金夜は、一週間頑張ったごほうびに
Eテレで「にっぽんの芸能」を観るのが
一番の楽しみです。


さて、早くも12月の話ですが。

もうどうしたらいいのやら という感じです。

何せ観たいものが多すぎる!!

以下、12月に待っている文楽・歌舞伎公演(上映)をまとめます。

---

【国立劇場】

◆文楽公演

・12月文楽公演
 鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
 伊達娘恋緋鹿子 (だてむすめ こいのひがのこ)

・12月文楽鑑賞教室
 団子売(だんごうり)
 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
  寺入りの段、寺子屋の段

◆歌舞伎公演

通し狂言 増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)―石川五右衛門―


【歌舞伎座】

◆昼の部

 幸助餅(こうすけもち)
 於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)
  お染の七役 

◆夜の部

 壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)
  阿古屋 
 あんまと泥棒
 二人藤娘(ににんふじむすめ)/傾城雪吉原(けいせいゆきのよしわら) 
※日によって演者・プログラムが異なるようです。


【シネマ歌舞伎】

野田版 鼠小僧 (のだばん ねずみこぞう)

--- 

詳しくはまた物知らずシリーズを更新しますが、

どれも見逃したくないんですよ…! 


文楽はいずれも、私でも耳馴染みがある演目。
なのできっと代表的なお話なのだと思います。

しかも歌舞伎のように毎月公演があるわけではないので
やっているときはできる限り行きたい。


国立劇場の歌舞伎は、石川五右衛門。
あの和風パスタ屋の

11月に「楼門五山桐」を歌舞伎座でやるので、
そのあとに見に行ったらきっと面白い。
五右衛門の配役も同じ
中村吉右衛門さんですね!

宙乗りもあるとのこと。
宙乗りは映像でしか見たことがないので、
仕掛けとして見てみたい気持ちがあります。


歌舞伎座は、知っている演目こそ少ないけれど、
お染の七役の演じ分けは気になるし、

坂東玉三郎さんが以前テレビで語っていらした
「阿古屋」を生で見られるまたとない機会。

そしてシネマ歌舞伎「鼠小僧」
これは今月のシネマ歌舞伎を観に行った際、
予告編の時点で映画館が笑いに包まれていた(!)作品。

絶対に面白いと思うんです。
いい気分で一年を締めくくれそう。

***

そんなわけで、
どれも見逃せない理由があるのです。

悩ましいですね。。

どう選べば自分の体力と財力が持つのか。

予習をしつつ、優先順位をつけて
じっくり考えたいと思います。

***

それにしても…

以前こんなことをつぶやいたのですが、


これ、本当にすごいと思うのです。 

実際に観てみると、「伝統芸能」とはいえ
全く古びずに、現代っ子の目からしても面白い。

現代の芸能と同じ気持ちで楽しみにすることができるのです。

通の方の目からしたら、
「昔の歌舞伎はこうじゃなかった」
「昔の文楽はもっと…」
というのがあるのは重々承知していますが、

大局的に見れば、
文楽・歌舞伎という芸能が現代にも
これだけ「普通に」受け入れられていることが
すでに凄いこと
なんだと私は思います。 

今見られるものは見ておかないと絶対に後悔するので、
体力・財力ともに何とかやりくりしながら見続けたいものですね。


当面の問題として、

ほんとに12月どうしよう。。。