6月の歌舞伎座、最初の演目は「寿式三番叟(ことぶき しきさんばそう)

2日目の今日はかなりの混雑でしたが、これはもう人が入れば入るほど会場内が熱くなれるような演目なんじゃないかと!
三番叟の松本幸四郎さん尾上松也さんの踊り、最初の幕から飛ばしに飛ばしています!!

IMG_20190602_162735
今月の絵看板、上から翁、千歳、三番叟。ちゃんと松の絵も描いてあるんですね!




■初心者でも楽しめるのか?


楽しめます!

最初の方は、中村東蔵さん)と千歳中村松江さん)による儀式的な、格調高い踊り
後半、三番叟(幸四郎さん、松也さん)が出てきてからは、観ている方の息も吐かせぬ勢いある踊りで、ちょっと前半からは想像できないような展開です。笑

太棹三味線の太い響き、力強い足拍子、鈴の音…目だけでなく耳も楽しい演目だと思います!

★三番叟の振りの中に、両手を使って「大入」と書く振りがある、ということを知っているとちょっと楽しみが増えるかもしれません。
(初めて観たときに一体何の動きをしているのかと思ったら、これ↑だったらしい)


■私はこう見た!ここが好き!


面白いなぁと思ったのは、面箱を捧げ持った千歳(松江さん)と翁(東蔵さん)が出てくるとき、舞台上にいる方達が全員頭を下げているのです。
地方さん(音楽の方々)も、後見さんも。
儀式性の強い踊りということが、こんなところにも表れるんだなぁと思いました。

ここの音楽も幻想的というか、耳馴染みがない言葉が続くんです。

「とうとうたらり たらりら たらりあがり ららりとう…」
 
元はサンスクリット語ではないかと言われているようですが(諸説あり)、詳細は分かっていないそうです。
そんな呪文のような言葉から始まるということが、もう何だかわくわくしちゃうんですよ!子供の心を忘れない大人。

***

やっぱり三番叟の踊りがものすごくて、通しで観るならば一幕目からがっつりと心を掴まれるのではないかと思います。

序盤、つつつ、と花道まで歩いていって、きりっと舞台を向き直る動きの緊張感

ここから怒涛の勢いで踊りが展開していきます。
飛んだり跳ねたり踏んだり。

とにかく幸四郎さんも松也さんも目を瞠るほどの勢いで動き、一瞬たりとも気が抜けません!

特に幸四郎さんはさすがで、ちょっとしたところの動きの細やかさや、どれだけ激しく動いてもブレない軽さ、しなやかさに感動しました。

そして無駄のなさ、力みのなさですよね。。
三番叟の衣装、袖が大きいなぁと思うのですが、あのたっぷりした袖をいとも自然にすっと腕にかける。
あれだけ動く踊りにも関わらず、観ているこちらが忙しくなく、気持ちが良かったです。

***

三番叟の特徴は足拍子なのではないかと思います。
一つのリズムを二人で分担して踏むのです。

他の踊りでも足拍子が特徴的なものはありますが、こと三番叟に関して言えば、農耕の中の「地面を踏み固める」というところから足拍子が多用されるようです。
五穀豊穣を祈る踊りだということがよく分かりますね!(ちなみに鈴も、稲穂を表しているそうです。)

この足拍子の音がいいんですよ。。
以前、所作板についての記事を書いたのですがこちら、今回の舞台にもこの所作板が敷かれています。
とにかく音がよく響きます!!

二度目に花道に来たときが、特に体に響いてきた気がします。幕見席の花道上くらいにいたので、場所の関係もあるかもしれません。

ただでさえ華やかな太棹三味線の音に、この力強い足拍子の音が加わって、音フェチとしてはもうたまらないのです

***

とにかく怒涛の勢いで動き続けてきた三番叟、終盤にピタリと静止したところで、気付けば自然と拍手しておりました。。

あんなに動いてきて、こんなに涼しく止まれるものか!

何というか、繰り返される旋律の中で激しい動きを見続けていて、一種のトランス的なものだったのではないかと。笑
このすっと止まった瞬間に、目が覚めたようでした。


■まとめ


幕開けがこんな素敵な三番叟。「六月大歌舞伎」全体が楽しみになりますね!

11時開演、幕見席は10時半チケット販売開始で、10時過ぎにはもうかなり並んでいるので、幕見でいい席を確保したければちょっと朝早くはなるのですが(日頃の不摂生が垣間見える発言)
早起きしてこれが観られたら三文以上の得というものです。

偉そうなことを言って恐縮なのですが、後半に観に行ったらきっともっと面白くなっていると思います!

もう一回くらい観たいなぁ。