ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

お稽古

日本舞踊・後見のお稽古


私が通っている日舞のお稽古場では、弟子同士がお互いのお稽古で後見をすることがあります。

後見といっても、お稽古で衣装を着るわけではもちろんないので、
適当なタイミングで踊っている方の後ろに行って、小道具を出したり受け取ったり片付けたりする、ほんのちょっとしたものです。

私はこの「お稽古での後見」が好きです。

小道具を渡す順番やタイミングをちゃんと分かっていないとできないので、知らなかった踊りを勉強できる貴重な時間にもなりますし、
上手く小道具を渡せたときには「ちょっぴり役に立てたかも!」というささやかな達成感も得られます。笑

*** 

そんな中、今度の内輪の発表会で一曲まるまる後見をさせていただけることに。
規模はとてもとても小さいものですが、とはいえ本番で、しかも一曲つきっきりで後見をするのは初めてです。

先日そのお稽古があったのですが、

後見、踊っているよりも緊張感がある…!笑

踊っている方を邪魔してはならない、
いないように、極力見えないように振る舞わなくてはならない、
その上でタイミングよく、踊りの流れを切らないように良い位置でものを渡す。

これがものすごく難しい!!

小道具を渡す順番を間違えないのは当たり前の話ですが、だから簡単というわけでは決してありません。
踊りの流れを分かっていたつもりだったのに、うっかり抜けてしまうところがいくつもありました。

それこそ「流星」のように、踊り手が何役も演じ分けてその度にツノだのお面だのを受け取っては渡さなければならない曲の後見は、一体どれほど緊張するのでしょう…考えるだに恐ろしい。
(「流星」についてはこの記事で軽めにご紹介しています) 

見ているのとやってみるのとでは全然違いますね。

でもやっぱり、後見はおもしろい。
 
今回学べるところを精一杯身に付けて、また別の機会にも任せていただけたら。
まずは本番、間違えないようにたくさんお稽古と脳内シミュレーションをして臨みたいと思います!!
 

日本舞踊・音楽が聞き取れるようになるまで


先日この記事で触れた、
「踊りを始めたばかりの頃は音楽が全く聞き取れなかった」という話です。

長年ピアノを習っており、音楽が大好きで、音楽のことにはほんのちょっぴり自信がありました。

しかし、いざ日本舞踊を始めてみると、
不思議なことにさっぱり音が聞き取れなかったのです。

何を頼りにして音楽を把握し、踊っていけばいいのかが分からない。
音と音の変わり目が掴めない。

音楽そのものすらこのレベルで聞こえていないので、当然ながら歌詞なんて全く聞き取れず、

「●●って聞こえたら踏むのよ」
「●●って聞こえるまでは待ってなきゃだめよ」

と先生に言われて一応頷いてはみるものの、

「そんな歌詞ほんとにあります…?」

と訝しさでいっぱいの有り様でした。笑

カウントがない、というのがいちばん大きいのだと思います。

何拍子というのが決まっていて、カウントに合わせて歌詞を乗せて進んでいく西洋音楽。
その分かりやすい拍子に合わせてしか踊ったことがなかったので、
リズムや間が揺れ、歌詞も拍子に合わせるわけではない日本の音楽は、どうにも捉えどころがなかったのです。

***

2曲目のお稽古になると、やっと少し音と歌詞が聞き取れるようになってきました。

慣れが大きかったのだと思います。

「そういえば前の曲も、こんな感じの音で首を振ったな」

とか、

「こういう旋律(と言って正しいのだろうか)が前の曲でも聞こえていたな」

とか。

些細なポイントですが、これだけでも音の捉えやすさが全然違います。

***

その後も、他の人のお稽古でカセットを流したり、
先生がお稽古中に口ずさんでくださるのを聞いたりしながら、
だんだん邦楽に慣れていき、何とか最低限の音を理解して踊れるようになりました。

「歌詞や三味線だけではなく、太鼓などの鳴り物をきっかけに動くこともある」

ということや、

「こんな言い回し、こんな言葉がよく歌詞に出てくる」

というのが少しずつ掴めてきたのはかなり最近のこと。

他の方のお稽古で曲をかけるときに「●●というところからかけて」と言われても、それほど焦らなくなりました。

(※当たり前のように書いていますが、日本舞踊のお稽古はいまだにカセットを使うことが多いのです。
★関連記事⇒カセットテープ現役世代〜日舞のお稽古とカセットテープ〜) 

***

と、通常運転でまた知ったような口を聞いておりますが、
今でも全然聞き取れない曲がたくさんあります😅

先日までお稽古していた曲は、最後までいまいち掴みづらかった…
雰囲気で乗り切った感じです。笑

もしかすると長唄・清元・常磐津の違いもあるのかもしれませんが、
そもそもこの違いがまだ聞き分けられないので、そこは数年後の自分が語るとして。笑

曲が入ると振りも入りやすい気がしています。

愛用ポータブルカセットプレイヤーとともに、
邦楽と仲良くなれるようにこつこつ頑張ります!

日本舞踊・始めたばかりのときはこんな感じでした


日本舞踊が大好きで、しばしばこのブログでも触れているのですが、
踊りとの出会いはわずか6年半前。

まだまだ知らないことの方がずっと多いのです😅

でも、始める前、始めたばかりの頃はもっと、本当に何にも知らなかった。
6年半後にこんなに日本舞踊が好きになるなんて、全く予想しておりませんでした。 

今日は、踊りに出会ったばかりの頃のことを思い出してみる企画です。

「日舞に興味があるけれど、知識がなくて…」という方がもしいれば、
全くのゼロからここまではまりこんでいる人間がいますよ!とお伝えしたいです。笑

***

そもそも私は、日舞をやりたかったから始めたわけではなく、
着物が着たかったわけでも歌舞伎に興味があったわけでもなく、
(詳細は割愛しますが)ちょっとしたうっかりミスにより偶然日本舞踊に出会ったのです。

そのため、下調べなどは一切なし

日舞といったらぼんやりと「舞妓さんとか芸妓さんとかみたいなやつ」としか認識しておらず、
何なら舞妓さんや芸妓さんがどういうものなのかすらよく分かっておらず。笑

歌舞伎と日本舞踊の関わりはおろか、歌舞伎がどういうものかすら、
「派手なお化粧のやつ」というレベルでしか知らなかったのです。

それぞれを括る適切な言葉も分からなくて、全部「やつ」とまとめてしまうくらい。笑

当然 浴衣の着方も知らなければ、畳むのだってもちろんできない。
初期は一度畳んでは先輩に全部広げられて「もう一回やってごらん^^」という流れでした。おかげさまでじきに覚えましたけどね…

そして何より、音が聞き取れない!

これはもう別記事にして語りたいくらいです。
最初は本当に、「歌詞が聞こえない」とかいうレベルではなく、音が取れない。
何が鳴っているのかが分からない。

ずっと西洋の音楽の中で生きてきたので、拍子が決まっているものしか理解できず、
カウントで動くことのない日本の音楽にまず悪戦苦闘でした。

音楽に合わせて動けるようになったのは、一曲目が上がってからのこと。
始めてから2ヶ月くらいは経っていたのではないかと思います。

「扇子を使うなぁ」というイメージはあったものの、普通の扇子と舞扇が違うことも知らなかった。
そしてお扇子を開けることすらできなかった。笑

こうやって思い返すと、本当にないものだらけですね…

かろうじてあったものと言えば、
幼い頃からの「踊るのが好き」という気持ちと、日本文学への興味でしょうか。

***

これぐらい何もない状態で始めたのですが、
日本舞踊が楽しくなるのにそう時間はかかりませんでした。

思うに、日本舞踊は「踊り」の要素だけじゃなかったからではないでしょうか。

そこには「演劇」の要素、「文学」の要素、初めて聴く邦楽という「音楽」の要素、いろんなことが詰まっていて、そのどれもが面白かった。

それに、新しいことを始めると純粋にわくわくします。
できること、分かることが増えていくのが嬉しい。

そんな日々を経て、「お稽古の日を楽しみに日々を過ごす」というのが日常となっていったのでした。

というわけで、

初心者が日々偉そうに語ってますが、
ほんの数年前はこんな感じだったのですよ、という話です。お恥ずかしや。

だからこのブログもあんまり肩肘張らずに、
「たまたま電車でふたつ隣に座った人の頭の中」くらいの距離感でお読みいただければと思います。笑

日舞あるある④お扇子のいろいろ

日本舞踊の漫画、くらの先生による『さんさん桜』という作品に、お扇子にまつわる小ネタがちょこちょこ出て来たのですが、
それが「あるあるー!」と共感することこの上なかったので、触発されてこんな記事を書かせていただきました。

※『さんさん桜』に出てくるネタは極力除いています。

さんさん桜 1 (ジーンLINEコミックス) [ くらの ]

価格:648円
(2018/12/4 21:35時点)







1.お扇子が開けられない


これ、まさかという話なのですが、
始めたばかりのころはどんなにゆるいお扇子(※)でもなぜか開かないんですよ。

先輩方は何でもないように開けるのに、自分は持つ位置を変えてみたり押す場所を変えてみたりしながら悪戦苦闘。

多分角度と握り方の問題で、すんなり開けられる人もいるのですが、私は相当危なっかしかった

片手で開けられるようになるまでには少々かかった気がします。
初めてすんなり片手で開けられたときは嬉しくて、何度も開け閉め開け閉めしてしまいました。笑

IMG_20181204_224320
片手で開けたよの図。

(※)ゆるいお扇子
買ったばかりのお扇子は、要(かなめ:お扇子の全ての骨を止めている小さな釘)がしっかり締まっているので開けるのがやや固いのですが、使っていくうちにだんだんゆるんできて、そのまま放っておくと踊りながらお扇子が閉じてきてしまうほどに…。
購入したお店に持って行けば、職人さんが要をきっちり締め直してくださいます。使い心地は新品のように快適になります


2.「ざらり」でやらかすあれこれ


「ざらり」というのは、お扇子を開けるときの音。
片手で「ざらっ!」とお扇子を勢いよく開く、よく見る華やかなアレです。

この「ざらり」、初めてのときには当然ながらどうにもお扇子が開ききらず(今でも最後まで開かないことはしょっちゅうあるのですが笑)、
先輩を掴まえてはアドバイスをいただきながら、何度も練習しました。

これ、先に述べた「要がゆるむ」要因の最右翼なんじゃないかと。笑

そしてこの「ざらり」で、上手くお扇子が開ききらないままお扇子を投げると最悪です。

お扇子が開ききっていないということは、お扇子全体の重みのバランスが悪いということ。
その状況で投げたらどうなるか、想像に難くないでしょう。

はい、変なところに無様な落ち方をします

一度本番でこの失敗をやらかし、今でも悔いています…

IMG_20181204_224741
「ざらり」で開ききらなかったよの図。
紙が重なっているこちら側が重くなってしまうので、
この状態で投げるとお扇子が一気にバランスを崩します。。



3.「変な折りグセ」という絶望


買ったばかりのころから丁寧に開け閉めしていたはずなんですよ。
なのにですね、

突然変な折りグセが出現するんです。何が悪かったのだろうか…

お扇子を閉じるときの最後の一枚が、なぜだか逆にたたまれてしまうのです。

IMG_20181204_225020
この最後の一枚が、なぜか逆の方向に蛇腹折りに…

踊りの最中に開け閉めすることが多いため、一度このクセがついてしまうとどんどんその折り目が強化されていってしまうという悪循環。

お稽古中にこうなってしまった人を見ると、稽古場一同「あぁっ!」と絶望的な声を出します。笑

最後の一枚は、よくよく心して閉じないといけませんね。。


4.落としたり飛ばしたり


「お扇子を投げる」という振りが入ると、大概の人は落とします
何人かで一緒に踊っているときに一斉に落としたりすると、見ている側も踊っている側もつい笑ってしまう
お稽古を見ている方も「落とすだろうな」と分かっているので尚更おもしろいのです。笑

「落とすだろうな」と思う、ということは自らにも覚えがあるからで、
投げたあとに落とすのはもちろんのこと、予想外のタイミングでうっかり落としたり
くるくると回している間にふっとばしてしまったりということが何度もあるわけです。

その辺がお互いに分かっているので、お稽古でうっかり落としたり飛ばしたりしてしまったときは、お互い気兼ねなく笑っています^^


5.まとめ


日本舞踊に欠かせないお扇子。
よく使うからこそ、あるあるネタは山ほど出てきます。
特に初心者はまだお扇子と仲良くなれていないので、お扇子にまつわる失敗がものすごく多いのです

日々精進あるのみですね!引き続き頑張ってまいります。

日舞あるある③誤解を招く会話


サークル時代も、今のお稽古場でも、
お稽古前後にときどき
こんな会話が交わされます。

「私、初めての男なんでとまどってるんです…」
「分かる!私も男の経験少ないから不安!」
「私は久しぶりの男だから…」

はい、聞き捨てならないですね。

この会話、別に恋愛の話じゃないんですよ。

男の踊りの話なんですよ。笑

日舞を習い始めるとき、
(少なくとも私の知っている流れでは)まずは女の踊りを習って、
何曲か女を踊ってから男の踊りに挑戦するのですが、

足を開いて踊るなんて初めてで、
戸惑った覚えがあります。

そして、男の踊りを何曲か習ったら
今度はまたしばらく女だったりする。

そうすると男踊りの体の使い方をすっぽり忘れます。

久々に男の踊りを教えていただくと、
またゼロからやり直すような、
手探りな状態でふたたび男と向き合うことになるのです。。

「久しぶりの男」というのはこれです。

そんなわけで、
特に踊りを始めてからそれほど年数が経っていない仲間内では、
この「男」というワードが頻出する会話で盛り上がるのです。

そして大体
「誤解されるからこの話は外ではできないね!」
という結論で終わります。笑 

なかば、その誤解を招く表現のおもしろさに
あえて男おとこ言っている部分もありますけどね!

お稽古場には日々笑いが絶えません☀


プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール