ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

草履を誂えました!@丸屋履物店さん


大変お久しゅうございます。わこでございます。
落ち着きのない世の中ですが、お元気でお過ごしでしょうか?

さて、わたくしちょっと嬉しいことがございまして。あのですね、

草履を誂えたんですー!!!やったー!!!

フォーマルな草履がほしい!と思うタイミングが、ここ数年増えていました。

たとえば、ちょっとかしこまった場に出席するとき。
歌舞伎座の一等席に行くとき (=三等席が取れなかったとき。笑)。
そして、友人の結婚式。

今持っている草履も大好きな二足ですが、台の高さや花緒の柄など、ちょっとカジュアルで、着物にも場にも合わなかったんです。

そんな時に頼るのは、、
そう! 丸屋履物店さん!!!

以前下駄の花緒をすげかえていただいたり、郡上踊りで履いた下駄を誂えていただいたりしたところです。



今回はどんな草履に出会えるのか、わくわくしながらお店へ。

台を選んで、花緒を選んで、という順番になるのですが、予想通り台の時点で迷いに迷い。笑
フォーマルだと白やクリーム、薄ピンクなどが定番かと思うのですが、出していただいた藤色の台が美しくて魅力的で、、でもフォーマル草履一足目にしては少し冒険かしら、という気持ちもあり、、


花緒を合わせてみて考えようということになりました。
いろいろ出していただいて、台の上に置いてみて、、

DSC_0065~2

激迷。
 
右に見えているのがクリーム・白系の台です。間違いはないんだろうけど、
左の藤色にやっぱり惹かれる……!

ちなみに、フォーマルの定番はエナメルの花緒のイメージですが、それだと結構足が痛くなってしまうのです。
丸屋さんには、フォーマルでも使えるような綿入りの花緒がたくさん揃っていて、そこも本当にありがたいポイントです><

さんざっぱら迷った結果、置いた瞬間に思わず「あーかわいい!!」と声が出たこちら↓

DSC_0066~2

この組み合わせにすることに!

五代目・六代目さんがその場で早速すげてくださいます。

ありがたいことにお写真OKいただいたので、職人さんの手仕事を……!

DSC_0067~2

DSC_0069

あぁ、いつまでも見ていられる、、
徐々に出来上がっていくのが嬉しいです。わくわくが募ります。

一度サイズを確認。

DSC_0070~2

 
はいかわいいーー!!!(サイズそっちのけ)

やっぱり実際にすがるとぐっと雰囲気が変わりますね!

ここから仕上げていただくのですが、その間に若女将さんとお話しさせていただきました。
というのも、私はこのお店と若女将さんのTwitterがとても好きで!
お店のアカウントでは、毎日誰かのこだわりの詰まった下駄が紹介され、若女将さんは毎週着物と履物を合わせたコーデを何種類か上げていらっしゃるのですが、
大好きなものを身に着ける幸せが感じられて、ものすごくうきうきするのです。
…という気持ちが溢れてお伝えせずにはいられず。笑

さて、そうこうしているうちに出来上がりましたよ!
完成品がこちら!!!

DSC_0137~2

DSC_0138~2



わーーーーい!!!!かわいいでしょ!かわいいでしょ!!!

できあがったときに、五代目さんが力強く
「これはいい草履だよ!」
と言ってくださったのが、なんだかすごくすごく嬉しかったです。 

先日、早速友人の結婚式で履かせていただきましたが、足当たりがとてもよく、品よく足元に寄り添ってくれました。

きっと長いお付き合いになる大切な一足。
大事に選べて本当に良かったです。

丸屋さんありがとうございました!!!


 

ART歌舞伎が素晴らしかった話。


お久しぶりです、と書き始めるのももどかしいくらいとにかく素晴らしかったので、大変失礼ながらもう一切合切抜きにして語り始めますね。

本当に本当に、配信でこんなに心打たれるものが、しかも新作が、今この時期に観られるとは思わなかった。

あの熱さ、美しさ、、
泣けて泣けて仕方ありませんでした。 

ART歌舞伎 公式サイト
↑ここから、7月19日(日)18時までアーカイブのチケットが買えます
7月19日(日)23時まで観られます!!

少しでも興味があるなら、どうかぜひ観てほしいです。

あらゆる文化芸能が行き詰まって、心が疲れてしまっている今こそ、ぜひ観てほしい!! 


***

ART歌舞伎とは何ぞや、という説明はもう公式サイトを見てください(丸投げ)
早くしないと自分のこの気持ちがどこかに逃げてしまうので、まずは語らせてください。一曲ごとに!!!


1.四神降臨

曲も踊りも文句なくかっこいい一曲で幕開け。

どの瞬間も観ていて気持ちがよくて、やっぱり踊りが大好きだ!!!と心から思った作品です。
そういう新作の踊りが観られる幸せと言ったら!(楽しみにしていた日本舞踊の公演がことごとく延期になってしまっていたので。。)

四神それぞれの一人踊りがあるのですが、それぞれ箏(中井智弥さん)、笛(藤舎推峰さん)、津軽三味線(浅野祥さん)、太鼓(山部泰嗣さん)の楽器に合わせて踊るのです。

これがすごくて。

それぞれの楽器の間、踊りの間ってあると思うのですが、楽器と踊りとの融合が見事で、「うわ、その音でそうやって動くのか!」というのが面白くてかっこよくて。

踊りはやっぱり楽しい。かっこいい。どこまでも可能性がある。

収録日は雨だったのですが(※屋外の能舞台での撮影です)この作品において雨は「生憎のお天気」ではないんです。
偶然拾われた雨音の、何とふさわしいことか。
映り込む雨すら、まるで演出であるかのような美しさです。

夜の能舞台、というところがまた儀式のような雰囲気を高めていて、とにかく曲・踊りに加えてシチュエーションまで完璧に噛み合っていました

シチュエーション、と書きましたが、でもやっぱりこれは劇場で生で観たら、また全く違った良さがあるんだろうな。
客席も一緒に熱くなるんだろうな。うわぁっと拍手が起こるんだろうな。
映像を観ながら、ちょっとそんな劇場の空気を勝手に感じていました。


2.五穀豊穣

浅野祥さんによる民謡と三味線、山部泰嗣さんの太鼓で奏でられる音楽。

これはぜひ生で聴く機会がほしい。生で聴いたら、音圧にやられること間違いなしです。
配信で観るときは、イヤホンもしくはヘッドホン推奨
私はヘッドホンで、結構な音量で聴きました。打楽器好きの血が騒ぐ。

地を轟かすような太鼓。
これまでの鬱屈した日々を切り拓くような三味線。

これなら、この音楽があるなら、ちゃんとまたいろんなものが蘇るはずだと思えるような力強さとエネルギー。

めちゃくちゃかっこいいです。もう言葉はいらぬ。


3.祈望祭事

これは途中から三番叟の節で、お扇子(これも作品に合わせた装飾に驚く)と鈴で踊るのですが、ここから先のエネルギーがすさまじい。
今しか出すことのできない熱量にガツンとやられてしまうんです。

いつもとは違った楽器編成で奏でられる三番叟、どんどん早くなっていって、踊りもどんどん激しくなっていって。

これまで何ヶ月もずっと堪えてきた想い、今こうして舞台を創り上げることができる歓び、そういういろんな感情が一気に爆発したような時間

その力に触れたのが、私は何だか嬉しくてたまらなくて、泣けるドラマがあるような演目ではないのに、涙が止まりませんでした。

ただもう、ありがとう、という気持ち。

多分、この踊りでこんなに泣けてしまうのは、今だからなんだろうな、と思います。
この踊りにあれほどまでのエネルギーが溢れているのも。

もちろん作品としてとても好きなのですが、これを今観ることができたことに、とても大きな意味があると思うのです。


4.花のこゝろ

見事。の一言に尽きます。(と言ってがちゃがちゃ語りますが)
一本の良質な映画を観たような充足感と余韻。映画と比べるべきか悩むけれど。。

陰翳や、思わぬところのアップなど、映像でなければ叶わないような繊細な表現に何度も感嘆しました。
写真だけ見ると奇抜な拵えかもしれませんが、全く負けていない、違和感がない、むしろこれでなければ成り立たなかったような気にすらさせる世界観。

中村壱太郎さんと尾上右近さんが踊りで紡いでいく世界はどこまでも濃やかで、切なくて、表情一つとっても一瞬たりとも見逃せない。

そしてクライマックスの花柳源九郎さんと藤間涼太朗さんお二人の踊り、たまらなく心揺さぶるのです。
お二人の手許だけがアップになる場面があるのですが、私はここで涙腺崩壊でした。これネタバレになるんですかね、言わない方がいいんですかね。。

でもこれだけは言いたい、手許だけでこんなに胸打たれるのは、映像だったからなんです。
舞台では、ここまで手許がクローズアップされることはほぼないと思う。
一連の物語を観てきて、一番感情が盛り上がってきた場面で踊るお二人の、あの指先に込められたものを思うと切なくて。。

あと、この「花のこゝろ」、特筆すべきは音楽なんです。
兎にも角にも曲がいい。

二十五絃箏の中井智弥さんの楽曲が使われているのですが、彩り豊かで目が覚めるようで、もうこの演目にはこれ以外にない、というドラマティックさ。
演奏も熱くて、舞台にいるすべての演者さんの熱量がぎゅっと凝り集まってぶわっと広がるような、映像であるにも関わらずその熱がこちらにも直に届いてくるような舞台でした。

演者さんだけでなく、関わっているすべての方々の思う方向性、傾ける気持ちの量が、がっちり合っていらしたに違いない。

アートを、芸術を、芸能を、絶対にここで途絶えさせてはならないんだと、観終わったあとに強く思いました。

あぁだめだ、言葉が足りない。。どうしたら伝わるんだろう。。

***

正直、観るかどうかぎりぎりまで迷ったんです。
チケット買ったの、配信1時間前ですからね(割と本気のぎりぎり)

というのも、配信公演というものが私はどうしても苦手で。
チケットを買うのも、映像を観るのも、デジタルが苦手な自分にとっては何だか億劫な気がしてしまって…その上、舞台の臨場感にはやっぱりどうしても敵わないし。

と迷いに迷いつつ、でも壱太郎さんと右近さんだよな…きっと間違いないよな…えいやっ!とチケットを買った結果、

観終わった翌日の今日も一日余韻に浸っています。

あまり良くないことと思いつつ、見逃し配信でぎりぎりまで観させていただいて、またぼろぼろ泣いて。

あー、歌舞伎が好きでよかった。
踊りが好きでよかった。
思い切ってチケットを買ってよかった。

ART歌舞伎に出会えて、本当に本当によかった。

見た目でちょっと引いてしまった方、観終わったら絶対「このアートワーク以外にない」と思っているはずです。
「新作より古典の方が好き」という方、私もそうですよ。
配信に抵抗がある方、この作品は映像で観るからこその良さがいたるところに詰まっています。

もちろん生の舞台が大好き。
でも、この作品に関しては、映像として残していってほしいと心から思います。

このブログを随分止めてしまって、この先どうしようと思っていたところで出会ったART歌舞伎。
どうしても書いておきたかったんです。そういう作品だったんです。

もう一度リンクを貼らせてください。

ART歌舞伎の公式サイト

今、この時節にこの作品を作って届けてくださったことに、心から感謝しています。


 

「江戸風俗人形展」(@下町風俗資料館)行ってきました!


これは絶対見ておきたかった展示なんです!

吉原の妓楼が、小さなサイズで再現されているという…!!

ミニチュア好きかつ江戸好き、芝居好き、踊り好きとしては、見ない理由が一つもない展示なんです。

見てくださいこの!この!!リアルさ!!!

IMG_20200218_164359

一階に籬があって、格子の向こうに遊女がいて。
階段の先の二階には廊下と部屋があって。

この時点で、踊りの歌詞の理解がだいぶ深まります。
「籬」って何なのか、「キセル」ってどう使うのか、二階で手を鳴らすってどういう光景なのか…。格子を覗く振りの意味が理解できたり。

奥には建物の説明パネルもあって、なるほどこういう中で物語が繰り広げられていたのかと、歌舞伎や踊りのイメージが浮かびやすくなりました。

中で生活している太夫さんたちの様子も見られて、何だか覗き見している気分…
IMG_20200218_164712
IMG_20200218_182511_057
 
 
で!

ここから先はただのミニチュア好きの叫びですが!笑

DSC_1315
お雛様ー✨

IMG_20200218_165053
ぶたさんの蚊遣りー✨(太夫さんの奥…見えます…?)

IMG_20200218_165008
調度品の細かさ✨

たまらないですね…!!
いつまでも見ていられる…!

***

2/24(月祝)までの展示でした。。
すでに終わってしまい、期間内にご紹介できなくて本当に申し訳ないのですが、きっといずれまた展示があると思うので!!
そのときにはぜひ!ぜひぜひ!!


プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇5年目。このご時世でなかなか劇場に通えず悶々とする日々。
◆着物好きの友人と踊りの師匠のおかげで、気軽に着物を着られるようになってきた今日この頃。

読者登録
LINE読者登録QRコード