!
そしてなんと無料ですっ!!!

初めての日舞鑑賞で不安、という方は、こちらに参加してみるのも良いのではないでしょうか。
私も行ってみたいなぁ…勉強になるに違いないのに…。  


■まとめ


初めて観にいく日本舞踊でも安心のポイントがたくさんある上に、超一級の踊りを堪能できる本公演。
日舞の公演を観にいく最初の一歩として、これ以上ないほどぴったりなのではないかと思っています。

先にも書きましたが、本当に全公演観にいけないのが惜しい。。

2月は国立劇場で、ぜひ日本舞踊を楽しんでみてください!


【ご参考までに…】
初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法①音の楽しみ
初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法③舞踊公演はどんな雰囲気?

 

日本舞踊・音楽が聞き取れるようになるまで


先日この記事で触れた、
「踊りを始めたばかりの頃は音楽が全く聞き取れなかった」という話です。

長年ピアノを習っており、音楽が大好きで、音楽のことにはほんのちょっぴり自信がありました。

しかし、いざ日本舞踊を始めてみると、
不思議なことにさっぱり音が聞き取れなかったのです。

何を頼りにして音楽を把握し、踊っていけばいいのかが分からない。
音と音の変わり目が掴めない。

音楽そのものすらこのレベルで聞こえていないので、当然ながら歌詞なんて全く聞き取れず、

「●●って聞こえたら踏むのよ」
「●●って聞こえるまでは待ってなきゃだめよ」

と先生に言われて一応頷いてはみるものの、

「そんな歌詞ほんとにあります…?」

と訝しさでいっぱいの有り様でした。笑

カウントがない、というのがいちばん大きいのだと思います。

何拍子というのが決まっていて、カウントに合わせて歌詞を乗せて進んでいく西洋音楽。
その分かりやすい拍子に合わせてしか踊ったことがなかったので、
リズムや間が揺れ、歌詞も拍子に合わせるわけではない日本の音楽は、どうにも捉えどころがなかったのです。

***

2曲目のお稽古になると、やっと少し音と歌詞が聞き取れるようになってきました。

慣れが大きかったのだと思います。

「そういえば前の曲も、こんな感じの音で首を振ったな」

とか、

「こういう旋律(と言って正しいのだろうか)が前の曲でも聞こえていたな」

とか。

些細なポイントですが、これだけでも音の捉えやすさが全然違います。

***

その後も、他の人のお稽古でカセットを流したり、
先生がお稽古中に口ずさんでくださるのを聞いたりしながら、
だんだん邦楽に慣れていき、何とか最低限の音を理解して踊れるようになりました。

「歌詞や三味線だけではなく、太鼓などの鳴り物をきっかけに動くこともある」

ということや、

「こんな言い回し、こんな言葉がよく歌詞に出てくる」

というのが少しずつ掴めてきたのはかなり最近のこと。

他の方のお稽古で曲をかけるときに「●●というところからかけて」と言われても、それほど焦らなくなりました。

(※当たり前のように書いていますが、日本舞踊のお稽古はいまだにカセットを使うことが多いのです。
★関連記事⇒カセットテープ現役世代〜日舞のお稽古とカセットテープ〜) 

***

と、通常運転でまた知ったような口を聞いておりますが、
今でも全然聞き取れない曲がたくさんあります😅

先日までお稽古していた曲は、最後までいまいち掴みづらかった…
雰囲気で乗り切った感じです。笑

もしかすると長唄・清元・常磐津の違いもあるのかもしれませんが、
そもそもこの違いがまだ聞き分けられないので、そこは数年後の自分が語るとして。笑

曲が入ると振りも入りやすい気がしています。

愛用ポータブルカセットプレイヤーとともに、
邦楽と仲良くなれるようにこつこつ頑張ります!

初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法③舞踊公演はどんな雰囲気?


この企画は、日本舞踊歴7年弱の初心者の目線で
踊りをやっていなくても踊りの会を楽しめるであろう初心者的・日本舞踊公演の楽しみ方」を提案する企画です。

【第一弾】初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法①音の楽しみ 
【第二弾】初めて日舞★日本舞踊の公演を楽しむ方法②知らなくても楽しめる演目は?

さて、第二弾までやってみて、初歩的なことを忘れていることに気が付きました。

初めて出かける日本舞踊の公演。
雰囲気ってどんな感じなの?というのを書いておりませんでした!

今日は「日舞の公演の雰囲気」についてまとめてみます。

※ここでまとめるのは、いわゆる「五大流派」中心の古典の公演についてです。
流派によっては全然違う雰囲気のものもあるかもしれませんが、あしからずご了承ください。




1.時間はどのくらい?


*一曲あたりの時間


一曲あたり、大体15〜30分と見積もれば良いかと思います。
中にはもっと長い曲もありますが、概ねこのくらいの幅です。

にしても一曲が長いですよね…始めたばかりの頃は驚きました。

*公演全体の時間


これは公演によりまちまちです。
たとえば毎年国立劇場で行われる「日本舞踊協会公演」は昼夜二部制なので、一公演がせいぜい3〜4時間程度。
しかし、ほぼ丸一日かけて行われる公演もたくさんあります。(むしろ舞踊協会の二部制の方が珍しいと思います)

先日行った舞踊公演は、11時開演・19時半ごろ終演。
途中で出たり入ったりしましたが、やはり腰にきますね…!


2.途中入退場はできるの?


*演目の途中での入退場


もちろん望ましくはないのですが、舞踊の公演では意外とみなさん演目の途中で出入りなさいます。
もちろん望ましくはないのですが、黙認されていることが多いです。
もちろん望ましくはないのですが、私も割とやってしまうことが多かったりします。
なぜならば、短い休み時間でお手洗いからの戻りが間に合わなかったり、観たい演目の途中で会場に到着したり、いろいろあるからです。

もちろん望ましくはないのですがね。


*公演の途中入退場・再入場


再入場に関してはまちまちかと思いますが、私が行った限りでは、チケットの半券があれば途中抜けOKの公演が多かったと思います。

公演自体の途中入退場は、全く問題ありません
むしろ先述したように、公演自体が8時間近くあることもざらなので、
あらかじめ観たい演目をしぼって適当な時間に行ったり、適当なところで帰ったりすべきだと思います。笑

一曲あたりが15〜30分ほどなので、歌舞伎の幕見などよりも細かく時間を刻んで行動できます。


3.どんな服で行けばいいの?


洋服で全く問題ありません
繰り返しで恐縮ですが、とにかく公演が長いので、体に負担がない方が良いかと思います。
デニムやスウェットはさすがに見ませんが、オフィスカジュアルのような感じであればちょうど良いのではないでしょうか。

和服の場合は、紬ならばざっくりとしているものをお召しの方はあまり見かけません。
詳しくないので分からないのですが、つるつるつやつやしている紬の方はいらっしゃいます。

もっとも多いのは小紋の方でしょうか。
やわらかいもの、ポリでも上品な柄のものをお召しの方が多い印象です。

紋付の色無地を着ている方も多くいらっしゃいますが、大体は出演者の関係者です。

とはいえ、気軽な公演(地元の子供達が出る、出演者から「あまり格式張っていない」と聞いている、など)ではかわいらしいウールの着物を着ている方もいたので、これも公演によるのかもしれません。

ただし半幅帯はさすがに見ないので、お太鼓か二重太鼓がいいかと思います。

踊りの公演にどんな着物を着ていくのがベストかは、私自身まだまだ探り途中です…。


4.その他の注意ポイント!


*アナウンスがない!


公演によっては、次の演目がどれなのか、プログラムを読み上げてくれない場合があります。
「次ってこれだよね…?」というのが非常に心もとない。。

対策法としては、時間表を見ることが挙げられます。

舞踊公演では、(私が行った公演は今のところ)必ず演目ごとの時間が書かれた表が、会場に貼られています。
この表がかなり綿密で、一曲ごとの開始・終了時刻と所要時間が1分単位で記載されているのです。

今上演しているのがどの演目か分からないときは、まず時計を見つつこの表を確認して、「時間的にはこの曲っぽいな」という目安をつけます。

あとはプログラムを見て、踊っている人数や内容から類推します。笑

アナウンスがある公演もあるのですが、ないことが多かった気がします。初めての公演で、今何をやっているか分からない心細さたるや。。

*長めの休み時間はない!


歌舞伎や文楽の公演ならば、途中に30分くらいの長めの休憩が入り、その間にご飯を食べたり歩き回って腰をほぐしたりできるようになっています。

しかし、舞踊の公演にそのような休み時間はありません。

そのかわり、演目と演目の間に5〜10分ほどのインターバルがあります。
各演目ごとに大道具を入れ替えるため、このくらいの舞台転換の時間が必要なのです。

この間にお手洗いに行ったり、飲み物を飲んだりしています。
ご飯を食べたいときは、いくつかの演目を犠牲にして会場を抜け、ロビーなり外なりで食べます。


5.まとめ〜日舞は意外と気軽に観られますよ!


「日本舞踊」と聞くと「高尚」「敷居が高い」「難しそう」「想像がつかない」とどんどんハードルが上がってしまうのですが、

行ってみると全然そんなことはありません!

上述の通り意外と出入りもゆるく、長時間抜けても何も気まずいことはなく、ふらりと行ってふらりと帰れる雰囲気です。

「歌舞伎を観に行こう」「コンサートに行こう」と同じような感覚で、ぜひ踊りも観てみてください。

ときどきとんでもない感動に出会えたりしますから。

※ちなみに、おすすめはこちらです→日本舞踊協会公演
(2019年は2/16(土)・17(日)、昼夜二部制で4回全く別の公演です。)

NHK Eテレで放送中の「にっぽんの芸能」でも、舞踊の回はよくこの公演の映像を使っています。

三等席ならば2,000円で観られます

日本舞踊・始めたばかりのときはこんな感じでした


日本舞踊が大好きで、しばしばこのブログでも触れているのですが、
踊りとの出会いはわずか6年半前。

まだまだ知らないことの方がずっと多いのです😅

でも、始める前、始めたばかりの頃はもっと、本当に何にも知らなかった。
6年半後にこんなに日本舞踊が好きになるなんて、全く予想しておりませんでした。 

今日は、踊りに出会ったばかりの頃のことを思い出してみる企画です。

「日舞に興味があるけれど、知識がなくて…」という方がもしいれば、
全くのゼロからここまではまりこんでいる人間がいますよ!とお伝えしたいです。笑

***

そもそも私は、日舞をやりたかったから始めたわけではなく、
着物が着たかったわけでも歌舞伎に興味があったわけでもなく、
(詳細は割愛しますが)ちょっとしたうっかりミスにより偶然日本舞踊に出会ったのです。

そのため、下調べなどは一切なし

日舞といったらぼんやりと「舞妓さんとか芸妓さんとかみたいなやつ」としか認識しておらず、
何なら舞妓さんや芸妓さんがどういうものなのかすらよく分かっておらず。笑

歌舞伎と日本舞踊の関わりはおろか、歌舞伎がどういうものかすら、
「派手なお化粧のやつ」というレベルでしか知らなかったのです。

それぞれを括る適切な言葉も分からなくて、全部「やつ」とまとめてしまうくらい。笑

当然 浴衣の着方も知らなければ、畳むのだってもちろんできない。
初期は一度畳んでは先輩に全部広げられて「もう一回やってごらん^^」という流れでした。おかげさまでじきに覚えましたけどね…

そして何より、音が聞き取れない!

これはもう別記事にして語りたいくらいです。
最初は本当に、「歌詞が聞こえない」とかいうレベルではなく、音が取れない。
何が鳴っているのかが分からない。

ずっと西洋の音楽の中で生きてきたので、拍子が決まっているものしか理解できず、
カウントで動くことのない日本の音楽にまず悪戦苦闘でした。

音楽に合わせて動けるようになったのは、一曲目が上がってからのこと。
始めてから2ヶ月くらいは経っていたのではないかと思います。

「扇子を使うなぁ」というイメージはあったものの、普通の扇子と舞扇が違うことも知らなかった。
そしてお扇子を開けることすらできなかった。笑

こうやって思い返すと、本当にないものだらけですね…

かろうじてあったものと言えば、
幼い頃からの「踊るのが好き」という気持ちと、日本文学への興味でしょうか。

***

これぐらい何もない状態で始めたのですが、
日本舞踊が楽しくなるのにそう時間はかかりませんでした。

思うに、日本舞踊は「踊り」の要素だけじゃなかったからではないでしょうか。

そこには「演劇」の要素、「文学」の要素、初めて聴く邦楽という「音楽」の要素、いろんなことが詰まっていて、そのどれもが面白かった。

それに、新しいことを始めると純粋にわくわくします。
できること、分かることが増えていくのが嬉しい。

そんな日々を経て、「お稽古の日を楽しみに日々を過ごす」というのが日常となっていったのでした。

というわけで、

初心者が日々偉そうに語ってますが、
ほんの数年前はこんな感じだったのですよ、という話です。お恥ずかしや。

だからこのブログもあんまり肩肘張らずに、
「たまたま電車でふたつ隣に座った人の頭の中」くらいの距離感でお読みいただければと思います。笑

プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール