ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

観劇

自分の感想と向き合うことについて。

和ものの話ではないのですが、
歌舞伎や文楽を観に行くにつけ
最近よくこの問題にぶち当たります。

ちょっとこの場をお借りして雑感をば。 

***

先日とある舞台を観にいったのですが、
周りが誰も泣いていない中で一人、
ぼろぼろと涙してしまいました。

伝統芸能にしろ現代演劇にしろ、
はたまた本や漫画や映画にしろ、
こういうことがときどきあります。

涙というのは正直です。
アタマを介さずに、本心を教えてくれます。

***

世の中には、批評家がたくさんいます。
特に今は誰もが意見を公開できる、
一億総批評家時代だと思っています。

そのなかで、弱い私はついつい「正解」を探してしまうのです。

自分が良いと思ったものについて、
これを良いと発信することは世間的に見て正しいのか。

自分の見方は間違っていないのか。

本当は、こんなに作り手に対して失礼なことはないのに。
駄作だと思ってものを作る人なんていない。
みんなより理想に近いものを目指して
仕上げていった作品たちに違いないのに。

大概の場合、批評家ではなく
「批判家」に踊らされてしまうのがまた、哀しい。

(もちろん肯定的な意見があれば否定的な意見もあるのも道理で、
私自身 巷で「いい」と言われているものが
全く好きになれないことも多々あります。)
 

***

どんなことを言えば大人に気に入られるのか、
子供のときから何となく分かっていました。

「正解」が分かると、特に小学校では何かと便利で、
あんまり深く考えずともそれなりの成績はとれるし、
そこそこいい思いもできるのです。

それがつまらないことだと気づいたのは、
小学校高学年の頃のこと。

何かを観たり、誰かの話を聞いたりした感想を
クラス全員分まとめて配られたとき、
自分の感想がいつも明らかにつまらない。
上っ面を撫でたようなことしか書けず、
耳障りのいいことしか言えず。

きっと無難なことは書いていたのでしょうが、
少しも本心ではなく、何の深みもないことは
よくよく自覚していました。

しかし悪い意味での「三つ子の魂」とでも言いますか、 

こんな大人になった今でも、
つい「正しい」「受け入れられる」感想を求めてしまう。

情けないですね。

あの頃 大人に気に入られるかどうかなんて、
大人になってから自分でものを感じ、考えることに比べたら
はるかに取るに足らないことなのに。

***

遠回りしてしまいましたが、

だから私は、今回の涙が嬉しかった。

周りと違う反応だったし、
浮いていたかもしれない、

それでも抑えられなかった涙は
明らかに自分だけのものです。

自信を持って自分の感想を言えるようになるには、
多分まだまだ時間がかかります。

それでも一つずつ、自分の素直な感情に向き合いたい。

ブログという場は、そんな自分にとっては
いささか刺激が強いものではあるのですが、
流されないで自分の意見を言い続けられるように努めます。


文楽「夏祭浪花鑑」を観てきました~観劇の感想~

以前、この記事で触れた「夏祭浪花鑑」

歌舞伎の方を観た直後に、
これを文楽で観てみたいと直感のように思った作品です。

念願叶い、国立劇場・九月文楽公演の楽日に行ってまいりました。

IMG_20180924_233220


いやもう、素晴らしかった

全編通して、情と心意気とどうしようもない因果とに
何度も目頭が熱くなりました。

***

圧巻だったのは、やっぱり「長町裏の段」
だんじり囃子が聞こえる中、
団七が、泥にまみれながら舅である義平次を手にかける場面です。 

義平次の執拗な嫌がらせと、子供じみた言いがかり。
それを「舅も親」と懸命に飲み込もうとする団七。
それでも悔しくて悔しくてならないのが、
「こなたは、こなたは、こなたは……!」という詞章で痛いほどわかる。

その後の泥沼義平次殺しの場面は、
語りは何もなく、煽るような三味線とお祭りの賑わいだけ。

大音量で華やかに盛り上がるだんじり囃子と、
「チョーサァ!ヨーサァ!」という大勢の掛け声が、
ただでさえ凄惨な場面に息を詰めているこちらの心拍数をさらに上げていく。

ことが終わって神輿が去り、祭り囃子も遠のき、辺りが静まり、
殺してしまった義父に「南無阿弥陀仏」と手を合わせる団七。

一瞬の静寂ののち、

「八丁目、指して」

の「は」の一音でがばっと我に返る、あの勢い。

心臓わしづかみでした。

***

このお話で好きな登場人物は、何と言っても
徳兵衛とその女房・お辰。 

男伊達とその妻なのですが、
これが非常に肝の座った、よくできた者どうしの夫婦です。

お辰は一場面だけしか登場しないのですが、
一度決めたことを貫くために、自らの美しい顔を犠牲にする強さは
どの登場人物にも負けないインパクトがあります。

吉田簑助さんのお辰、どの瞬間を切り取っても美しく、絶品でした。

徳兵衛は、主人公団七と義兄弟の契りを交わした相手。 
最後の「田島町団七内の段」での侠客っぷりが見事です。

団七の舅殺しの罪を知った上で、
あの手この手で、自分が悪者になってでも団七を逃がそうとする徳兵衛。
なんと義理堅いことでしょう。 

最後の場面、屋根上で団七を捕らえるふりをして
銭を渡し、玉島へ逃げるよう囁く徳兵衛のかっこいいこと。

***

「田島町団七内の段」 では、団七の女房・お梶も泣かせます。

夫に親を殺されるという、あまりに辛い板挟みの立場のお梶。
それでも夫の罪を少しでも軽くするために、
三婦や徳兵衛の芝居にのってみせるのです。

この場面でのお梶の言葉が、どれも胸に刺さる。

この流れで言うのもアレですが、
歌舞伎の立廻りと違って人形だと
倒された者たちが容赦なくぽいぽい飛ばされていくので、ちょっと面白かったです。

***

文楽は、筋書を買うと床本がついてくるのがいいですね。
心に残った場面や、理解が不安だった場面を振り返るときに、とても便利。

IMG_20180924_233110

 
圧倒されっぱなしで、本当にあっという間に終わってしまった4時間半。

しばらくは何にも触れずに、この余韻に浸っていたい。

痺れました。

 
プロフィール

わこ

◆東京都在住╱地味目のOL (平成生まれ)。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇2年目、毎月何度か劇場に通う日々。
◆着物好きの友人の影響で、着物でのお出かけが増えてきた今日この頃。

Twitter プロフィール