ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

おすすめ

大人のための、美しい童話集『春の窓』(安房直子)

ぶらりと立ち寄った本屋さんで
偶然好みの本に出会うと、
とても幸せな気持ちになります。

本をしまった鞄まで特別に思えてくる。
一ページずつ丁寧に本をめくりたくなる。

***

最近そんな出会い方をしたのが この本です。

IMG_20181113_221239

『春の窓 安房直子ファンタジスタ』(安房直子、講談社)。

安房直子さんと言えば、
小学校の国語の教科書に載っていた 
「きつねの窓」が思い浮かびます。 
細かいところは忘れてしまいましたが、
日本語の美しさに感銘を受けた記憶はしっかりと残っています。

その安房直子さんの童話集。

「赤い塗りの手箱」に「ふうわりと眠っていた」黄色い絹のスカーフ、
「だれにも見えない」緑あふれるベランダ、
内緒でぬすんだ「星のはいったおはじき」、
紙袋につまった桜貝、、

小さな頃に憧れていたのは
こんなものだったかもしれない、と思うような
うっとりするような小物たち。

かと思えば、

壁に描かれた窓の絵は
まるで本物の窓のように風や季節を運ぶけれど、
その向こうは全くの別の世界であったり、

美しい銀色の花の影が
大きな犠牲をもたらしていたりと、

少し残酷でどことなく憂いを帯びたお話もある。

鹿の娘と恋に落ちたり、
海がめに魅入られたり、
まるで神話のような美しさと恐ろしさが綯い交ぜになったお話もある。

やわらかくあたたかく、ていねいな日本語で綴られたお話は
「童話」と括れば子供向けなのかもしれませんが、
大人の目で読んでも味わい深くて
一話一話が心にしみてきます。

日本語が好きで、物語が好きならば、
必ず大切な一冊になるはずです。 

***

あの日、あの本屋さんに行かなければ
この本に出会うことはなかっただろうな、と思うと、
改めて「本屋」というもののありがたみが感じられます。
この本をおすすめしていた書店員さんには、
ねんごろにお礼を言いたいです。

春の窓 安房直子ファンタジスタ (講談社X文庫) [ 安房直子 ]

価格:680円
(2018/11/13 22:51時点)


 

『恋歌』(朝井まかて)感想〜言葉に心揺さぶられ続ける小説

ずっと読みたかった本をやっと読了。

朝井まかてさんの『恋歌』

IMG_20181009_230322
ブックカバーをかけたくないくらい素敵な表紙。
物語の重要な舞台「萩の舎」にちなんででしょうか。


 『阿蘭陀西鶴』『眩』(いずれも 朝井まかて著)に描かれる女性たちの強さと
ふとした瞬間に見せる周りの優しさが好きで、
こちらも気になっていたのです。

 ***

三宅花圃・樋口一葉らの歌の師、
中島歌子の手記を中心に、物語は進みます。

手記に描かれるのは、おきゃんな娘の一途な恋と、
その恋ゆえに巻き込まれていく
幕末・水戸藩の凄絶な動乱。 

当時は「登世」と名乗っていた一人の若き女性が、
武家の妻となり、
激動の時代を、夫への想い一本で
生き抜いていく姿です。

***

『恋歌』という題名ながら、
 中島歌子の詠んだ歌はそれほど多くは出てきません。

しかし、物語の要として、
常に和歌が存在
しています。

登世と、のちに夫となる林以徳とを
引き合わせるきっかけとなり、
その後も折に触れてよすがとなる歌

江戸から水戸へ嫁いで、
様々に交流を持った人々が、
命の際に詠んだ辞世の句

中島歌子となってからの伝統に則る歌風に似合わぬ、
溢れる想いを詠んだ激情の歌…。 


最も「恋歌」と言えそうな
最愛の夫・以徳と詠み交わした歌が、
物語の中に出てくるのは一つの場面だけ。

しかし、この歌がきっかけとなって
彼女は歌の道を志すようになるのです。

「なぜもっと、己の心を三十一文字に注ぎ込まなかったのだろう。
戦場の夜も昼もあの人の胸で響き続けるような、
そんな言葉をなぜ捧げられなかったのだろう。」(p.341)

誰がいつ命を落としてもおかしくなかった
幕末の水戸藩。

その中で生きた女性だからこそ、
命をかけて歌を詠もうとした。 

物語の文脈の中で詠まれるどの歌も、
たった三十一文字にもかかわらず、
どれだけ言葉を尽くしても伝わらない感情
まっすぐに響いてきます。

***

誰にも、どんな雑音にも邪魔されたくなくて、
静かな部屋にこもって読みました。

心をぐわっと鷲掴みにされて
そのままぐわんぐわん揺さぶられるような小説です。

 

恋歌 講談社文庫 / 朝井まかて 【文庫】

価格:778円
(2018/10/10 00:47時点)

京の芸舞妓さんに学ぶ、社会での生き方。『舞妓の言葉』感想

舞妓さんの着物姿の美しさが好きで、
可愛らしい写真のたくさん載っているこの本を手に取りました。

 IMG_20180901_233909

『舞妓の言葉 京都花街、人育ての極意
(西尾久美子、東洋経済新報社)


舞妓さんたちが、修行を始めたばかりの「仕込みさん」から
舞妓として成長していき、
芸のプロフェッショナルである芸妓となっていく過程で、

先輩の芸舞妓さんや周囲の人からかけてもらう言葉、
自分自身を律していく言葉など、

成長のカギになってくる言葉が紹介されています。

耳に柔らかい京ことばで語られるそれぞれの言葉には、

舞妓の世界だけでなく、私が社会人になってから
初めて気づかされたようなこと
もたくさん。


頭でっかちにならずに謙虚に行動すること、

ミスをしても隠さずに報告すること、

周りを見ながら何が必要かを考えて動くこと、、


それを10代半ばから後半くらいの女の子たちが
当たり前のように身につけ、実践し、
後輩に指導までしているのですから、

花街の教育システムは凄いと思いますし、
吸収していく彼女たちの熱意にも頭が下がります。 

***

一番印象に残って、自分も心がけている言葉を一つ。

「どんなことがあっても、
お稽古休んだらあかんのえ」

見習いさんから舞妓としてデビューするころに、
お茶屋のお母さんからかけられたという言葉です。

プロになったら、夜遅くまで仕事があって、
朝からのお稽古は体が辛く、休みたくなる。

けれどそれでは、自分の力が伸びないだけではなく
周りからの信用まで失ってしまう。

だから、お稽古を休む口実を探し出してはならない、
多少の体調不良はおしてもお稽古に行く。

…という意味に加え、

先輩たちのお稽古に常に触れることで
自分の目標を意識し続ける、という
お稽古場ならではの成長機会も意図しているとのことです。(p.48〜50)
 
***

この言葉に触れてから、私自身も今まで以上に
お稽古を休まない、ということを意識し出した気がします。

自分はあくまで趣味で踊りを習っているのにすぎないのですが、
いつかもっと上手くなって、
今よりも踊る機会を増やしたい。 

そうなったときに、常に絶好調なんてことはあり得ない。

そのため、体調が万全ではなくても
踊れるようにしておきたいと思っています。

舞妓さんにかけられる言葉とは 少し意図が変わりますが、
お稽古場に行けば、そこに常に目標があるのは同じ。 

えいやっ!と思って一度お稽古に行ってみてしまえば、
もうそこはモチベーションの塊で、

後悔は絶対にしないのです。 

この本を読んでから、
お稽古をうやむやにサボりそうになるときは
「どんなことがあってもお稽古休んだらあかん!!!」 
と自分に言い聞かせるようになりました。笑 

***

すでに社会に出ている自分も はっとさせられる言葉がたくさんの一冊。

加えて、何より写真が素晴らしく美しいので
わくわくしながらページをめくり、眺め暮らしました。

着物好きの方、京都好きの方、
ぜひお手に取ってみてください。

 

舞妓の言葉 京都花街、人育ての極意 [ 西尾久美子 ]

価格:1,620円
(2018/9/2 03:13時点)

2018上半期イチ面白かった本『舞うひと』感想

今年は今のところ、小説じゃない本が圧倒的一位。
今年出た本ではないので恐縮ですが…

めちゃくちゃ面白くて勉強になったのが、この本↓

舞うひと 草刈民代×古典芸能のトップランナーたち [ 草刈民代 ]

価格:1,944円
(2018/8/12 21:57時点)



『舞うひと』


バレリーナ・女優の草刈民代さんが、
日本の古典伝統芸能の「舞うひと」たちを訪ね、
踊りについて、身体芸術について対談していくものです。

踊り大好きで、日本の芸能・芸術のことを
もっと知りたいと思っていた矢先に読んだので、
ためになること、感動することが山ほどありました。

写真も多く、対談形式も読みやすいので
ちょっと長くなりますがご紹介します!
 


■登場する「舞うひと」たち


【日本舞踊】
宗家藤間流八世 藤間勘十郎さん
三代目 花柳寿楽さん
京舞井上流五世家元 井上八千代さん

【能楽】
二十六世観世宗家 観世清和さん
二代 梅若玄祥さん

【琉球舞踊】
重踊流二世宗家 志田真木さん
【歌舞伎】
五代目 尾上菊之助さん
四代目 市川猿之助さん

【文楽人形遣い】
三代 桐竹勘十郎さん
【雅楽】
宮内庁楽部楽長 多忠輝さん
【狂言】
野村萬斎さん
【舞踏】
麿赤兒さん

…なんと豪華なことでしょう!!!
この一冊で、あらゆる日本の芸能に携わる方のお話が聞けるわけです。

目次の時点で購入決定しました。


■心に止まったこと


*歌舞伎役者の踊りと舞踊家の踊り


日本舞踊家の花柳寿楽さんのお話の中で、
歌舞伎役者の片岡仁左衛門さんに
舞踊「二人椀久」を教わったときのエピソードがありました。

歌詞に書かれていないところまで役の感情を考え抜き、
一つひとつの動きにこめていく「役者」のお稽古


舞踊家としては
激しく乱れると踊りとして美しくないのでは」と
ブレーキをかけてしまう部分もあるとのことで、
とても勉強になった、というお話でした。

一方、 歌舞伎役者の市川猿之助さんの章には、
役者は舞踊家じゃないんだから、役者の踊りを踊れ、とよく言われる」
というお話が出てきます。

舞踊家は正攻法できれいに踊るけれど、
役者は癖があってもそれを個性にできる。


だからいろんな役を演じて役の気持ちを学ぶことや、
踊りに出てくる景色や風俗を 知っておくことが大事なのだ、というお話。


以前Eテレの「にっぽんの芸能」という番組この記事で紹介)
坂東玉三郎さんが舞踊「京鹿子娘道成寺」を語る、
という企画をやっていた際に、

その踊りへの考察の深さがとても興味深く、
「あぁ、役者さんって凄いんだなぁ…」
と感動したことがあります。(今さら何を)

そのときのことを思い出しながら読んで、
やはり「役者の踊り」「舞踊家の踊り」という感覚があるのだ、と
とても納得がいった気がしました。


でも、自分が踊りをやっていて 一番おもしろいのは
「表現」に触れた瞬間。

まだまだ自分の個性や表現などと
ぬかせるような経験値は何もないのですが、

勉強して、いつかは自分なりに役を深めて、
その役を「踊り」として演じてみたいなと思うのです。


*現代の時間感覚


本に登場する「舞うひと」たちが 口を揃えておっしゃるのが、
「現代は時間感覚がせわしない」ということ。

たった数分の演目でも「長い」と言われ、
「手軽さ」「わかりやすさ」が重視されてしまう。

それが、「舞う」側からとてもよく分かるようです。

本当にもったいないことなのですが、
私も「せわしない」一人なのではないかと反省。

日本舞踊や、それに関連する歌舞伎や文楽は
ひと時も飽きずに見続けていられるのです。

でも日本舞踊を始める前はどうだった?
日本舞踊と関係のないようなものだったら?

やっぱりすぐ飽きてしまうのかもしれません。

それを思うと、現代の時間感覚の中では
日本の伝統芸能の行く先って
相当暗いんじゃないか…
と寂しくなってきます。

せめて自分は、日本の芸能を学ぶ端くれとして、
こういう芸能文化を積極的に学び、楽しもうと
思いを新たにいたしました。


*能は寝ていい?


すごいタイトルですが上記に関連して。笑

「能をご覧になって深い眠りにつくことも大事」

これはまさかの、
能楽観世宗家の観世清和さんのお言葉です。

能の囃子を聴くと体のリズムが一定になる、というのが
科学的に解明されている
とのこと。

眠くなってもいいから、能に気軽に接してほしいそうです。

恥ずかしながら私、能って全然わからないんです。

でも、この本で能楽の方が語っていらっしゃるのを読んで、
実は能って、現代においても
ものすごく大事な精神とか、想像力とか

そういうものが詰まっているんじゃないか
と思うようになりました。

(眠っていいとおっしゃるならば)一度行ってみようかなと思い始めたところです。


*稽古する側が甘すぎる!


これも観世清和さんのお言葉。

刺さりました…。

あまりに刺さったので、一部引用します↓


…今の人はインターネットとか文明の利器を駆使して、
教えていないことまで知っていたりする。
そのくせ勘が鈍い。
目の前で師匠が一回舞ったら、すぐにできなくてはだめ。
それが「あれ?」なんて、教わる側の努力が全然足りません。



普段のお稽古で、自分が何回「あれ?」と言っていることか…

この本に出会ってから、一回で覚えるように努力はしてみるものの、
いかんせん引き出しが少なすぎますね。
精進します。

*** 

他にも、付箋を貼ったページがたくさんありました。

雅楽の、神様へ捧げる踊りだからこその
日本舞踊との違いとか、継承の難しさ
とか。

狂言には「落ちるところを見せる」跳び方があるとか。

麿赤兒さんの、「「ダメ」をどう踊るか」というお話とか。
(これがすごいんです、
足が痛いなら足を引きずってリズミカルに歩けとか、
立てないなら這えとか、それも踊りにしちゃうんですね。)


文楽で、公演中にどうにも人形が動いてくれない日がある話とか。
(桐竹勘十郎さんとの対談で
「バレエと似てる!」とテンションの上がる草刈さんも素敵です。笑)


琉球の古典舞踊は、基本的に表情を変えず、
まばたきさえも控えて踊る
、という話とか。

「もっと知りたい!」 「もっと頑張りたい!」
モチベーションが上がり、とても刺激を受けた一冊でした。


■踊り好き・伝統芸能好きにぴったりの一冊


この本のいいところは、
一冊でたくさんの芸能に触れられるところ。

そして、プロフェッショナルたちの言葉は
重みがあり、襟を正したくなる。

写真もとても多く、
「舞う」ときの きりりとしまった真剣な表情が
素晴らしくかっこいいです。
(人形もめちゃくちゃ美しいですよ!)

私のような初心者・踊り好きはもちろんのこと、
すでに詳しい方も絶対に楽しめる一冊
だと思います。

友人との待ち合わせ前に立ち寄った本屋さんで
たまたま見つけた本だったのですが、
大当たりでした。買ってよかった!

舞うひと 草刈民代×古典芸能のトップランナーたち [ 草刈民代 ]

価格:1,944円
(2018/8/12 21:57時点)



 
 

自然と前向きになれる漫画『舞妓さんちのまかないさん』

今、お稽古場で流行中の漫画があります。

それが、『舞妓さんちのまかないさん 』(小山愛子)。

絵がかわいいのはもちろんのこと、
自然と背筋が伸びるような、
何かに一生懸命になりたい!と素直に思えるような漫画です。

大好きな漫画が、また一つ増えました。

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕) [ 小山 愛子 ]

価格:648円
(2018/7/27 23:04時点)








見どころ1*キヨちゃんの作るごはん・お菓子


キヨちゃんは、この漫画の主人公。
舞妓を目指し、幼馴染のすーちゃん(すみれ)とともに
16歳で故郷・青森から京都花街に出てきました。

しかし、キヨちゃんはとある事情から、
舞妓さんたちの普段のごはんを作る「まかないさん」として
屋形に身を置くことになるのです。

キヨちゃんは、いつも舞妓さんたちのことを思いながら、
ていねいにごはんを作ります。

時には、お菓子や飲み物で彼女たちの疲れを癒します。

そのおいしそうなこと!

絵から優しさと温かさが伝わってきて、
幸せな気持ちになります。


見どころ2*舞妓さんたちの着物・生活


舞妓さんと言えば、華やかな着物。
この漫画では、かわいらしい舞妓さんたちの着物姿
何ページにもわたって眺め暮らせるんです〜!!!

花街ならではの年中行事や、
舞妓さんたちの暮らしも興味深い。

特に屋形での日常や、貴重な休日の過ごし方なんかは、
舞台裏をのぞいちゃったみたいで楽しいです。


見どころ3*温かな人間模様


見どころ1でも触れたけれど、
この漫画の好きなところは、キヨちゃんのさりげない優しさ。
(しかも本人が天然なので、優しさに全然嫌味がない)

そしてキヨちゃんとすーちゃんの、幼馴染だからこその
厚い信頼関係、お互いへのまっすぐな敬意。

モノローグがあるわけではないのに、
ちょっとした表情や行動からものすごく伝わってきます。

仕事で疲れたときとか、ちょっとへこんだときに読むと、
この押し付けがましくない温かさにほろっとくるのです。


見どころ4*努力の天才・百はなちゃん


「百はな」は、すーちゃんの舞妓さんとしてのお名前。
百はなちゃんはめきめきと実力を伸ばし、
京都花街のホープとして活躍しはじめます。

そんな百はなちゃん、実はみんなが寝たあとや
まだ寝ているような早い時間にも、
一生懸命 踊りの練習をしています。

時間ができればお茶屋さん回り(ご挨拶回り)に勤しみ、
どこのお茶屋のおかあさんがどんなものを好きなのか、
何をしたら喜ぶのか考える。

とにかく怠けることがない、努力の天才です。

そんな百はなちゃんの姿に、
私はいつも勝手に刺激を受けて、

私ももっともっと頑張りたい!

と至極素直に背筋を伸ばしているのです。


◎前向きに頑張りたいときにおすすめ!


なんだかもう頑張れないかも、とか
うまくいかないことだらけ、とか

そんなときにぜひ手に取ってみてください。

おいしそうなごはんやお菓子に癒されながら、
優しく背中を押してもらえると思います。 

現在6巻まで出ていて、継続中です。
7巻は今秋発売予定とのこと。

すでに次巻が楽しみです〜

 

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕) [ 小山 愛子 ]

価格:648円
(2018/7/28 00:10時点)

プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール