ほんのり*和もの好き

歌舞伎や文楽、日本舞踊、着物のことなど、肩肘張らない「和もの」の楽しみを、初心者の視点で語ります。

初めて歌舞伎★思い出しルポ②〜当日編

【New】2018.11.20 国立劇場3階席からの見え方と、筋書の販売場所についての情報を更新しました。

先日の「初めて歌舞伎★思い出しルポ①〜きっかけと演目の選び方編」 に続き、
第2弾は「当日編」です。

持って行ったもの、買ったもの、
当日の過ごし方について思い出します。思い出しますとも。


renjishi_redrenjishi_white
 


・持って行ったもの
 


特に何も!笑

ただ、このあと書きますが
初心者は筋書(=パンフレット)があった方が絶対楽しめる!
ので、A4が入るカバンで行った方が良いと思います。

(歌舞伎の筋書きは今のところどれもB5だったのですが、
一般的にA4のプログラムが主かなぁと…大は小を兼ねるんで…)


・あると良かったもの〜オペラグラスはあると尚良し



私は2階の席をとったのですが、
オペラグラスなしでも問題なく見えました。

ちなみに国立劇場は、3階でもわりとよく見えます。見え方はこんな感じ↓
IMG_20181118_151543
3階前方からの眺め。花道も十分に見えますね!

ただ、細かい表情や衣装、小道具などを観たい場合は
オペラグラスがあるとなお良かったと思います。

※倍率は3倍で十分。舞台がちょうど収まるくらいです。

初めて歌舞伎座に行ったときに10倍を持っていってしまい、
倍率が高すぎて少しも見えなかった想ひ出。
(定式幕の縦線が6本見えるか見えないかレベル)




・当日買ったもの〜筋書は必須!!



これはもう、筋書だけでブログを書ける勢い。
初めてなら、絶対「筋書」があった方がいい!!!

※筋書(すじがき)とは
IMG_20180717_222428

プログラムとかパンフレットみたいなもの
1,000円〜1,500円くらいで、入り口付近に売っています。
(国立劇場は2階売店でも販売。
歌舞伎座は地下と幕見席にあるのは確認済みです。
他の階でも販売していると思うので、確認次第更新します。)

あらすじ、人物相関図、配役といった必須情報から、
役者の写真と舞台へのコメント、
舞台写真や豆知識のようなものまで、
とにかく内容の充実っぷりがすごい。
ちょっとした読み物になります。


「セリフが聞き取れない…」
「展開のわけがわからない…」
「ゆえに眠い…」

という歌舞伎あるあるは、筋書で解決するといっても
過言ではないと思っています。

決めた、筋書でブログ書こう。(勝手にどうぞ的な)


・当日の過ごし方



▶︎上演前〜上演時間の確認、筋書を読む


歌舞伎にしろ文楽にしろ、日本舞踊にしろ、
劇場入り口付近に当日の公演スケジュールが掲示されています。

2017年10月の国立劇場歌舞伎公演、実際のものがこちら↓

IMG_20180717_232058


見にくくなってしまいましたが、
結構詳細に出ているのがお分かりいただけますでしょうか?

これを確認して、「このぐらいで一つの場面が終わるんだな」という
心づもりをしておきます。

(「いつになったら終わるのやら…」という不安は
これでだいぶ解消されます◎


その上で、全体のおおまかなあらすじと
これから始まる一幕目のあらすじ
を読み、
内容をおぼろげにでも掴んでおきます。

▶︎休み時間~お手洗いとともに筋書を読む


国立劇場も歌舞伎座も、お手洗いの数は多くて回転も早いのですが、
やはりそれなりに混みます

そこで!
お行儀は悪いのですが、私は並んでいる最中に
ちゃっかり筋書を読んでいます


さっきの場面ってこういうことで合ってる?
次の場面はどうなる?
何が見どころ?


やっぱり同じ日本語でも、歌舞伎初心者には聞き取りづらいので、
予復習しながら楽しむのがいいかなぁ、と。

▶︎終演後〜余韻に浸る


いや、蛇足ですけどね。笑

あのシーン良かったよなぁとか、
○○さんかっこよかったなぁとか、
帰りのバスや電車でいろいろ思い返します。

この芝居で言えば、
片岡仁左衛門さんの「悪の華」ぶりが凄かった…
薄笑いで刀の血を拭う姿が妙に艶かしかったのを、
今でも鮮明に思い出します。



・当日編まとめ



長々書いてきましたが、ぶっちゃけこのとき、
私歌舞伎、3回目なんですよ。(とんだ裏切り)

でも過去2回は、大学の無料プログラムに釣られたり、
友人に誘われて行ったりで、
ものすごく受動的だったんです。毎回寝てた。

3回目、初めて自分から調べて観にいってみて、
筋書を読んで理解しながら観劇して、
なんだ、歌舞伎ってこんなにおもしろいものだったんだなと
初めて素直に思いました。

あらすじが分かればこそ、型の美しさや
演出のおもしろさ、舞台の迫力を楽しむ余裕が出てくる
んです。

というわけで、
あらすじさえ分かればこっちのもんだ
というのを、今回のまとめとさせていただきたいと思います。


 

初めて歌舞伎★思い出しルポ①〜きっかけと演目の選び方編

こんにちは!永遠の初心者・わこです。

先日友人と飲みに行った際、
「歌舞伎って興味あるけど、敷居高くてさ〜」
というよく聞くセリフをそっくりそのまま投げかけられました。

いやいや、ここで「だよね〜」で終わらせたら
和もの好きブログの名が廃る!!!

ということで、ちょっと緊急シリーズを作ります!

その名も

初めて歌舞伎★思い出しルポ」!!!

私わこが初めてちゃんと歌舞伎を観に行ったときの、
きっかけから演目の選び方、
用意したものや当日の過ごし方まで、
段階を追って思い出しながらルポを書きますっ!

まずは第一歩も第一歩、
「きっかけと演目の選び方」から。

友人Aよ、こんな感じで私は高い敷居を跨いだぞ。

renjishi_redrenjishi_white


 2017年某月某日。
新聞に片岡仁左衛門さんの記事が載りました。

その内容というのが、国立劇場での公演
霊験亀山鉾(れいげんかめやまほこ)』のお話。 

当たり役と言われる「藤田水右衛門」について、
「この役をやるのは最後かもしれない」
とおっしゃっていたのでした。

仁左衛門さんのその言葉に、
「これは行っとかないと絶対に後悔する」と思ったのです。

***

というのも、私が歌舞伎に興味を持ったのは、
あまりにも大きすぎる方々が、相次いで亡くなったあとでした。

十八代目・中村勘三郎さん。
十二代目・市川團十郎さん。
十代目・坂東三津五郎さん。 

なぜもう数年早く歌舞伎を観ていなかったのかと、
何度後悔したか分かりません。

すでに日本舞踊には出会っていたのに。 

***

テレビで度々、その端正なお姿を拝見している
仁左衛門さんの当たり役。

これを逃したら、もう機会がないかもしれない。

そう思ったらいてもたってもいられず、
私は迷わずチケットを予約したのです。

誰かを誘っている暇などありません、
気付いたら即行動に移せるフットワークの軽さは
一人ならではなのですっ!!!(…ちゃんと友達いるもん。)


renjishi_redrenjishi_white


というわけで、初めて自分でチケットをとった歌舞伎は、
平成29年10月の国立劇場歌舞伎公演『霊験亀山鉾』 。

ええ、全く知らない演目でしたよ。 

選び方のポイントといったら、

1.知っている役者が出ている
2.その方の当たり役である
3.その役を、今後もう一生観る機会が来ないかもしれない!


という3つでしょうか。

私の場合、のっぴきならないきっかけがあったのが幸運だったと思います。

***

さて、次回第2弾は 「当日編」です。
持って行ったもの、買ったもの、過ごし方など
頑張って思い出す予定ですので、
何卒お付き合い よろしくお願いいたします!


それにしても「連獅子」のイラストがあるなんて…
いらすとやさん本当に尊敬します… 
 

買ってよかった!合わせやすい帯3選

こんにちは、わこです。

最近 浴衣や着物を着る機会が増えてきたのですが、
何だか結局同じ帯をヘビーユースしていることに気がつきました。

でも初めてのころって、自分の趣味も分からなければ
どんな色、柄の帯が合わせやすいのかも分からず、
いろいろ失敗や無駄遣いをした気がします。。

初めて自分で買った帯なんて、結局一回も合わせられずに
先日売りに出してしまったのです。ゴメンネ。


そこで!今日は手持ちの帯の中から、
「結局いつもあなたに頼っちゃうわね」っていう
 使いやすい帯たちをご紹介いたします!

 

※以下の帯の呼称は、あくまでわこによる愛称です。悪しからず。


★1位★シンプルな赤地に白のラインの「きりっと帯」



DSC_0316

これはもう不動の1位。
多分リサイクル着物のお店で、2,500円くらい。

結局このくらいの暗さの赤が、何にでも合うのです。
白のラインがあることで、引き締まって見えます。
赤と白は、着物に合わせやすい色トップだと思う。

紺地のかわいい浴衣は涼しげに。

DSC_0307

黄色のザ★浴衣な感じにも鉄板で合う。

DSC_0311

私好みのバリ渋な感じにもよく馴染む。

DSC_0314


素材は正絹で、きゅっと締まってくれます。
結んでいる最中もお出かけ中もすべらないので、
帯結びが苦手な不器用な私でも締めやすい、頼れる一本です。



★2位★白地に3色ラインの「信号帯」



DSC_0319


これはご覧の通り、ウール素材のほっこり帯なので
浴衣の季節は残念ながら出番がありません。。

でも!着物の季節は大活躍なので堂々の第2位です!!
リサイクルのお店で、これも2,000円前後だったかしら。
そもそも3,000円以内の帯しか買ってない。

ポイントは、いろんな色が入っていること。
よく「帯や小物は着物の色から一色とると良い」と言われますが、
まさしくそのニーズに対応してくれます。

そして、基本の色が白なところも合わせやすいポイントだと思います。
やっぱり白は便利。洋服と同じです。

デモ的に浴衣に合わせてみました。
先ほどの紺地の浴衣。

DSC_0309

花のピンクが際立って、女の子らしい印象に。

バリ渋のひいおばあちゃんの浴衣だと、

DSC_0315

今度は青が効いてくる感じがしますね。
浴衣がシンプルな分、帯の楽しさが際立ちます。

こんな感じで、色のおかげでさまざまな着物に馴染んでくれています。



★3位★ピンク時にカラフル縞の「女子縞帯」



DSC_0317

色味が分かりにくくなってしまいましたが(泣)

男勝りで渋好みの私としては、
ピンクというだけで「女子」な気持ちになります。

これもご覧の通り、いろんな色が入っています。
そのため、割と馴染みがいいのです。

淡めの浴衣に合わせると、花の紫色を拾ってくれます。

IMG_20180715_134430


紺地の浴衣は、紺もピンクも帯に入っているのでばっちり。

DSC_0308

渋ぅい絞りの浴衣だと、

DSC_0313

帯が雰囲気のバランスを取ってくれるというか、
渋さを中和させてくれている気がしますね。

こちらも正絹で締めやすいのに、
リサイクルのお店で2,000円前後だったお値打ち品。

着物のときも、淡い紫の着物から黒の渋い着物まで
マルチに活躍してくれている帯です。



★合わせやすい帯のポイントまとめ



3本に共通しているというわけではないのですが、
「合わせやすい・使いやすい帯」のポイントは以下が挙げられると思います。

*いろんな色が入っていること

⇒まさかの1位がポイント丸無視ですが。。
帯に複数の色があることで、着物の色を選ばず、
逆に着物の色を引き立ててくれている気がします。

*地の色がシンプルであること

⇒洋服と同じです。
赤、白(、私は苦手ですが黒)といったシンプルな色は
やっぱり無難にどの色の着物にも合う。間違いないです。

*すっきりとした柄であること

⇒今回ご紹介したのが全部横縞になってしまったのですが、
それは私にとって、それくらい横縞が使いやすいからなのです。
帯に柄の主張がない分、どんな柄の着物にも
自然に寄り添ってくれています。


★おわりに


私はおしゃれなわけでも、着物に慣れているわけでもありません。
だから、まだなかなか
「柄物や思い切った色の帯で個性を出す!」
みたいな境地にはたどり着けないのです。

上記のポイントを満たせば、失敗は絶対にしないはず!
ゆくゆく着物にはまって、手持ちの着物が増えても、
包容力のある帯が一つ二つあれば安心です。

少しでも、初めて帯を選びに行くときの参考になれば幸いです^^ 
プロフィール

わこ

◆首都圏在住╱平成生まれOL。
◆大学で日本舞踊に出会う
→社会に出てから歌舞伎と文楽にはまる
→観劇5年目。このご時世でなかなか劇場に通えず悶々とする日々。
◆着物好きの友人と踊りの師匠のおかげで、気軽に着物を着られるようになってきた今日この頃。

読者登録
LINE読者登録QRコード