最近、日舞以外のものを見て
「あの振りってそういう意味だったのか!」
と思う瞬間がよくあります。

たとえば、傘を差す振り

雨が降ったときの差し方ではなく、
体の前で傘を広げ、
体の後ろに回して差すのですが、
これがどういう状況なのか
いまいち理解していなかったのです。

そんな中、先日見た「助六」の、
傾城・揚巻が登場する花魁道中にて、

揚巻の後ろにいたんですよ。

傘を前で広げ、後ろに回して差す男性が!!

あれは花魁道中の、花魁に傘を差しかける振りだったんですね!
「助六」で初めてピンと来ました。

それから、NHKEテレの「にっぽんの芸能」にて
能を初めてちゃんと見てみたとき。

踊りに時々出てくる、足をぱたん、と踏む動き(「踏む」というのか…踵を支点に足をぱたんとするもの、何と言うのでしょう…)
能にどのように出てくるのか
初めて意識して見られたんです。

どんな場面で出てくるのか、
どういう流れで出てくるのか…
ほんの1時間、3演目をかいつまんでしか見ていないのですが、
「ほう、これか!」と思いました。

***

知識として勉強して頭に入れるのではなく、
こうやって偶然出会って気付く瞬間が、
私にとって大きな喜びです。

覚えようとして覚えたことよりも、
出会いにインパクトがある分
頭に残るような気がしています。

「自分で気付けた」というのも
一つ成長した気がしてなんだか嬉しい。笑

そして、

こういうものを分かっておくと、
踊りが全然違うと思うのです。

知識を付けることの大切さは
市川猿之助さんが『舞うひと』で述べていらしたところ。

積極的にいろんなものを見て、
納得できる知識との出会いのチャンスを
どんどん増やしていけたらと思います!


【本日の関連記事】
Eテレ「にっぽんの芸能」がおもしろくて贅沢すぎる!+8/3放送分感想
2018上半期イチ面白かった本『舞うひと』感想




舞うひと 草刈民代×古典芸能のトップランナーたち [ 草刈民代 ]

価格:1,944円
(2018/11/4 22:42時点)