ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

初心者

イヤホンガイドと筋書、どっちがいいの?歌舞伎歴1年の初心者が比較してみた

今更ですが、
イヤホンガイドデビューしました!笑

ずっと筋書を買っていたので、イヤホンガイドなしでも問題なく理解できていたのですが、今月は回数行かないこともあり、イヤホンガイドを試すにはうってつけだったのです。

どちらも使ってみて、それぞれの良し悪しが分かり、自分なりに「こちらが好き」というのが掴めたので記事にしてみました。




1.概要と価格


■イヤホンガイドとは


【価格】
利用料500円+保証金1,000円 計1,500円
※保証金1,000円は利用後に返金されるので、実質500円です。

その名のとおりイヤホンのついた小さな端末で、
舞台の進行に合わせて見どころや配役を同時解説してくれるものです。
台詞の大意を、適切なタイミングで挟んでくれます。

イヤホンは片耳だけで、ちゃんと舞台の音も聞こえますのでご安心を!
 
ちなみに開演前から、あらすじや物語の背景、舞台となる場所、モデルとなった人物などの解説が始まっているので、要チェックです。

■筋書とは


【価格】
劇場、公演にもよりますが1,000円前後〜1,500円くらいです。 

「筋書」とは、いわゆる公演プログラムのこと。
 
詳細なあらすじや細かな配役、見どころに加え、著名人によるエッセイや歌舞伎にまつわる方のお話、江戸文化のコラム、出演俳優のコメントなど、読み物としても楽しめるボリューム感です。

サイズはB5が主ですが、まれにA4の場合があります(以前観た新春浅草歌舞伎はA4でした)。 



2.メリットとデメリット


■イヤホンガイドのメリット


時間をかけて予習をする手間なしに、あらすじを理解しながら観劇することができます。

また、主役を見ていてうっかり見逃しがちな脇役の動きに注目させてくれたり、衣装の柄や細かな所作などを解説してくれたりするのは同時解説ならでは。

初めての観劇でも隅々まで楽しめる工夫がいっぱいです!
 

■イヤホンガイドのデメリット


音楽や舞台の空気感を全力で楽しみたい方は、少々欲求不満かもしれません。
 
役者さんの台詞に極力かからないようにしているためか、どうしても音楽(語り)のときに解説が入ってしまいます
また、柝が鳴って幕が開いて「いよいよ始まるぞ!」というときにも耳元で解説が聞こえているので、あのわくわく感がややそがれてしまう気がしました。 
 
当たり前といえば当たり前ですが、片耳がずっとイヤホンなので、音を100%楽しみきれない感じはありました


■筋書のメリット


あらかじめ読んでおけば、あとは舞台に集中して楽しめます。
 
また、イヤホンガイドでは解説しきれない細かい配役が書いてあるので、気になった役がどの役者さんだったのかを見直すことができます

見直すという点で言えば、舞台を見ただけで理解しきれなかったことを再確認できるのも便利なところ。
 
読み物としても非常に情報量が多く、公演が終わった後も読み返すことができるのも、筋書の楽しみの一つです。

■筋書のデメリット


大前提として、そもそも読むのに時間と頭を使います
登場人物が多かったり、話の筋が複雑だったりすると、一読しただけでは分かりにくいこともあります。

また、上演中に舞台が暗くなってしまうと手元が確認できないため、舞台と並行して内容を確認するにはやや不便かもしれません。

さらに、筋書は場所をとります。観劇当日には荷物になりますし、毎月通って買い溜めていくと片付けも厄介です。


3.私が選んだのは「筋書」でした


これだけデメリットの多い筋書ですが、
やっぱり私は筋書派だということに気付きました!笑

というのも、私は何よりも舞台全体の音と空気をまるごと楽しみたいという思いが強く、そうなると片耳が常にガイド、となるとほんのちょっと感興をそがれてしまうのです…

また、家に帰って読み直せるというのもポイント。
何度も歌舞伎を見に行くうちに、「あのときのあの役はどなただったんだろう」「あの場面ってどういう流れだったかな?」と振り返ることが多くなりました。
そのときに手元に残るものがあると、すぐに調べられて非常に便利なのです。
文楽の場合は筋書を買うと床本(台本のようなもの)がついてくるので、読み返しながら再び感動に浸ることができます。 

場所は取りますが、筋書が好きです。 


4.まとめ


私は筋書に落ち着きましたが、一緒に行った友人(歌舞伎2回目)は「イヤホンガイドの方が分かりやすかった」とのことで、好みやニーズは本当に人それぞれだと思います。

私とてイヤホンガイドが面白かったのはもちろんのことで、同時解説でなければ気付けないことや、筋書では読み落としてしまうであろう豆知識に出会うことができました。

いずれにせよ、初心者の観劇にはどちらもとてもためになるし、より楽しむためには重要なアイテムです。
ぜひ活用して、観劇をより一層充実したものにしましょう!!!
 

浪費と挫折と再起。私の着物歴②

昨日の記事(こちら)の続きです。

「着物を着ること」に早々と挫折した私。
そんな出だしのつまづきから、
だんだんと着物好きになってきた今に至るまでの話です。

先に結論を申しますと、
着物に積極的になれたのは

・着物を着なければならない回数が圧倒的に増えたこと
・特別じゃない日に着るようにしたこと

が大きかったと思います。


1.お稽古=絶対に着物を着る時間


大学を出てから今のお稽古場に来て、
今まで週1回だったお稽古が倍以上になりました。

日舞のお稽古は浴衣か着物なので、
当然、和服を着る機会も倍以上。
お稽古場には、着方を直してくださる先輩方もたくさんいます。

そういう中で、
「着物を着る」ということ自体のハードルが
徐々に低くなっていきました

やっぱり(半強制的にでも)数をこなすと違います。
「着物を着るってこんなもんなのか!」と、
いい意味で軽く構えられるようになります。

特に、大学時代は基本的には浴衣でのお稽古だったため、
今のお稽古場で着物も着るようになったことで
お稽古に合わせて短時間で着物を着付ける、というのが
とてもいい訓練になったのではないかと思います。


2.「特別じゃない日」こそ着物日和!


これに気付いて、随分気が楽になりました。

着物を特別な服にしてしまうと、
どうしても気負う。
失敗が怖くなる。

合わせ方が間違っていないか、とか、
着方が汚いんじゃないか、とか。 

でも、友達と遊びに行くときや
一人でぶらぶらお散歩をするとき、
何なら家で一日何もしない日だっていい、 
「いつもの日だけどちょっとテンションを上げたい日」
に着てしまえば、失敗したってそれほど恥ずかしくない。

そもそも普段着の着物は
そんなに堅苦しいきまりがあるわけでもなし! 

(ちなみに特別な日の着物の難しさについては
この記事で嘆きました。笑)

たとえて言えば、

一人のときに思いつきで適当な料理を作ってみて、
あんまり美味しくなくても
温かいからまぁいいか!みたいな感覚でしょうか(料理下手)

いろいろな着方や合わせ方を試すのに、
「特別じゃない日」はもってこいなのです。

ここにプラスして、
おしゃれな友人が着物にはまったことも
私には幸いでした。

彼女たちとどんどん着物で出かけ、
その着こなしを見ながら、
ファッションセンスのない自分も
徐々に「かわいいもの」に目が慣れていったというか、
「こういう合わせ方はいいかもしれない」
というのがおぼろげに見えてきたのでした。 

これもやっぱり普段着の着物ですよね。
ちょっと遊びに行こう、というときに
気軽に着物を着てみる。

お互い初心者なので、待ち合わせに遅れたら
「あぁ、着付けに手間取っているな」
とお互いが何も言わないうちに分かります。笑 

格とか季節の柄とかにこだわりすぎずに、
かわいいと思えるもの、
これを着ていると嬉しい、と思えるものを
いつもの気持ちで着る。

一度そう考えられるようになると、
俄然 着物が楽しくなってきました。

正しいか正しくないかではなくて、
好きか嫌いかの軸
で着物を選べば、
出かける前に着物のコーディネートを考えるのも
わくわく嬉しい時間になるのです。

***

そんなわけで、私が着物を楽しめるようになったきっかけは
とりあえず数こなしてみること、
そして着物を特別じゃないものにすること。

そしてごちゃごちゃ考えずに、
まずは好きなものを「好き!」と思って着ること! 

もちろん未だ分からないことの方が多くて、

先日も外してはならないしつけを解いてしまったばかりだし、
京袋帯なるものもついこの間知ったばかりです。

踊りや歌舞伎の公演など「特別な日」には、
まだ着物を着る勇気が出ない。

でも、それでも着物が好きなんです。

着物を楽しむ日々は始まったばかり。
これからどんどん着物を着て、知識を増やして、
今よりももっと気軽に
着物を着られるようになりたいな、と思っています。
 

浪費と挫折と再起。私の着物歴①

着物を「よく着る」ようになってから
たぶん2年ほどしか経っていないのですが、
「着物を着始めたころ」というと、実はちょっと遡ります。

日舞を始めた、大学生の頃。

週に一度のサークルのおかげで、
浴衣を自力で着られるようになったのが嬉しく、
着物も着てみたくなったのでした。

しかし、ここからすんなりと
着物にはまったわけではないんですね。

ここからの日々をざっくりと分けると、
浪費の時期と、
挫折の時期と、
再起の時期とになるでしょうか。

小心者でおしゃれ下手な私の
6年近くにわたる着物との距離を、
2回に分けて語ります。

本日は浪費期と、挫折期のこと。 

ちょっとネガティブな話になってしまいましたが、
今では(まだまだ分からないことだらけではありますが)
着物が大好きになりましたので、

どうか着物を着始めたばかりの方も
この記事だけを読んで不安にならないでください!!笑  


1.浪費期〜着物が着たくてとにかく買いまくる〜


最初の着物は、友人にいただいたもの。
幸い着物好きが身近におり、
お下がりをもらうには不自由しませんでした。

しかし、合う帯が分からない。

それを探すために、
リサイクル着物のお店に入り浸るようになります。

生来のおしゃれ下手なので、
店員さんのアドバイスに頼って
いろいろ買ってみる。

まだどの色が必要で
どの色が足りていないのかも分かっていないので、
この時期は本当にいろいろ買いました。

たくさん買って、たくさん着ようと思っていたんですね。

買ってみては
「今度これを着てみよう!」
「これは合うに違いない!」
と思いつつ、
なかなか着る機会を作れないまま日々が過ぎていきました。


2.挫折期〜正しい着こなしが分からない!〜


さて、いつ着ていくか。
何を着ていくか。

それを考えたとき、ふと思ったわけですよ。

何か着物の格とか季節とか、
全然理解してない!

買う前に気付くべき話ですが、
そういうの、分からないんですよ。

何を分かって着物を揃えていけばいいのかが分からない。

とりあえず「着物を着られる状況を整える」ことに勤しんでしまうのです。

そこで私は、着物屋さんが企画している
着物はじめて講座的なものに行ってみました。

着物の時期と種類、
織りと染め、
訪問着から普段着までの格、
紋の話…等々、

アットホームな空間で、いろいろ丁寧に教えていただきました。
すごく分かるようになった気持ちで帰ってきました。

が、

家に帰って自分の着物を見てみると、

「で、これはどれに分類されるの?」
「結局この着物にこの帯はどこまで出かけていいの??」

と、やっぱり分からないことだらけ。

おまけにファッションセンス皆無ゆえ、
「はたしてこのコーデは合っているのか…?」
というのがいまいち掴めない。(これは今でも)

そんなこんなで
だんだん着物を着るのが不安になってきてしまい、
「着物でお出かけ」のわくわくが
少しずつ遠ざかっていったのでした。

*** 

これが、着物を着始めて
1〜2年のころでしょうか。

あのころ揃えた帯や着物、
うまく活用できなくて、
大して着ないまま売りに出してしまったものもあります

もったいない気もしますが、
それもまた勉強だったんですよね。 

(お金を払わずに着物なんて上手に着られない、というようなお言葉を
幸田文さんの本で読んだ気がするのですが…記憶違いだったら申し訳ない。)
 

*** 

そんな私ですが、
ここ2年くらい、年に何度かは
友人たちと着物で出かけるようになりました。

お出かけの前に、ああでもないこうでもないと
コーディネートを考えている時間が
楽しくて仕方ない。 

着物って楽しい、着物が好き。
そう思えるようになった流れは、
次回に続きます!


*初心者から初心者への一言アドバイス*

新たに着物や帯を買うときは、
合わせたい着物・帯をお店に持っていくことを強く強くおすすめします!!
特に私のように、あまりファッションに自信がない方は必須ですー!
着物を持ち運ぶのは重いですが、頑張りましょう★

「着物は自由だ!」は本当か?着物初心者のためらいと願望


着物をよく着る人に、
「着物なんて自由だよ!」
と言われることが結構よくあります。

もともとは普段から着ていたものなんだから。
洋服と同じように自由に着れるんだよ、と。

そうか!と安心もするのですが、

やっぱり難しいところもあるのが現実だと思います。

だって、洋服でもTPOってあるじゃないですか。
深夜のコンビニにパーティードレスを着ていったり、
ホテルディナーに部活のスウェットを着ていったりしないですよね。

言い過ぎと思われるかもしれませんが、

このレベルで分からないんです。

着物のどこまでが「スウェット」的な立ち位置で、
どこから「ドレス」的なものになるのかが
いまいち理解しきれていない。

「これは合わせない」
「ここに着ていくのにこれは不自然」
みたいな最低限の暗黙のルール
まだまだ掴めていません。

(さすがに「ドレスにジャージを合わせる」みたいな
とんちんかんはやっていない、と思うけれど…
気付かないうちにやってるのかな😭)


それを思うとなかなか踏み出せず、
着る機会を逃しがちです。

普段友達と遊びに行くようなときは、
あまり考えなくても、
気軽な着物に半幅帯
という組み合わせで出掛ければいい。

(ちなみに自分の中で「気軽な着物」とは、
ウール、ざっくりした紬、ポリの小紋
季節によっては浴衣

けれど例えば
「舞踊の舞台を見に行く」
「歌舞伎を見に行く」
となったとき、
何を着るのが適切なのかが分かりません。

そうなると無難に洋服になるし、

どうしてもそのような場に着ていなければならないときは、
詳しい方にお着物一式を借りています。笑

でもですね、

いつかはちゃんと、自分の着物でお芝居を観たいんですよ。

なぜかというと、

以前ブログでご紹介した
坂東三津五郎さんの本この記事に、
とある本番のときに大勢のお客さんが着物で来て、
それが「ハレの感じ」がした
、というお話があったから。 

着物で行きますとも。

*** 

着物は、完全に自由では絶対にない。

TPOがあるのは洋服も同じですが、
 
着物のTPOを身につけ、
さらにそれを自分の着物で実践するには
知識と時間の蓄積がいると思う。

けれど、そのちょっとした「不自由」を
惜しまないようにしたいと思います。

まずは、いろんな場所で
着なれた方がどんなものを着ているのか、
よくよく目を凝らすことから。

徐々に自分でもその場に応じて、
適切なものを着られるようにしたいものです。

芸術祭十月大歌舞伎・夜の部 千穐楽に行ってきました!〜初心者が語る観劇の感想〜

今月の歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」の
夜の部、千穐楽に行って参りました!

IMG_20181014_022646

十八代目・中村勘三郎さんの追善公演とあり、
会場の外にはたくさんの勘三郎さんのお写真。

IMG_20181025_223752
 
シネマ歌舞伎などの映像を見るにつけ、
生で拝見したかったという思いが日に日に強まっています。

***

さて、夜の部の演目は
「宮島のだんまり」「吉野山」「助六曲輪初花桜」

初めての一階席で、存分に楽しんできましたよ!
 




■初心者が楽しめた演目は?


どの演目も華やかで、
特にあらすじを見なくとも楽しめましたが、
 
一番楽しかったのはやはり助六でしょうか。

ずらりと並んだ傾城5人の美しさ
そのはるか上をゆく揚巻の衣装の絢爛ぶり
助六が要所要所でかっこよくきまるところ、といった
舞台の見ための華やかさに加えて、

揚巻の意休に対する悪口雑言高笑い
助六の兄への喧嘩指南
助六たち兄弟が意図せず母に会ってしゅんとする場面など、
笑いどころもたくさんありました!


■私はこう見た!ここが好き!


*宮島のだんまり


これは舞台の華やかさを楽しむ演目と割り切りました!笑

というのも、役柄は筋書きに書いてあるのですが
特に台詞を交わすわけでもないので、
誰が誰だか分からない

衣装から見当をつけて、
「赤い着物にきらきらの髪飾りだから姫かな?」
と当てはめてみはしましたが、
登場人物が多すぎて途中で断念しました笑

でも、本当に舞台は豪華ですよ!

あんなにたくさんの役者さんたちが、
様々な役の衣装を着て、
舞台に横一列に並んで一斉にきまる。

それだけで楽しいです。見ごたえがあります。

それから、お芝居が始まる前に
幕の前に三味線と唄の方が
お一人ずつ出てきて演奏するのですが、

この三味線の弾き方が非常にかっこいい。 

台みたいなものに片足を乗せて、
裃をつけて三味線を鳴らす姿
に惚れ惚れします。 

圧巻は、最後の花道。
照明を落として、ろうそくの光の中で、
すっぽんから中村扇雀さん演じる
盗賊・袈裟太郎が出てきます。

目当てのものを手に入れて、
不敵な面持ちで勢いよく花道を帰っていく。

動きに迫力があって、テンションが上がります!
「うわぁーきたきたきた!!」という感じ。
歌舞伎はこういうところが楽しい。

ちなみに「だんまり」とは、
「闇の中という設定で、無言で、
登場人物同士が探り合い、宝などを取り合う芝居」
のこと
を言うようです(筋書より)。 

サンリオピューロランドの「KAWAII KABUKI」でも
まさかのだんまりがあってちょっと驚きました。笑 


*吉野山


『義経千本桜』の一場面。
先日Eテレの「にっぽんの芸能」で、
文楽の同じ場面を放送していましたね!
それが予習になったのもあり、楽しめました。 

忠信が狐の本性をちらちらと見せる様子が
かわいくもあり、哀しくもあり。

何たってこの忠信、
静御前の持っている鼓に
自分の親狐の皮が使われて
いて、
その音にひかれて静御前についていっているのです。 
どんな気持ちで鼓の音を聞いているんだろう。。 

坂東玉三郎さんの、静御前落ち着いた美しさと、
中村勘九郎さんの、の愛嬌と忠信としての凛々しさ。

屋島の源平の合戦を語るあたりからは
音楽も雰囲気が変わり、
義太夫三味線の太い音が聞こえてきて
一気に勢いと迫力が出てくるような気がしました。 

そして途中から登場する、
坂東巳之助さん演じる追っ手の早見藤太も、
下の者を大勢引き連れているにもかかわらず
なかなか弱くておもしろかった。

最後、花道にいる忠信が
本舞台の上の早見藤太に笠を投げ、
それを見事に藤太がキャッチしたときには
会場が沸きましたね✨


*助六


上にも述べましたが
今回もっとも楽しめた演目。

楽しめた一因として、
一度、市川団十郎さんの助六の映像を
観たことがあった、というのが挙げられます。

やっぱり筋を知っていると安心して楽しめる、というのはあります。

そしてこれはもう文句なく、ずっと楽しかった。

まず片岡仁左衛門さん演じる助六の素敵なこと!
きまるところの美しさはもちろんのこと、
意休に喧嘩を売るときのやんちゃそうな喋り方とか、
喧嘩指南のときの啖呵の威勢の良さとか、
しみじみと素敵でした。

通人が助六の股をくぐり終わるときの、
助六の颯爽とした足さばきも好きでした。
ひょいっと足をずらすんですが、
その何気なさがいい。(細かい)

それにしても吉原のど真ん中で
見ず知らずの人の股をくぐらされるなんて
控えめに言って最悪ですよね。


同じく助六の動きの話でいうと、
兄に喧嘩の仕方を教える場面で
「こりゃまた なーんのこったい」という助六のセリフがあるのですが、
このときの動きのキレが好きでした。笑

中村勘九郎さん演じる助六の兄・祐成(すけなり)の登場から先は
笑いどころが特に増えて、楽しい。

兄弟で全然性格が違うのですが、
兄の方がおっとりと弟・助六を真似るので
そのギャップが全てにおいて面白い。

祐成がうまくきまれなかった場面では、
勘九郎さんの体の柔らかさがよく分かって
尊敬の念を新たにしました。

坂東彌十郎さん演じる通人が泣かせましたね。
近くに座っていた方も、何人も涙を拭っていらっしゃいました。

 

■まとめ


今回は一階席ということもあり、
とても役者さんの距離が近くて
いつも以上に気持ちが盛り上がりました!

歌舞伎を好きになって良かったな、と心から思える
見どころいっぱいの公演。
ますます歌舞伎が好きになりました

この楽しさがあるから、歌舞伎は中毒性がありますよね…。


プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール