ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

イベント

「浅草今昔きもの大市」に行ってまいりました!


ずっと行きたい行きたいと思いつつ、なかなかタイミングが合わなかった「今昔きもの大市」。

今回は幸いにも連休をいただいていることもあり、かつ浅草という行き慣れた場所だったので、やっと参加することができました!うれしい〜!

想像以上にとても楽しいイベントだったので、早速レポートします!




■開催概要


★詳しくは「台東館」のイベント情報もしくは公式サイトへ!

日程:5月3日(金)〜5月5日(日)
時間:10:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
会場:東京都立産業貿易センター 台東館 4階南側

※入場無料です。

仲見世通りから雷門向かって一本右の「観音通り」を直進すると、左手に浅草寺の「二天門」が現れます。
そこを右折して通りを渡ると、真正面が「東京都立産業貿易センター 台東館」です。

もしくは、神谷バーの角を回り込んだ「馬道通り」沿いに歩くのも(むしろこっちの方が)分かりやすいかと。「台東館」はこの大通り沿いにあります。


■会場の様子


*何を売っている?


着物にまつわる様々なものを売っていました!

これからの季節にぴったりの夏物や夏用の襦袢、浴衣、単衣はもちろんのこと、
袷のお着物もたくさんありましたし、振袖なんかも結構見かけました。

帯も袋帯から名古屋帯(夏物もたくさん)、半幅帯まで品揃え豊富。

帯締め、帯揚げ、羽織紐にアクセサリーと、小物も充実!

羽織もありましたが、夏用は少なかったように思います。

*価格帯は?


まちまちです。

500円前後の小物や、1,000円着物・帯のコーナーを設けているところもあれば、本当に良いものを扱っているところもあり。

普段いただきものかリサイクルでやりくりしている私としては、手の届きやすい価格帯のものがかなり多く、悪魔の囁きが何度も聞こえました。

*試着はできる?


もちろんできます!

お店の方に断るのはもちろん必須だと思いますが、会場内に何箇所も茣蓙のようなものが敷いてあり、そこで実際に羽織ってみることができます

着物も洋服もそうですが、実際に着てみないと分からないことって結構あると思うのです。
サイズ感、色味、顔映り、リサイクルのものだと目立つ位置にシミがないか、などなど。。

多くの方が入れ替わり立ち替わり試着をしていたので、臆せずに着てみた方が良いですね!

と、過去の自分への自戒を込めて。笑

*何店舗くらいあるの?


今回は22店舗のようです。
写真を撮るのを完全に失念してしまいましたが、会場ぐるりが着物だらけで眼福ですよ…!!

*所要時間はどのくらい?


私の場合を申し上げますと、二人で参加したのですが、
全店舗回り、あれこれ迷い、好きなお店の大量の帯を全て見て…と楽しんだ結果、

2時間半はあっという間に経っておりました。
もうちょっといられた。

目当てのお店がある、一人でさくっと見て帰る、などであれば如何様にも短縮できると思いますが、楽しもうと思えばいくらでも楽しめる場所です。笑


■本日の戦利品


ちゃっかり買ってしまいましたよ。
そりゃあ無理ですよ、あんなにかわいいものに囲まれた空間で。。

まずは「開好堂」さんにて、夏用の博多!

IMG_20190503_222744

手持ちの夏着物と浴衣に合わせやすい色かなぁと思いまして。
会場にある着物で、手持ちのものに近い色のものにあれこれ合わせてみて決めました。

購入前、シミがあったので、会場の試着スペースで軽く試させていただくことに。
(撮影者の写真の腕の問題で色味が全然違いますが、上の写真が正しいです。。)

IMG_20190503_222648

このシミがどうしても正面に来てしまい、うーんやっぱり諦めようか…と思っていたのですが、
ふとこの部分を裏返してみると、

IMG_20190503_222553

シミがない。

もしかして、

関西巻きなら使えるのでは?!

「関西巻き」は、帯を時計回りに巻いていく締め方で、私はいつも反時計回りで締めているので逆巻きにはなるのです。
でも、リサイクルで出てくる名古屋帯だとこの「関西巻き」の折り目がついているものもあったりする。
いずれどっち回りにも巻けた方が便利に違いないので、関西巻きを習得する良い機会にもなるなぁと

そんなわけで1,000円にてお家に来てもらうこととなりました。これからよろしくね。

***

それから同じく「開好堂」さんにて、紬の単衣。3,000円。

IMG_20190503_222318

かわいい〜さわやか〜!!

裄も身幅も十分だったので、お稽古でも着られるなぁと思いつつ、
汗まみれにしてしまうのももったいないので、まずはお出かけで気軽に着ようかなと思います。

さっきの帯とも相性抜群。

IMG_20190503_222441

単衣は何だか時期が難しいんですよね。。
でもこの記事に書いた半衿付きのスリップも今年は強力な味方となってくれるはずなので、
単衣の時期もガンガン着られたら嬉しいなぁと思います。

***

最後は「まる福」さんの、絽の半衿!500円!

IMG_20190503_222240

やわらかいお花柄。
見えるのはほんのちょっぴりですが、浴衣にしろ夏着物にしろ、あの繊細な生地からちょこん、とこの色が覗くと思うと、何やらわくわくしてしまいます。

絽の半衿、他にもたくさんあって迷いに迷いました。。
迷う時間もまた幸せ。笑

■感想


今回出店されていたお店は、普段行ったことがないところばかりで、何だかどこも雰囲気が目新しくてテンションが上がってしまいました!

会場にいらしている方の着こなしもおしゃれで、すれ違う方のお着物を見ては「今の方のかわいい!」「素敵な着方…!」 と感動しておりました。笑

このような着物イベントに初めて足を運んだのですが、何かしら目的を持っていかないと危険ですね。
「うっかり買ってしまう」という最も避けたい事態が容易に起きる、充実の着物空間でした。

またお財布の紐をゆるめられそうな時期が来たら、是非とも参加したいイベントです


 

太田記念美術館「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」展に行ってきました!

またもや最終日に足を運ぶという、何の参考にもならない感想で恐縮ですが…
原宿にある太田記念美術館の「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」展に行って参りました!

IMG_20190128_000340

浮世絵は全然詳しくないのですが、このポスターのかわいさと、Twitterで漏れ聞こえてくる内容の興味深さに惹かれて。

行ってみて大正解!
私でも楽しめるようなものばかりでしたよ!!

さすがに作品を撮って載せることはできないので、言葉での説明になってしまいますが、印象に残ったものを。 

***

まず歌川広重の扇絵。
団扇の形に絵が描かれていて、切って団扇に貼るのだそうです。
 
展示されていたのは、「月に兎」の図柄。
画面からはみ出る大きな満月の下に、二羽の兎が描かれます。
夜の色に、白い月と兎がおしゃれ!
こんな団扇を、渋い浴衣に白の帯を貝ノ口できりっと締めた背中に差して歩きたい。

***

それから歌川広景の、鳶と油揚げの絵。

鳶が桶ごと油揚げを盗んで飛んでいるのですが、空中で桶をひっくり返してしまいます。
その様子を見上げている男の人の顔面に、油揚げが見事に落ちる。笑
周りの人も笑っちゃっています。

この不運な男性、「見上げる」という不安定な体勢だった上に顔も油揚げに覆われてしまって、
バランスを崩した拍子に、草履の鼻緒が切れてしまっているんです。
もうオチがマンガのよう!!笑

鳶が油揚げを盗むのは、良くあったことのようですね。
日本舞踊「子守」も、油揚げを盗んだ鳶を追いかけてきてすっ転ぶところから踊りが始まります。

***

同じく広景の、髪結床の絵も印象的でした。

男のお客が髪を剃られているのですが、うっかり剃りすぎてしまったようで、もちろんお客はおかんむり。
しかし剃っている方の人は、自分の失態にもかかわらず、あろうことかへらへら笑っている…!
何よりひどいのが周りの客で、みんなお客を見て大爆笑。笑

何ともおおらかな時代を感じさせる一枚でした。

***

猫の絵が有名という印象の歌川国芳は、今回の展示ではほおずき人間が楽しかった!
なんと、ほおずきが擬人化されているのです。
実が顔で、オレンジ色の皮が広がって五体になっています。

私が気に入ったのは、とうもろこしの幽霊に驚くほおずき人間!
夜道に揺れるとうもろこし、確かに幽霊みたいに見えなくもないですね…

これを見たほおずき人間たちが、腰を抜かしているのが愛おしい!!
表情がないのに泡を食っているのがよく分かります。笑

ほおずき人間は着物の柄にもなっているみたいですね💡
以前リサイクルのお店で見かけました。

***

現代的な笑いを誘うという面では、鈴木春信の絵が良かった。

火鉢の前でついうとうとしている女性と、その後ろに忍び寄る女性二人。
この二人、何と寝ている女性の帯に糸をつなぎ、その糸を柱にくくりつけるといういたずらを…!
悪質だぞ!!笑

このいたずらしてる二人の表情がいいんですよ、
片方は静かに微笑んでいて、片方は口に手を当てて笑ってます。
無声音の「うふふ」が聞こえてきそうです。笑

***

他にも楽しい、かわいい作品がたくさんありました。
浮世絵ってのびのびしてますね!
人々の一コマを描いた絵からは笑い声や会話が聞こえてくるようだし、動物の絵は愛嬌たっぷりでした。

次回の展示は2月1日から、「小原小邨」展とのことです。

IMG_20190128_000253

何ともかわいらしいきつねですね!

JR原宿駅から徒歩約5分。
思った以上に足を運びやすかったので、また見に行こうと思います。




成田弦まつり2018 & 成田山新勝寺ぶらぶら歩き

行ってまいりました!
成田山新勝寺

10月20日~21日の土日に、
新勝寺だけでなく参道も使って
大々的に開かれるイベント、

成田弦まつり

津軽三味線を中心に、
様々な音楽が響く2日間になるようです。

***

京成成田駅から、「弦まつり」の幟と
成田山新勝寺の道しるべを便りに表参道へ。

成田は市川團十郎家(成田屋)と縁が深いとのことで、
町のあちこちに歌舞伎を感じます。

IMG_20181021_003145

お店の上にこんな絵が。

IMG_20181021_003237

助六。

写真を撮り忘れましたが、
自動販売機も定式幕の色でした💡

***

新勝寺に向かって参道沿いに坂を下りていくと、
何だか趣のある街並みに。

xaXpE2LhaA153Qm1540050245_1540050291

着物で歩きたい!!

***

ここにたどり着く前に、
実はすでにいくつかのステージが設けられていて、

そこかしこで三味線の音が聞こえてきます!

津軽三味線、華やかですねぇ。
音色もさることながら、 
撥で三味線を叩く音もかっこいい。

しかし、今ここで立ち止まる時間は残念ながらない!

私がまず向かったのは、総門前ステージ。

ここで「けやぐ三味線バトル」なるものが始まるのです。

***

さて、やってきました総門前。

DSC_0512

このスペースはトイレもあるので安心です☺︎

「けやぐ三味線バトル」とは、
一人2分半の持ち時間の中で
自分の持ち味を発揮しつつ
一人ずつ順番に演奏していくもの。

ステージには二人乗るのですが、
一人弾いたら弾き終わった方は捌けて、
待機している次の人が
その捌けた人の椅子に座って待つ、というスタイル。
(説明が難しい) 
本場・青森の大会と同じなのだそうです。

なかなかスピード感のある展開ですね。
演奏者の入れ替えの時間が全くないので
世の中の発表会はもっとこの方式を取り入れるべき。笑

老若男女、初心者からベテランまで
みなさまお一人で堂々と演奏していたこの企画。 

観客も温かく、いい場だなぁと思いました。

それにしても、

すてきな演奏を聴くと胸が透きますね!

ばちばちと三味線を打つ音が総門に跳ね返ってよく響き、
盛り上がりもひとしおでした。

お上手だな、と感じた方々は、間が自由というか、
そのとき自分が感じるままに演奏している感じがして、
聴いているこちらも気持ちが良かったです。

***

次のお目当てまでしばらく間が空くので、
参道と新勝寺内をぶらぶら歩き。

参道は食べ歩きがとても豊富で、
ソフトクリームやらお煎餅やらお団子やら
食欲を抑えるのに必死でした😅

甘酒も売っていました🍶
ちょっと寒い日にはいいかも。

何より町並みが好きなのです。

こんな建物や

DSC_0516

こんな建物

E7gJWGzmE0oM44w1540050060_1540050120

レトロ看板も多かったです。
江戸時代以来の妙薬とか売ってそう。(適当)

***

新勝寺には行きたかった場所があって、
それが成田山公園

自然豊かで、3つの池と滝があり、
初夏の頃にはこんな感じの
爽やかな光景が広がるのですが、

DSC_0003

残念ながら滝が枯れており、
今回は撮影断念。

でも涼しくて良かったです。
意外と日差しが強かったので、
木陰の空気が心地よかった。

***

さて、成田山公園から彷徨い歩いて
(地図を見なかったがゆえの迷子)
何とか新勝寺の本堂前に到着。

私が一番見たかったのは、
このイベントの演奏者が一同に会する
「津軽三味線大演奏会」

人気の企画のようで、
16時20分の演奏開始に向けて
14時から着席のための整理券が配られます

ほとんどが立ち見になるようです。
例に漏れず私も立ち見だったのですが、

30分前の時点でこの混み具合!!

IMG_20181021_020848
クロヤマノヒトダカリ

すごいですねぇ。

前の方でよく見たければ、
かなり前から場所取りをしなければならないようです。

どうしても予定があったので途中で抜けてしまいましたが、
聞きたかった全員演奏は聞けました!

演奏者は全部で200名超とのこと。
やっぱりあれだけの人数が揃うと、
音も見た目も迫力がありますね。
わくわくしました。

***

お着物を着て三味線を弾く姿はとてもかっこよく、
自分も和の楽器をやりたいなぁ、と
にわかに熱が高まりました。。

おぼろげに三味線やりたいとは思っていたのですが、
目の当たりにするとちょっと現実味が出ますね。

来年もまた行きたいイベントでした

ホテル雅叙園東京・百段階段「和のあかり」行ってきました!最終日なので軽めに。

和もの好きを公言しながら、
「着物でお出かけ」のメッカと言っても過言ではないこの地に
初めて降り立ちました。。

ホテル雅叙園東京・百段階段!

時期を選んでリポートしろよという話ですが、
本日最終日「和のあかり」というイベントに行ってきました。

とにかくとにかく人が多くて、
周りの方のご迷惑を考えてあんまり写真が撮れなかったのですが、

きゅん!とするツボにはまってどうしようもなかったものを少し。

もう最終日なので、リポートはしません!笑 

***

行灯というのかしら。

DSC_0419

切り絵と灯りの色がノスタルジックで、
並べると一層美しかった。
 

こちらは、押葉にした葉っぱに
裏からあかりを当てたもの。

DSC_0431

光ってしまって分かりにくいけれど(泣)
葉脈がくっきり映って、繊細な影絵のよう。


ほおずきもありました!

DSC_0432
 
きれいですねぇ……


七宝焼のお鮨!

IMG_20180903_004256

と、あかり。

DSC_0427

丸いフォルムが何とも…それが集まるとまた何とも……


朝顔の風鈴。

IMG_20180903_004542

風が吹いたら涼しげだろうなぁ…


全体的にお部屋は暗いのですが、
和のあかりは暗い場所でこそ美しいですね。


***

百段階段では、和もの好き垂涎のイベントが
しょっちゅう開催されていますが、

東京都の指定文化財というこの百段階段、

イベント以外のところも何とも魅力的でした。

階段脇の窓の飾り枠とか

DSC_0446
 
障子の組子細工(?)とか

DSC_0439
 

天井絵とか

DSC_0411

全部すてき!!!

1935(昭和10)年の建設当時の
屈指の画家たちが、この装飾を手がけたようです。

欄間には、なんと道成寺!梅とさんさん♪

IMG_20180903_010351
 
どこを見ても見飽きない…!!!

そもそもこの階段に行くまでのエレベーターが、
螺鈿細工の豪華絢爛な箱でして、

そこからもうときめきは始まっているんですよね。

百段階段そのものの見学ツアーもやっている模様。
(詳しくはこちら

イベントもおもしろいけれど、
シンプルに百段階段をもっと楽しみたい気持ちも捨てがたい。。


そんなわけで、
どうして今まで行かなかったんだろう、と
改めてその素晴らしさを体感した、
初めての百段階段でした。

写真を見ながらいつまでも余韻に浸れる…

***

ちなみに…

Twitterにもあげましたが本日のコーデ。

IMG_20180902_121736


半襟つきの着物スリップなるものを最近購入しまして、
半襟をつけて浴衣を着てみました。

このスリップに関してはいろいろ思うところがあったので、
別記事でリポート予定ですっ!

プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール